靴ズレを予防して健康に!

靴ズレ予防をしておかないと病気につながる、ということについてまとめてみました。一緒に考えてみましょう。

view128

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 靴ずれから身体全体がおかしくなります。

  • 靴ずれからくる痛み
      ↓ ↓ ↓
    集中力がなくなる 
      ↓ ↓ ↓
    姿勢が悪くなる
      ↓ ↓ ↓
    腰への負担が増える

  • 靴ずれを予防する方法

  • お気に入りのおしゃれな靴で出かけたら、
    靴ずれで足が痛くなってしまったて全然楽しめなかった。
    ということはありませんか、そうなるとお出かけの意味がありません。

    おしゃれな靴には、幅が細かったり、デザイン性重視の靴も多く、
    少し小さかったりきつかったり、また固い素材だったりと
    我慢してでも履いてしまう。という方も少なくないのではないかと思います。

    まず、自分に合った靴を購入することから始めましょう。

  • まず靴を買うときの注意点をまとめてみました。

    靴を買うときは、夕方にしましょう。
    足が一番大きくなる時間帯は夕方です。
    なるべく、実際に試着し、きつい状態でないもの、
    その場で足を動かして楽なものにしましょう。

    その時だけでも足が痛いと感じれば、長時間歩くのなんて
    到底無理です。

    可愛い靴は、短時間の時用にしましょう。

    革の靴の場合は、店によって直してもらえる場合もあるので、
    聞いてみましょう!

  • 初めて履く靴はまず、短時間履いてみるか
    靴の後ろにあたる部分に絆創膏を貼るなどして
    クッションを付けておくと痛くなりにくくなります。

    長時間歩くときには、やはり慣れている靴を履くのが間違いないかと思います。

  • ベビーパウダーを塗る

  •  

    ベビーパウダー

  • 赤ちゃんがよく使っているベビーパウダー!

    もちろん赤ちゃんに使えるものなので大人も使えます。

    あらかじめベビーパウダーを少し塗っておくと靴擦れ防止効果になります。
    鼻緒ズレする指の間や、靴擦れする箇所につけてください。

    新しいパンプスなどを履くときにもベビーパウダーをつけておくといいでしょう。

    肌の炎症などにもベビーパウダーは便利です。
    いろいろ使ってみてください。

  • 石鹸を使う

  • 足と靴がすれるので、靴擦れになってしまいます。ですから、すべりがよくなれば、だいぶ靴擦れを防ぐことができます。
    石鹸を使いましょう!

    あらかじめ、靴ズレのしやすい場所に
    固形石鹸をこするように塗っておきます。

    そうすることで、滑りがよくなり、摩擦が減少することから
    靴づれを予防することができます。

    絆創膏も併用すると効果的だと思います。

    同じようなことは、浴衣の下駄などにも言えます。鼻緒と石鹸の色が違う場合は、ヘアムースやヘアスプレーでも効果があります。

  • 靴届いた!!!海常モチーフ(私的イメージ)デザインのオックスフォードブーティー!お高いだけあって、30日間返品またはデザイン変更可能なだけでなく、靴ズレ防止シートと滑り止めと靴クッション、靴紐黒白二種がおまけで付いてた。 http://t.co/6VGV6mMoUS