知っておきたい!妊娠後期のおりものと身体の変化

妊娠後期は特に身体の変化が著しい時期で妊娠後期のおりものにも注目しておきたいところです。

そんな妊娠後期のおりものや身体の変化を紹介していきましょう。

view315

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠後期はおりものが増える?

  • 後期はというと、今度は出産準備のために子宮を収縮させる方向へホルモンバランスが変わってきます。
    言うなれば、赤ちゃんが安全に出てくる道筋をつくってあげるために「おりもの」の量が増加していくわけです。とくに臨月になるとこの傾向が強く表れます。
    出典 :妊娠したら知っておきたい「おりもの」の知識
     

    おりものが急に増えると不安になる方もいるかと思いますが、正常なことなので安心してください。

  •  

    ですが、気をつけて欲しいのが、おりものの色やニオイです。

  • 色が通常のおりものとは違ったり、ニオイがきつい場合は感染症にかかっている可能性が高いです。

  •  

    また、白っぽいカッテージチーズのようにぽろぽろしたものがある場合はカンジダ膣炎にかかっている場合があります。
    この症状が出た場合もきちんと病院で治療してもらいましょう。

  • おりものの量が多すぎる場合は?

  • 妊娠後期のおりもので注意しておいて欲しいのが量です。

    あまりにも量が多かったり、常におりものが出ているような感覚がある場合は、破水している可能性があります。

  • 破水は漫画やドラマのようにバシャッと出るイメージですが、子宮の上の方で破水すると(高位破水)少しずつしか羊水が出てきません。
    出典 :妊娠中のおりもの変化でわかる9つの事 | 妊娠&出産.com
  • 高位破水を放置したら、

    赤ちゃんが感染症になる可能性が高くなります。
    出典 :高位破水の症状は?放置したらどうなるの? | 気になる話題
     

    赤ちゃんが感染症にかかってしまうのは怖いですから、少しでもあれ?と思った場合はかかりつけの産婦人科に連絡をいれましょう。

  • また、妊娠後期にゼリー状のおりものの塊が出た場合赤い色をしていたらおしるしのサインかもしれないので、おりものが多い時は色もしっかりチェックしておきましょう。

  • 妊娠後期の身体の変化

  • おりものはもちろんですが、妊娠後期になると、赤ちゃんが大きくなっていることもあって、様々な身体の変化があります。

  • お腹が大きくなることによってバランスを取る為に、腰への負担が大きくなります。
    腰痛が酷い時は痛い場所を温めると良いでしょう。

    また、赤ちゃんが下がり始めていると股関節の痛みを感じる人も多いようです。
    カルシウムと多めに取ったり、軽い運動を行うのを心がけましょう。

  •  

    妊娠後期までくればお腹の中の赤ちゃんと会えるのも後少しです!

    身体の変化が大きく大変な時期ですが、気を抜かず頑張っていきましょう。