ショックな報告・・・【切迫流産】原因とどういうものかのまとめ

切迫流産はどのようなものなのか
まとめてみました
ショックですよね

view541

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 切迫流産というのは?

  • 妊娠したにもかかわらず、妊娠の早い時期に赤ちゃんが死んでしまうことを流産と言います。定義としては、22週(赤ちゃんがお母さんのお腹の外では生きていけない週数)より前に妊娠が終わることをすべて「流産」といいます。妊娠12週未満の早い時期での流産が多く、流産全体の約80%を占めます。
    [頻度]
     妊娠の15%前後が流産に至るとの統計もあり、多くの女性が経験する疾患です。
    出典 :流産・切迫流産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
     

    まずこちらが流産とはどのようなものかです

  • 切迫流産とは「流産になりかけている」という意味です。実際は流産が起こりうる妊娠22週未満の時期に子宮出血があれば切迫流産と呼ぶので、流産になる可能性が高くない場合も含まれます。
     妊娠12週以前では、胎芽(たいが)(胎児になる前の状態)の心拍が確認されている妊娠で出血を伴う場合でも、心拍が確認される以前で出血がある場合でも、流産が疑われる場合でも、切迫流産といわれます。重要なのは出血の有無より、胎芽が順調に発育していくかどうかです。
    出典 :切迫流産 - goo ヘルスケア
  • 自分を責めない事

  • 早期流産の原因のほとんどは、染色体異常などのために受精卵が育たないことだと考えられています。
    この場合、「切迫流産だから安静に」と言われてママがいくら頑張ったとしても、流産は避けられないことが多いです。

    切迫流産とはそうは言われてもご自分を責めてしまうお気持ち、本当によくわかります。

    が、それでも私はあなたに言いたい。あなたのせいではありません!
    出典 :切迫流産とは | 切迫流産・切迫早産とは | 切迫流産・切迫早産.COM
  • 出血があっても、胎芽や胎児心拍が見えない場合は、確かにその後に流産となるケースが多くても、胎児心拍を認める場合は、ほとんどのケースで妊娠継続ができることがわかってきたのです。厳重管理による治療も根拠がないこともわかってきて、切迫流産での入院は少なくなってきています。

    初期流産のほとんどが、染色体異常や遺伝子病など胎児側に原因があり、受精した時点でその結果は決まっています。胎児に異常があれば、いくら安静にしていても、どんな治療をしてもうまくいきませんが、胎児に異常がない場合は、逆に何もしなくても、出血等の症状は次第に治まってゆき、正常妊娠のプロセスへと復帰することがほとんどです。
    出典 :切迫流産 [流産の基礎知識] All About
  •  


    Q.切迫流産を経験しましたか?(回答者数=2168名)



    15%以上の人が切迫流産を経験しています

  • 原因はあるかときかれれば

  • 妊娠初期は胎嚢(たいのう)(胎芽が入る袋)のまわりの妊娠組織が子宮内の粘膜を壊しながら入り込んでいくため、そこでは常に微少な出血が起こっており、同時に吸収されています。妊娠初期の出血の多くは、この出血が時に吸収されずに子宮内にたまったり、外に流れてくるものと考えられています。
     流産の場合は正常に組織が形成されないことも多く、出血が外に出ることが多いと考えられます。
    出典 :切迫流産 - goo ヘルスケア
     

    しかし、他に出血する事もあるので一概にはこうとはいえないでしょう

  • 流産や切迫流産で、少量の出血等が始まった時点ですぐに医療機関を受診したとしても対処法はありません。このため、夜間、休日等に少量の出血や軽度の腹痛があっても、あえて救急外来を受診する必要はなく、翌日あるいは予定された健診の受診で充分と考えられています。
    出典 :流産・切迫流産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
  • 治療法は?

  •  特別な治療法はなく、出血がある間は安静にしておきます。止血薬が処方されることもありますが、直接に流産を予防する効果は確認されていません。子宮収縮が強く、痛みを伴う場合は、対症的に子宮収縮抑制薬を使うこともあります。
    出典 :切迫流産 - goo ヘルスケア
  • この医療の進んだ時代に「それしかないんかい!」と私もよく思ったものですが、本当に「安静」プラス「薬」で様子を見るしかないのが実情のようです。

    私の主治医はよく「切迫流産・切迫早産は何をどうすればどこが治るっていうものじゃない。」と言っていました。そして、「切迫流産・切迫早産の治療は、赤ちゃんを元気で産もうという強い意志をもって、根気良く寝てるしかない」とも言っていました。

    その「寝ているだけ」ってのが一番辛いんですけどね。
    出典 :切迫流産とは | 切迫流産・切迫早産とは | 切迫流産・切迫早産.COM
  • 出血部位は

  •  

    どこから出血するのかとよく聞かれますが、妊娠により新たな血管がたくさんできてくる時に、その一部から出血したり、胎盤になる部分の一部が剥がれ、子宮内に貯まった出血(絨毛膜下血腫)からであったあり、子宮の出口にある「びらん」からだったりします。