加圧トレーニングで脂肪を燃やす?有効な筋力アップの方法にもう一度焦点を当ててみた。

一時期流行った加圧トレーニングですが、脂肪の燃焼や急激な筋力アップなど、きちんとした効果的な面がたくさんあることを、もう一度ご紹介させていただきたいと思います。

view284

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • あなたは、加圧トレーニングを知っていますか?

  • 一時期けっこう流行ったので、やってみた方もいると思います。

  •  

    バンドのようなものを巻いて行うもの、というイメージがありますよね。

  • 加圧トレーニングについて正確に述べた文章があったので、引用しますね。

  • 「血流をあえて制限して高い効果を得て筋肉をつけるトレーニング」

    になります。

    加圧をした状態で運動をすると、普段使用していない
    筋繊維が活動して筋肉に疲労物質の乳酸が蓄積されます。

    筋肉が疲労してストレスを感じた状態だと、
    脂肪を燃焼してくれる成長ホルモンが分泌されます。

    そしてタイミングよく加圧を解き、体の隅々まで血流と一緒に成長ホルモンを届けることで
    効率よく脂肪を燃焼させるというのが加圧トレーニングの仕組みです。
    出典 :自宅 加圧トレーニングの方法 部位別の引き締め効果
     

    合理的な説明がつけられるとは、ちょっと意外です(失礼な!)

  • ある程度の時間に、負荷をかけた運動して、そのあとに効果が出るそうです。

  • 方法は単純で、専用の加圧ベルトを適切な強さで腕や太ももに巻き付けて加圧をします。
    その状態で10分程度の筋肉や関節を痛めない程度の軽い負荷の運動を行います。

    運動終了後にベルトを緩め、血流を元通り流すという流れになります。

    成長ホルモンの分泌はトレーニング開始直後から始まり、トレーニングを終了してから
    15分後くらいに分泌量がピークになります。
    出典 :自宅 加圧トレーニングの方法 部位別の引き締め効果
     

    つまり、意図的にホルモンの量をコントロールするのですね。

  •  

    あんまりきつい運動だとお手上げですが、再び挑戦する価値はあるのでしょうか?

  • 実際に、加圧トレーニングをして現れる効果を紹介します。

  • ①筋力アップ、代謝促進

  • 効果はシェイプアップはもちろんのこと、運動量を増やしたり効率よく加圧することで大幅な筋力アップも見込めるトレーニング方法です。

    筋力がアップすると基礎代謝が上昇するので、自然と脂肪の燃焼効率が上がり太りにくい体になって行きます。

    加圧トレーニングを行う際には、基本的に血流に圧力をかけるための加圧ベルトを使用しますが、
    もっと効果の高い道具を使っての加圧トレーニングもあります。
    出典 :自宅 加圧トレーニングの方法 部位別の引き締め効果
     

    負荷のある状態でトレーニングするわけですから、短時間で効果が出るようですね。

  • ②ダイエット効果

  • ダイエット効果

    加圧トレーニングで筋力がアップすると、基礎代謝が向上。エネルギー消費量がアップし、脂肪燃焼しやすい身体になります。健康的に痩せられるだけでなく、リバウンドしにくい身体づくりにもひと役買ってくれるのです。

    加圧トレーニングのイメージ写真ジムで行う通常の筋トレは、マシンやダンベルの負荷を身体にかけるかたちで行います。一気に行うのは辛いので、途中に休みを挟んでいると、結構な時間がかかってしまうもの。しかし加圧トレーニングなら、少ない負荷で短時間の筋力アップが狙えます。

    もちろん”ムキムキ”ではなく、女性らしいボディラインを維持できるよう調整できますよ。
    出典 :加圧トレーニングの効果を徹底リサーチ
     

    あんまり筋肉質になっても困りますもんね。

  • ③アンチエイジング効果

  • アンチエイジング効果

    血流を制限しながら行う加圧トレーニングにより、血管の拡張・収縮機能が活性化。結果として血管の弾力が甦り、新鮮な酸素や栄養が身体中をめぐるようになります。

    また加齢により減少する、成長ホルモンの分泌もサポート!加圧トレーニングを行うのと行わないのでは、その分泌量に250倍以上の差が出るそうです。成長ホルモンにはコラーゲンをはじめとした、たんぱく質やヒアルロン酸生成を促進する働きがあるので、ツヤ・ハリのある美肌が実現しそうです。
    出典 :加圧トレーニングの効果を徹底リサーチ
     

    若返り効果は嬉しいですよね。

  • さあ、もう一度加圧トレーニングをやってみませんか?