慢性下痢の治療、自分で頑張る?病院へ行く?

継続的に下痢が続く慢性下痢の治療は食事の改善や生活習慣の改善、または投薬と選択肢はさまざまです。どのような方法、選択肢があるのか、まとめて紹介します。

view642

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 下痢とは、便の水分量が増えて、液状から泥状またはそれに近い状態になったものとされ、...症状が3週間以上続く時には慢性下痢といわれます。
    出典 :慢性下痢の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 慢性下痢は、非常に緩いゲル状、液体状の便で、軟便(なんべん)、泥状便(でいじょうべん)、水様便(すいようべん)とも呼ばれる便が長期間に渡って排泄される状態のことをいいます。

  • 下痢(げり)

     

    軟便(なんべん)
    泥状便(でいじょうべん)
    水様便(すいようべん)
    などと呼ばれます。

  • 健康な人の場合、便は大腸内で水分やミネラルを吸収された後に排出されます。しかし、何らかの原因で水分を多分に残したまま便意を催して排便される事があります。

  • 日常において最も多く見られる下痢の要因

     

    • 食べ過ぎ
    • 早食い
    • 就寝前の食事

  • 慢性下痢が続いたら

  • 慢性的に、下痢が続く原因は、食あたりや、食べすぎ などの一般的な下痢の原因とは、全く違います。ですから、胃腸薬を飲んでも、下痢止めを飲んでも基本的には、根本解決には、なりません。
    出典 :下痢が続く原因
  • (1)原因不明の慢性の下痢が続いたら、まずは内科で受診しましょう

  • 継続的に下痢が続いたら、内蔵器に何かしらの疾患がある可能性があります。
    先に上げた要因に思い当たることがないのに、長期間下痢が続くときは、まずは内科を受診しましょう。

  • 慢性の下痢が続いたら

     

    まずはお医者さんへ!

  • (2)内科で器質的な問題がないと言われたら

  • 病院を受診した結果、内科的な問題がないと言われたら、食事や行動で下痢を治しましょう。

  • ほとんどの下痢は、特別な治療をせずに症状が良くなっていきますが、様々な理由で慢性的な下痢に悩まされている人もいます。病気やその他の理由で慢性的な下痢に悩まされている人は食事にも注意しましょう。
    出典 :下痢に困っている人の食事療法 [療養食・食事療法] All About
  • 慢性下痢の治療■食事編■

  • 【入門】

  • 日頃の食事の栄養バランスを見直しましょう

  • 毎日の食事を振り返ってみましょう。
    人間は必要な栄養が不足すると、消化酵素が上手く働かないなど、体の不具合が出ることがあります。
    その結果、摂取した食物の消化を悪くすることがあります。
    もう一度、自身の栄養バランスを1週間から1ヶ月程度振り返ってみてはいかがでしょうか。

  • 食事の栄養バランスはよいですか?

  • よく噛んで食べていますか?

  • 食事の栄養を考えていても、早食いや飲み込むように食物を摂取していませんか?
    よく噛まずに食物を飲み込むと消化されにくくなります。胃に負担をかける他、十分に消化されないまま大腸に達してしまった食物は内臓を疲弊させ、正常な消化の妨げになります。

  • 水分の摂取は十分ですか?

  • 正常な消化のためには、水分の摂取も重要となります。しかし、食事と同時に大量の水分を飲む事は好ましくありません。寝起き、食前30分前など、小休憩の際にこまめに水分を補給する癖をつけましょう。

  • 水分摂取も大事です。

     

    下痢を改善するためには水分摂取も大事です。
    ただし、食事と同時に摂取するのは控えましょう。

  • 【中級】

  • 食事の栄養や水分摂取にも気を使っているのに、慢性下痢で悩んいる人は以下のことにも気をつけてみましょう。

  • いつも服用している薬が原因かも知れません。

  • 持病などで服用している薬の成分に便を緩ませるような効果のあるものが含まれていないか確認しましょう。
    また、そのような成分がない場合でも、体質的に合わない場合もあります。
    可能なら、しばらくの期間薬の服用を止めて様子を見てはいかがでしょうか。

  • 服用している薬

     

    いつも服用している薬が下痢の原因かも知れません。

  • 食物繊維が少ない、あるいは多いのではありませんか?

  • お腹の中の腸内細菌を増やす努力をしてみませんか。

  • 腸内細菌は正常な胃腸の機能を保つ上で非常に大事に役割をします。しかし、抗生物質の使用、精製された砂糖の摂取、ストレスなどで腸内環境は大きく変化します。和食ならぬか漬けなどの漬け物や納豆、洋食ならヨーグルトやチーズなどの発酵食品を積極的に取り入れましょう。また、プロバイオティクスを目的としたサプリメントを一定期間摂取して様子をみるのも良いでしょう。

  • 発酵食品で腸内環境を整えよう

     

    和食:納豆、漬け物、味噌、醤油

    洋食:ヨーグルト、チーズ

  • 【上級】

  • 食事に気をつけたり、発酵食品を増やしても改善しない慢性下痢の場合には、合わない食物のせいかも知れません。しかし、そのような食べ物を探すのは、とても大変で時間がかかります。気長に、じっくりと自身の体質と向き合いましょう。

  • その食べ物、あなたに合っていますか?

  • 普段、何気なく食べている食べ物の中に、あなたに合っていない食物があるかも知れません。人間は何にでもアレルギーや不耐症を持つ可能性があります。極端な話では、水アレルギーで水が飲めない人もいるのです。また、摂取後、数時間で症状が出ず、数週間、数ヶ月後にアレルギー症状がでる場合もあります。
    まずは、脂っこい食べ物、辛い食べ物、コーヒー、アルコール、加工食品の添加物、清涼飲料水のフルクトースコーンシロップ、人口甘味料、化学調味料などを排除していき、自身に合っていない食物を探してみましょう。
    中には、とても好きな食べ物の中にアレルゲンがある場合もあることを知っておきましょう。

  • 長期戦も覚悟

     

    じっくり自身にあった食事を探してみませんか?

  • 慢性下痢の治療■行動編■

  • 食事と平行して、行いたい慢性下痢の治療法としてストレスの解消、回避、禁煙などがあります。

  • 慢性下痢を行動で改善!

  • ストレスを回避あるいは解消しましょう。

  • 喫煙も自身にあっているのか、今一度考えてみませんか?

  • いくらストレスを解消したいからといって、タバコで解消していませんか。
    喫煙によってストレスが解消されるのなら、自身にあった本数を楽しむのは良いでしょう。しかし、タバコも下痢の原因になります。タバコが下痢の原因になる体質の人は喫煙以外の解消法を探しましょう。

  • ちょっと運動してみませんか?

  • 慢性下痢の治療■投薬編■

  • 慢性下痢の投薬治療

     

    整腸剤や下痢止めなど、慢性下痢に効果的な薬もあります!