【がん治療】胃がんの名医

誰にでも起こりえる《がん》。もしも自分自身や家族が《ガン》になってしまった時は、やはり信頼できる医者に手術はお願いしたくなります。死因のトップ3に入る胃がんになってしまった場合に診てもらいたい名医を調べました。

view21

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ◆胃がん 外科手術の名医

  • 笹子三津留先生  兵庫医科大学上部消化管外科教授

  • 上部消化管、とくに胃がん治療では世界的なオピニオンリーダーである笹子三津留先生。数千例という豊富な手術件数もさることながら、特筆すべきはその手術の質だろう。
    出典 :http://www.sociohealth.co.jp/soudan/dr_sasako.html
  • スキルス胃がんなど,高難度の手術を成功させる卓越した技能の持ち主。
    出典 :http://doctors-cancer.main.jp/ids/igan-doctors.html
  • 佐野武先生  がん研有明病院消化器外科部長

  • 胃がん手術は通算1800件以上,手術成功率は100%に近い技能の持ち主。

    世界的にみても最高レベルにある胃がん手術法を世界に広めるべく,現在も海外を行脚する。
    出典 :http://doctors-cancer.main.jp/ids/igan-doctors.html
  • ◆胃がん 内視鏡の名医

  • 小野裕之先生 県立静岡がんセンター内視鏡科部長

  • 小野医師はこれまでESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を約1400件以上こなすESDの第一人者でITナイフ2の開発者である。

    小野医師は「他院から送られた腫瘍の取り残し例や胃がん手術後の再発例は,病変部が硬く,切る層がわかりにくく,勘にたよる部分が大きいので,経験がないと危ない」と語っている。
    出典 :http://doctors-cancer.main.jp/ids/igan-doctors.html
  • 大圃研先生 NTT東日本関東病院消化器内科内視鏡部部長

  • 大圃医師はESD通算900件を超え,しかも過去8年間,再発0という内視鏡治療の名医。

    同医師は,自らESDのための止血処置具開発も行うほど研究熱心でもあり,その技術を学ぶべく多くの施設から研修生が訪れるだけでなく,開業医からの治療以来も受けている。

    ESDは術前の診断が重要でもあり,拡大内視鏡やピオクタニン染色を併用して,微小がんの発見とがんの範囲診断に万全を期している。
    出典 :胃がん治療の名医と胃癌治療の病院
  • 後藤田 卓志先生 日本大学医学部消化器肝臓内科教授

  • ESDは高度な技術が要求されるが,彼のテクニックは全国トップクラスであり,開腹手術しかないと言われた患者の2割が後藤田医師のESDで開腹なしの手術に成功している。
    出典 :http://doctors-cancer.main.jp/ids/igan-doctors.html
  • 金平永二先生 メディカルトピア草加病院院長・外科診療顧問

  • 体にやさしい内視鏡手術のスペシャリスト、金平永二さんは、「平成のブラックジャック」と称される卓越した技術だけで有名なのではなく、患者の心のケアも積極的に行い、自らの失敗も率直に告白し涙する、人間味あふれる魅力的な医師
    出典 :http://condominium.at.webry.info/201107/article_2.html
  • 人気ドラマ『ドクターX?外科医・大門未知子?』によって、世界的に有名な内視鏡外科手術の専門家である金平永二医師を知った。彼はこのドラマのモデルなのである。
    出典 :http://jp.jnocnews.jp/news/show.aspx?id=54441
  • ◆胃がん 腹腔鏡手術の名医

  • 福永哲先生 聖マリアンナ医科大学消化器・一般外科教授

  • 小さな穴を数か所開けるだけで胃を切除できる腹腔鏡下手術は、2006年に王貞治さん(当時ソフトバンクホークスの監督)がこの手術を受けて、広く知られるようになりました。
     この腹腔鏡下手術のスペシャリストとして、国内のみならず海外でも高く評価されているドクターが聖マリアンナ医科大学病院の福永哲先生です。
    出典 :http://surgery-navi.com/Latest-treatment-igan02.html
  • 小嶋一幸先生 東京医科歯科大学低侵襲医学研究センター教授

  • 胃がんに対する腹腔鏡下手術のスペシャリスト。「日本胃癌学会胃癌治療ガイドライン」の作成委員も務めている。現在、ガイドラインでは、腹腔鏡下胃切除術は、I期胃がんに対する研究的治療と位置付けられているが、小嶋科長は、安全に普及させるために尽力中だ。
    出典 :http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20140423/dct1404230830003-n1.htm
  • 小嶋医師は,幽門側胃切除後の再建法として
    ルーワイ法を採用,この方式では縫合不全がなく,術後の残胃胃炎や逆流性食道炎が少ないなど,術後の合併症がほとんどみられないというメリットがある。
    出典 :http://doctors-cancer.main.jp/ids/igan-doctors.html