【シミ治療】化粧品で治せる? できてしまったシミをなくすには?

鏡を見るたび「シミ」が気になる。一つあるだけで5歳ぐらい老けて見えます。果たしてシミはなぜできるのか、消すにはどうしたら?の疑問に答えます。

view1288

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • シミはなぜできるのか

  • シミの原因となるメラニンは、角化細胞の命令を受けた色素細胞によって生成されます。
    出典 :ネスレUV予報
     

    紫外線を浴びると、角化細胞は皮膚を守るために情報伝達物質を色素細胞に送り、メラニンを作るよう命令します。これを受けた色素細胞は活性化して、メラニンの生成をはじめます。
    シミを招いているメラニンの過剰は、主に角化細胞が誤って、必要量以上のメラニン生成を命令しているために起こると考えられています。

  • シミができるしくみ

     

    さまざまな原因でメラニンが過剰に作られ、ターンオーバーのサイクルが乱れて新陳代謝が滞ると、本来はがれ落ちるはずのメラニンがそのまま滞って色素沈着=「シミ」となってしまうのです。
    シミができる主な原因は紫外線です。長年紫外線を浴び続けることで肌がダメージを受け(光老化)、皮膚細胞の再生能力が低下、メラニンを外に排泄する力が弱くなってしまいます。

  • シミは化粧品で治せるの?

  • ネットでは「この化粧品でシミが薄くなった!」「シミが消えた!」と謳っているホームページがたくさんあります。でもどれが広告でどれが本当なのか区別が付きにくいですよね。しかも自分のシミの種類に合わない高額な美白化粧品を使っていることもあるかも。
    シミはその種類によって治療法が違います。間違えてしまうと、悪化させてしまうこともあるので注意が必要。混在している場合もあって自分で判断するのは難しいので、美容クリニックの医師に相談するのがシミ治療の近道です!

  • シミの種類について

  • シミの見分け方

     

    シミは大きく分けて下の3つに分類されます。
    ●肝斑
    ●老人性色素斑
    ●そばかす

  • 【肝斑】
    出典 :肝斑 - 美容クリニック・エステwiki
     

    30歳前後から、境界のはっきりしない淡い茶色のシミが両頬や口のまわりに左右対称に現れます。症状が見られるのはだいたい50歳代後半までです。できる原因ははっきりと特定されていませんが、女性ホルモンのバランスが影響してできるシミと考えられています。

  • 【老人性色素斑】
    出典 :しみ - 美容クリニック・エステwiki
     

    日光色素斑とも言われ、紫外線にあたることでできるシミのことをいいます。30代頃を過ぎると皮膚の老化によってメラニン色素が蓄積し、皮膚表面にシミとなって現れます。

  • 【そばかす】
    出典 :そばかす - 美容クリニック・エステwiki
     

    顔にできる茶色の細かい斑点のこと。雀の卵のような色と斑点であることから、雀卵斑(じゃくらんはん)ともいいます。原因は主に2つに分けて考えられており、ひとつは遺伝によるものと、もうひとつは、日焼によるものです。

  • 治療法について

  • 一般的なシミ!老人性色素斑のケア対策

     

    メラニン色素の過剰生成によってできたシミに、メラニンの黒い色素に反応する特殊な光を当て、メラニンを多く含む細胞のみを破壊することで治療・改善を目指します。破壊されたメラニン色素を含む細胞はかさぶたとなってはがれ落ち、シミのない新しい細胞に生まれ変わります。
    同時に、メラニンの合成を強力にブロックするハイドロキノンクリームや、皮膚のターンオーバーを高めメラニンを排出させるレチノイン酸クリームの外用をホームケアとして行うと、治療効果が高まる上に、再発しにくくなるのでおすすめです。

  • シミ取り(3mm大)1回 ¥500
    出典 :新宿美容外科クリニック|新宿
  • 肝斑治療にはレーザーは使っちゃダメ?

     

    これまでは肝斑の治療にレーザーは禁忌とされていましたが、「MedLite (メドライト) C6」というQスイッチヤグレーザーは2種類の波長を持っており、「レーザートーニング」という、肝斑を悪化させることなく改善できる専用の照射モードが搭載されています。

  • レーザートーニング・全顔 初回のみトライアル1回 ¥8,800
    出典 :新宿ラクル美容外科クリニック|新宿
  • 「飲んで治す、シミ治療薬」ってどこまで効くの?
    出典 :美肌の常識 - MSNライフスタイル
  • そばかすのクリニックでの治療法は?

     

    そばかすのクリニックの治療には、レーザーや光による治療(フォトシルクプラス、Qスイッチヤグレーザー、アキュチップなど)と、外用薬による治療、内服薬による治療の3種類があり、組み合わせて効果を高める処置を行うクリニックも多く存在します。

  • 【シミ治療】アキュティップ2mm 1回 ¥500
    出典 :グレースクリニック|高田馬場
     

    『薄いシミ』や『そばかす』まで届く!
    お手頃価格でお悩みをピンポイントに改善!