間違ってない!?「枝毛はブラッシング」でも引き起こされる

枝毛はブラッシングの影響も受けるのです。また、ドライヤーにも十分に注意したいですね

view115

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 枝毛は

  • 髪は非常に丈夫にできていて、1本で150g程度のものをぶら下げることができると言われます。 日本人の毛髪は平均約10万本あるので、1本で150gなら計算上は10万本で15トンもの重さのものを引っ張ることができることになります(実際には不可能ですが)。これは、髪がケラチンという丈夫なタンパク質でできているためです。
    出典 :枝毛、切れ毛の原因になるブラッシングとドライヤー | 薄毛・抜け毛対策 | プロペシア研究所
     

    髪は結構すごいですよね

  • 枝毛や切れ毛が多いと、髪の毛がまとまりにくくなります。髪の毛が痛む原因はいくつか考えられます。ひとつは美容室なので、科学的な施術(パーマ、カラー)の繰り返し、薬液選定、使用量、施術時間等が適切でなかった事や、カットの仕方などでも痛む場合があります。
    出典 :枝毛の原因と対策
     

    どれだけ強くても、枝毛になると色々な悩みが出るものです

  • ブラッシングは

  • 無理なブラッシングをしたり逆毛を立てたりすると、かわらのように重なり並んでいるキューティクルをはがしてしまいます。
    出典 :枝毛、切れ毛の原因になるブラッシングとドライヤー | 薄毛・抜け毛対策 | プロペシア研究所
     

    ブラッシングでダメージが入るのですね

  • 乾燥する季節はブラッシングにも注意してください。ブラッシングで起こる静電気は髪をもつれさせ、キューティクルを傷めてしまいます。
    出典 :冬から春にかけてのヘアケア~枝毛予防のポイントは乾燥対策! | ライオン快適生活研究所
     

    冬の時期はつらいですよね

  • ブラッシングでキューティクル

     

    痛めてしまうと枝毛の発生を促進してしまうのです。しかし、どのようにブラシをつかったら良いのでしょうか?そのあたりも見ていきたいですね

  • ブラッシングは正しくすれば

  • ブラッシングの効果は、髪の毛の流れを整えて美しく見せるのと同時に、頭皮に刺激を与えて血行をよくしたり皮脂を毛先へ運んで髪に艶を与える役目もあります。髪や頭皮を傷つけないような素材や形のブラシを選びましょう。
    出典 :枝毛の原因と対策
     

    大切なのです

  • 髪の毛を伸ばしたい人(くせを伸ばしたい)は、豚毛や猪の毛ブラシからできたロールブラシなどが、髪の毛が引っかかりやすいのでテンションをかけやすいです。
    出典 :枝毛の原因と対策
  • ナイロンブラシは、通りが良いという特徴があります。先が丸くなっていて頭皮にやさしいタイプのものもあります。最近では静電気防止効果や、マイナスイオン効果も期待できるナイロンブラシもあるようです。
    出典 :枝毛の原因と対策
  • その他の注意点を見よう

  • 様々な原因で

     

    引き起こされる枝毛ですが、正しい知識さえ覚える事が出来ればダメージを減らし、予防に努める事が出来るのです。しっかりと知識をつける事から始めるのがよさそうですね

  • ドライヤーも早く髪を乾かそうと高温の風を一ヶ所に当てつづけると、熱で髪に乾燥してしまいます。髪がダメージを受ける環境を作ってしまい、いいことがありません。左右に振りながらドライヤーを使うこと、一定の距離を保つことが重要です。なにより乾かすのに焦ってはいけません。
    出典 :枝毛の治し方
  • ヘアカラー・パーマのダメージが残っているときに薬剤はつけないでください。
    パーマやヘアカラーは薬剤を髪に染み込ませて施術するので、多少のダメージはどうしても起きてしまいます。
    出典 :枝毛の治し方