顎関節症をスプリント

スプリントについて。マウスピース。顎関節症。種類。費用。治療方法。

  • S 更新日:2014/04/20

view139

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「スプリント」とは?

  • スプリントとは、マウスピースのことを言います。
    主に、顎関節症の治療方法として使用されています。

  • マウスピース

  • 顎関節症

     

    顎周りの痛み・症状は、手足よりもある意味苦痛なものがあります。

  • スプリントの種類。

  • スプリント(マウスピース) にも、色々な種類があります。
    症状によって使い分けられるので、それぞれ個人の症状に対応した物が選ばれます。

  • ■ スタビライゼーション型スプリント
    筋緊張を取ったり、アゴへの負担を軽減したり、噛み合わせを安定させたりすることを目的として使用される、最も一般的なマウスピースです。主に夜寝るときに装着します。
    出典 :顎関節症用マウスピース(スプリント療法)
     

    スタビライゼーション型のスプリントについて。

  • ■ アンテリア リポジショニング型スプリント
    口を開けるとき・閉じるときの両方で「ポキッ」と音がなる場合や、口が開かない状態(ロック)が改善して「ポキッ」と音が鳴り出した場合などに使用されます。
    出典 :顎関節症用マウスピース(スプリント療法)
     

    アンテリア リポジショニング型のスプリントについて。

  • 主にアゴの関節にある「関節円盤」というものを正常な位置に誘導するために使用されますが、ロックが治っていない状態で使用すると痛みが出たり、関節円盤後部組織の断裂を引き起こしたりする可能性があるので注意が必要です。
    出典 :顎関節症用マウスピース(スプリント療法)
     

    上記の続きです。

  • ■ 前歯接触型スプリント
    前歯のみが接触するマウスピースです。開口反射が誘発させ、口を開く筋肉の活性化と口を閉じる筋肉の緊張を緩和する効果が期待できます。
    出典 :顎関節症 - 咬み合せ・歯列接触癖・歯軋りをスプリント・レーザー・筋機能訓練などで改善 | ひたちなか市長堀町の歯科医院 おざわ歯科
  • スプリントの費用。

  • スプリントの料金・値段 (保険適用3割負担)
    •保険の治療費は3割負担の場合の、大まかな目安(どんぶり勘定)です。
    •保険改正により、料金が変わっている可能性もあります。治療費の詳細については歯科医院・病院側にお問い合わせ下さい。
    出典 :顎関節症用マウスピース(スプリント療法)
     

    スプリントの費用について。

  • ↓事前の相談・見積もりから開始する医院もあります↓

  • 矯正治療に係る費用は自費となっております。詳しくは「料金表」をご覧下さい。当院では治療に係る費用は治療前に見積もりでお示ししておりますので安心して治療を始めることができます。個別のご事情にあわせて分割、銀行ローンなどでのお支払いにも応じさせていただいておりますので一度ご相談下さい。
    出典 :スプリント治療の実際 | まさき矯正歯科
  • 治療方法。

  • これまで歯科や口腔外科などでは顎関節症の治療として様々な方法が試みられてきましたが、現在最も広く行われている方法が「スプリント療法」です。「スプリント」は患者さん個々の歯型を採って、オーダーメイドで制作したプラスティック製のマウスピースのようなもので、通常月に1度来院いただき調整をしていきます。
    出典 :スプリント治療の実際 | まさき矯正歯科
  • スプリントの使用によって咬む力をすべての歯で均等に負担して顎関節に強く偏った力がかかるのを防ぐことで、徐々に関節内部の構造が安定化していき、同時に下顎の位置も安定していきます。
    出典 :スプリント治療の実際 | まさき矯正歯科