「過食症」のことを勉強しておきませんか?

過食症はれっきとした精神疾患です。今回は過食症についてしらべてみました。

view447

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 過食症とは?

  •  

    まずは定義です。

  • 過食症は、拒食症とは反対に食べ過ぎてしまう病気です。

    とはいっても、私たちが一般的に想像する『食べ過ぎ』とはかなり違うものなんです。

    とにかく限度なく食べ続けるのが、過食症の特徴といっていいでしょう。

    自分でおさえようと思っても、手が勝手に動いてしまいます。

    食べて、美味しいという感覚はなく、ただ口の中にできるだけ沢山の食べ物を詰め込もうとします。

    そして、その食べたものをすべて吐いてしまいます。

    当然これでもかというほど食べるので体重は増えていきます。

    分かっていても、食べることを止められない…それが過食症です。
    出典 :摂食障害(過食症・拒食症)の原因・症状と克服・治療法
     

    美味しいと感じないのならどうして食べてしまうのかと思ってしまいますね。普通は。

  • 原因は?

  • コントロールできない暴食と、食べたものを吐き出そうとする代償行為が繰り返される過食症。拒食症と同様、主に若い女性に見られ、発症頻度は思春期の女性の1~3%程度。また、発症年齢は拒食症より高くなる傾向があります。

    原因は人それぞれですが、やせなくてはならないというプレッシャーと、家庭内での心理的葛藤、慢性的な気持ちの落ち込みなどがあるときに発症しやすいです。

    また、心理的問題だけでなく神経科学的な問題が 原因 となることも。特に脳内神経伝達物質の一つであるセロトニンの働きが 過食症 を引き起こすことがあります。
    出典 :過食症の原因・症状 [メンタルヘルス] All About
     

    神経的なことが原因になることもあるんですね。

  •  

    拒食症と同じく、女性の方がかかりやすいのですね。

  • なりやすい人は?

  • 食障害になりやすい人には、ある程度の共通した性格、行動のタイプがあると言われています。
    それを簡単に言うならば、まじめな優等生タイプで、学校でも家庭内でも「良い子」です。
    みんなの言うことを良く聞き、いさかいやトラブルが起きないよう、周囲に気を使います。
    ある意味、気が小さい一面もあるのかもしれません。
    何事にも一生懸命に取り組み、完璧を目指し頑張るタイプが多く、逆を言えば負けず嫌いで融通がききません。
    とても頑張り屋で努力家なので、成績もとても優秀です。
    出典 :摂食障害になりやすい人は<摂食障害(過食症・拒食症)を生きて>
     

    何も問題無い人がかかりやすいのですね。

  •  

    いろいろ内に溜めてしまうのですかねえ。

  • 症状は?

  • 過度の飲食を行った後に、嘔吐、下痢、必要以上の運動、絶食、薬物、利尿剤による代償行為をするという特徴があります。
    出典 :過食症の症状と治療
     

    代償行為として運動することもあるんですね。

  •  

    代償行為は人によって違いますから、普段と違うことをしたくなったら注意して下さい。

  • 臭くなる

    過食症になると、頻繁に嘔吐するようになります。

    嘔吐物のにおいってものすごいですよね。

    あれは、胃液のにおいなんですよ。。。

    そのにおいが、何回も嘔吐を繰り返しているうちに体中に染み付いてしまいます。
    出典 :摂食障害(過食症・拒食症)の原因・症状と克服・治療法
     

    あの臭い嫌ですよね。

  • 虫歯になりやすい

    摂食障害をもつ人は、虫歯になりやすいって聞いたことありませんか?

    嘔吐(おうと)の繰り返しで胃液がたくさん出て、それによって歯のエナメル質が溶けてしまうんです。

    これは、うがいや水分補給で少しは防ぐことができますが、あまりひどい場合は歯医者さんに行くことをおすすめします。
    出典 :摂食障害(過食症・拒食症)の原因・症状と克服・治療法
     

    胃液怖いですね。

  • 痩せる

    過食症でも痩せるの?!と思う人もいるかもしれませんが、ずっと食べ続けるだけが過食症ではありません。

    なかには、過食と拒食を繰り返す人もいます。

    なので、拒食している間は痩せてくんですね。
    出典 :摂食障害(過食症・拒食症)の原因・症状と克服・治療法
     

    ずっと食べ続けるだけではないのですね。

  • 下手をしますと自己嫌悪に陥った挙句、自殺をしようとする場合もあり、自殺の可能性は拒食症よりも高いと言われているのです。
    出典 :過食症の症状と治療
     

    精神的に追い詰められてしまうのですね。

  • 治療法は?

  • 拒食症の場合とは異なり、過食症では生理活動を損なうほど深刻な低栄養状態になることはまれ。そのため通常は拒食症 治療 のような入院はせず、外来通院によって心理療法、薬物療法による治療を行います。

    しかし、以下のような場合は入院を検討します。

    大食の衝動が制御不能である
    自殺願望が認められる
    アルコール依存など深刻な薬物依存がある
    嘔吐、下剤、利尿薬などの濫用で血中の電解質バランスが大きく崩れている場合など

    出典 :過食症の治療法 [メンタルヘルス] All About
     

    原則は通院なんですね。

  • 心理療法による過食症治療

    大食衝動には、自分に自信が持てなかったり、家庭内の葛藤などの心理的問題があることが多いです。大食の衝動に抵抗するためには、自己の心理的問題や病的心理を理解すると同時に、大食の衝動が生じやすい状況、思考、気分のパターンなどを理解し、大食衝動への抵抗性を高める訓練が望ましいです。
    出典 :過食症の治療法 [メンタルヘルス] All About
     

    心理的な原因を何とかすることが大事なんですね。

  • 薬物療法による過食症治療

    大食の衝動は心理的問題だけでなく、神経科学的な問題、特に脳内神経伝達物質の一つであるセロトニンの働きも関連しています。セロトニンは、うつ病の発症にも深く関連する脳内神経伝達物質ですが、 過食症 の場合、うつ病を合併することが少なくありません。心理療法のみで過食の衝動がコントロールできない時やうつ病を合併している時には、セロトニンの働きを調整する 治療 薬を使用します。
    出典 :過食症の治療法 [メンタルヘルス] All About
     

    うつ病が併発していると薬の投与も必要なんですね。

  • 過食は最初からゼロにすることを目指さず、少しずつコントロールすることが重要です。
    出典 :過食症に対する治療ってどういうもの?? - Yahoo!知恵袋
     

    時間をかけて治療するのが近道なんですね。