こんな事も知っておこう!寝返り練習方法☆

赤ちゃんの寝返りの練習方法なんてものも
意外とあるものなのです☆

view248

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 大人の寝返りとは違う

  • 赤ちゃんの寝返りは、大人の寝返りとはだいぶ違います。大人が寝返りをするときは体と腕をひねって上半身から寝返りします。ですが赤ちゃんの場合は下半身をひねってから体重の重心を寝返りしたい方向にズラしてから寝返りをします。これは大人のように体をひねるだけの筋肉や神経伝達機能が成長していないからです。
    出典 :赤ちゃんの寝返り練習
  • 寝返りを嫌がるような場合は無理に練習させる必要はない!

     

    何回か手助けをしてあげることで寝返りの仕方を覚えます!
    また、赤ちゃんは寝返りの得意な方向というものがありますが
    腰のバランスを良くしてあげる意味でも
    右と左のどちらでも寝返りができるよう
    練習してあげるのも良いですね

  • スペースを確保する事

  • 赤ちゃんが寝返りをする時は、平面の床面で、清潔で安全な場所が好ましいです。赤ちゃんが肌を当てても痛くない床面が安心ですが、羽毛のように顔や体が沈むようだと動きにくくなります。特に小さなものや、赤ちゃんの口に入れてほしくないものが落ちていないか確認します。
    出典 :寝返りの練習
  • 寝返りできるスペースを確保しよう☆

     

    ベッドや落下の危険がある場所
    寝返りするスペースを制限したい時は
    クッションや枕で区切ります
    クッションや枕は、赤ちゃんの胴体に
    あたる部分に置くようにすると良いですよ!
    顔にあたる部分に置くと、赤ちゃんが顔を
    動かせずに窒息する恐れがあるので注意☆
    足でけることもありますが
    ワンクッションあるほうが安全ですよね

  • 左右交互にする

  • 寝返り練習をするときは、左右交互に「コロン、コロン」と返してあげるようにします。赤ちゃんの寝返りの仕方は大人とは全く異なります。大人は上半身をひねって身体を返しますが、赤ちゃんは下半身をひねりながら体重の重心を移動することで体を返します。
    出典 :寝返りの練習 | 子育て育児のコツ
  • あとは赤ちゃんが体を動かそうとしているタイミングを見逃さないようにすることです。赤ちゃんの寝返り練習をサポートするときには大切な注意点があります。それは赤ちゃんにあくまでもコツを覚えさせるための補助であるということを、忘れないことです。
    出典 :寝返りの練習 | 子育て育児のコツ
  • 勢いを手伝うだけ

  • 赤ちゃんの場合は、最初に腰と足が動きます。赤ちゃんは、下半身をひねることで寝返りを始めるのが1番成功しやすいようです。寝返りする方向が決まったらおしりを支えながら、寝返りする方向と反対の足を持ち上げてあげます。
    出典 :寝返りの練習
  • 赤ちゃんは、大人と違って体よりも頭が大きいので、どうしても思い切り動かすことのできる手足を先に動かします。筋肉が未発達なので、勢いをつけて動きます。この勢いをママが少し手伝います。この時、赤ちゃんの頭や首を無理な方向に動かさないよう気を付けてください。
    出典 :寝返りの練習
     

    やってみてくださいね!

  • 注意

  • 寝返りの練習というのは、赤ちゃんが寝返りできないからパパやママが寝返りのコツを覚えさせるために補助することです。つまり赤ちゃんはまだ寝返りを自力ですることはできません。また、自力でできるようになったとしても完全に寝返りのコツを覚えていたわけではありません。
    出典 :赤ちゃんの寝返り練習
  • 目をそらさないように注意してあげてください。寝返りを覚えた赤ちゃんはしょっちゅう寝返りをうつようになることがありますが、自分で寝返りができるようになった最初の頃は思わぬ事故に発展する恐れがありますので、注意深くみてあげるようにしましょう。
    出典 :赤ちゃんの寝返り練習