“肉食”系女子なアナタにオススメ!?「高たんぱく無炭水化物ダイエット」

高たんぱく無炭水化物ダイエットって知ってる?
お肉&ダイエット大好き女子に注目の、
お肉をモリモリ食べても良いダイエット法なんです!

ご飯とかはちょっと控えないといけないんだけど・・・
でも、お肉はモリモリOKってのは魅力では?

view2015

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • お肉が食べられるから人気?

  • 脂肪を摂らないようにと言うと、お肉はあまり摂ることができなくて、お肉好きには大変なダイエット法でした。しかし、高たんぱく無炭水化物ダイエット法は、その逆なんです。お肉を好きなだけ食べられるというのが、高たんぱく無炭水化物ダイエット法です。その他にも、卵やチーズなど、高タンパク質のものを摂取し、ごはんやパン、砂糖などの炭水化物を避けてダイエットをするという方法なのです。
    出典 :高たんぱく無炭水化物ダイエット法 :炭水化物ダイエットの種類
     

    お肉好きにはラッキーなダイエット法ってことでしょうか?

  • 筋肉を維持するためにタンパク質が必要

     

    なぜ高タンパクの食事をする事がダイエットに有効なのかというと、『筋肉を維持するため』にはタンパク質が必要となるからです。(※筋肉はタンパク質を摂ることで生成・維持されています)タンパク質が不足すれば筋肉量は減ってしまい代謝が低下します。代謝を高く保ち、痩せやすい状態を維持するためには筋肉量はとても重要ですよね。

    引用)http://www.onakano-shibou.com/nourishment/protein.html

  • おすすめ!タンパク質が豊富な食品

     

    特に鶏のささ身は低カロリーで高タンパクなのでベストです。ダイエットでは鶏肉と魚を中心とした食事を食べるように心がけましょう。

    引用)http://www.onakano-shibou.com/nourishment/protein.html

  • お肉以外でも、高タンパクな食品はたくさんあります!色々バリエーションを考えるのも楽しいですね♪

  • お肉はモリモリ食べてOKでも、食べちゃいけない「炭水化物」って?

  • ご・・・ご飯は食べちゃダメ?ホント?絶対に?

  • といっても、全く炭水化物を摂らないと言うのは体に良くないですし、ごはん大好きな日本人にとってはつらいので、少量ならOKです。お茶碗にかなり少なめ2杯分くらいが1日に食べられる量なので、朝と昼に1杯づつ食べ、夜はご飯抜きの食事をオススメします。
    出典 :高たんぱく無炭水化物ダイエット法 :炭水化物ダイエットの種類
     

    夜だけ我慢しよう!せめて・・・夜だけ!

  • 「ご飯ヌキ」したのに失敗するワケ

     




    「低炭水化物を抜く」というと、主食(ご飯)に目がとらわれがち。でも「ご飯抜いたけれど痩せない」とか、「ご飯抜いたらかえって太った」なんて話をよく耳にします。 その一番の原因は、ご飯を食べないから(炭水化物を減らしたから)と安心して、おかずをたくさん食べてしまうことです。穀類以外にも、炭水化物が多く含まれる(高GI値の)食材があるということを把握しておかなくてはいけません。例えば、さつまいもやじゃがいもなどの芋類や豆類、 かぼちゃやレンコンなどは、意外と炭水化物が多く含まれています。一番注意なのはお菓子。せっかくご飯を控えても、 ポテトフライやおせんべいでお腹を満たすなんていうことは問題外ですよ!

    引用)http://club.panasonic.jp/diet/calorie_control/column/column026.html

  • ご飯意外で、いわゆる“高GI値”なものを食べてしまうと本末転倒。自分が何を食べてるか気にするようにしましょう!

  • お肉がモリモリ食べられるからと言っても・・・!

  • お肉が食べられるから人気?

     

    お肉が食べられると言うことで、今後も低糖質ダイエット系のダイエットはもてはやされていくと思います。しかしこのダイエット方法は、糖尿病食として開発されたものです。内容も複雑でルールを守ることが非常に難しいと思われます。そもそも、低糖質ダイエット系のダイエット法は、アメリカで開発されたものです。主食を抜くと言っても、アメリカの食文化自体が肉中心の文化で、炭水化物が主食ではありません。ご飯が主食の日本人にとって、お米抜きの生活は、とても苦しいダイエット方法になる可能性があります。お肉中心、主食抜きの生活が本当に魅力的かどうか、もう一度考えてから実施するのもいいのではないでしょうか?

    引用)http://www.r-dietetics.com/php/wiki/index.php/%E7%82%AD%E6%B0%B4%E5%8C%96%E7%89%A9%E6%8A%9C%E3%81%8D%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88