足の甲のしびれについて

足の甲の、症状・病名・危険要素・改善法など。
これらをまとめました。

  • S 更新日:2014/02/20

view345

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ビリビリ感

  • 足の甲で一番多いしびれが「ビリビリ」な感覚。
    長時間正座した後の、あのしびれを想像してもらえればわかりやすいです。

  •  

    正座に慣れてない人は、しびれを経験しがちです。

  • RT @Yuuekina_BOT: 【足のしびれを治す方法】長時間正座をしていて、立ち上がった時、足の痺れで歩けない時は、2〜3歩ゆっくりと後ろに歩いてみる。これだけで足の血行が良くなり、感覚が戻ってくる。
     

    なかなか役立ちそうです。試してみる価値アリ!

  • 以下、足(しびれ)の病気

  • 浅腓骨神経障害

  • 足の甲にある「内側足背皮神経」の枝が圧迫され、母趾にしびれが広がります。
    きつい靴などが原因で起こります。

  •  

    靴擦れは一旦起きると悲惨です。。。
    靴のサイズは自分に合うものを選びましょう。

  • 合わない靴は危険

  • 合わない靴を履くと、神経圧迫・腓骨神経の刺激など怖いことが沢山あります。
    足の甲の強圧迫・刺激には充分気をつけましょう。

  •  

    左図のような座り方も関係しているようです。
    「お姉さん座り」です。

  • 改善するには

  • まずは、靴の見直しです。
    初期のうちに、靴による圧迫を避ければ、自然に治ります。

  •  

    足の姿勢にも注意をはらいましょう。

  • 次に、靴屋さんに行って試し履きをして以下のことをチェックしましょう。
    ○母趾と小趾の付け根が圧迫されていないか。
    ○足の甲の部分が圧迫されていないか。
    ○足の指先に余裕があり過ぎないかどうか、足の指は靴のなかで曲げることができるか。
    ○かかとの部分が靴とぴったりとあっているか。 
     

    洋服屋でも買う前に試着しないといけないし、靴でも同じ事が言えますよね。

  • それでも良くならない人は、医療機関を頼るべきです。
    自力だけでは、どうにもならない事もあります。

  • 病院かカイロプラクティックで診てもらう

  • 靴を変えても変わらない場合、病院へ行きましょう。
    病院の検査で異常が無くても、念の為にカイロプラクティックにも行けば異常発見される場合もあります。

  •  

    意外と、病院だけでは解決できない症状もあります。