生理不順に効くツボ~気軽にホルモンバランスを整えよう~

忙しい女子は生理が不順になりがち。

ツボ押しで改善をはかっていこう! 

生活習慣も見直してね下さいね。

  • honey 更新日:2013/12/13

view807

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生理不順の原因は

  • 「不安定期」

    体が成熟していない思春期の女の子や、50歳前後の更年期の女性は、「スムーズに月経が行われる体の環境が整っていない」「ホルモンバランスが安定しない」「ホルモンの分泌量が減少している」等の理由によってどうしても生理不順になりやすくなります。
    心身に異常が見られない状態での生理不順なら特に心配はいりません
    出典 :生理がこない~生理不順の原因・理由
  • 「心身への負担やストレス」

    心やからだに大きな負担がかかると生理不順が起こりやすくなります。
    良く見られる原因として以下のようなものがあります。
    •過度のストレス
    •過度のダイエットにともなう急激な体重減少
    •激しい運動、スポーツ

    上記に挙げたような大きな負担が体にかかると、視床下部から正常な指令が発せられなくなったり、自律神経の乱れからホルモンの分泌に影響が出るなどして、生理不順を起こすことが良くあります。


    出典 :生理がこない~生理不順の原因・理由
     

    軽度の生理不順なら体を休ませてリラックスすることで正常な状態に戻りやすいそうです。

  • 「病気や薬の副作用」

    からだの特定の器官に異常があると生理不順が起こる場合があります。
    •下垂体の機能の異常
    •卵巣の異常
    •甲状腺機能亢進症・低下症
    •薬の副作用(特に抗鬱剤などの向精神薬)
    出典 :生理がこない~生理不順の原因・理由
  • ツボ押し一挙公開

  • 三陰交-さんいんこう

     

    足の内側で、くるぶしに小指を置いて手を上の方向に当てたとき、人差し指が当たる高さで骨の少し後ろに位置します。親指の先を使って強く押しこみます。

    ツボはすべて息を吐きながら押し、吸いながら離します。
    3回くらい。

  • 血海-けっかい

     

    足の内側で膝のお皿から上に指4本ぐらいのところ。足を伸ばしたときにできる窪みの上端にあります。

    血海は血液の量もコントロールしてくれます。

  • 腎兪-じんゆ

     

    背骨の両側、指2本分のところで、いちばん下のあばら骨やおへその高さに位置します。親指をツボにおいて、上体を反らすように曲げると効果的に刺激できます。

  • 帯脈-たいみゃく

     

    おへその高さで、左右のわき腹のあたりにあります。腕を下に垂らして肘を直角に曲げた状態(学校で教わる「小さく前にならえ」のポーズ)の肘先の下あたりで、おへその高さに位置します。
     
    おりものの不快な症状にも効くよ。

  • 気海-きかい

     

    おへそ下、指1~2本分のところに位置します

  • 太谿-たいけい

     

    足の内側の くるぶしとアキレス腱の間でくぼんでいるところに位置します

  • 足臨泣-あしのりんきゅう

     

    足の甲側で、足の小指と薬指の間を手前方向に辿っていって骨に突き当たるところ。骨の分かれ目にあります。

  • 太衝-たいしょう

     

    足の甲側で、足の親指と人差し指の間を手前方向に辿っていって骨に突き当たるところ。骨の分かれ目にあります

  • おまけに生理痛緩和のツボ

  • 合谷-ごうこく

     

    手の甲側で、親指と人差し指の間にある骨の付け根部分から少し外側(指先の方向)に位置します。強く、長めに刺激します

  • 足三里-あしさんり

     

    足の表側で向こうずねの縁の少し外側、親指をすねに当てたときに小指が当たるところに位置します。親指の先で強くすり込むように押しこみます。



    ツボのほとんどは骨のキワにあるので痛気持ちいいところを刺激してみてください。

  • 生理不順はホルモンバランスの乱れです。あまりにもが長引くようだと老化も早めてしまうし、病気になる可能性もあるので婦人科行ってみてくださいね。
    安易に考えず、注意しておく必要があります。