「ぶどう膜炎」どんな病気なの???

ぶどう膜炎って聞いた事ありますか?
ぶどう膜炎を引き起こす病気には様々なものがあるのです!

view190

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ぶどう膜炎

  • ぶどう膜炎とは

     

    ぶどう膜炎とはぶどう膜に炎症が起きる病気です
    ぶどう膜炎を引き起こす原因には外傷、梅毒、細菌や
    ウイルス感染症、慢性関節リウマチ、ベーチェット病、サルコイドーシスなどがあります
    こう並べてみると、結構あるのですよ

  • 急性網膜壊死という病名のとおり、急性にぶどう膜炎が発症し、網膜血管が閉塞(へいそく)し、網膜が萎縮(いしゅく)していきます。その後、続発性網膜剥離(もうまくはくり)を引き起こし、最終的に失明にまで至る重症の病気です。
    出典 :桐沢型ぶどう膜炎(急性網膜壊死) - goo ヘルスケア
  • 種類

  • ぶどう膜炎には多数の種類があり, わが国で知られているものだけでも 40種類以上あるほか,ぶどう膜炎のうちの, どの種類かを診断できないものも 30~40%あります。ぶどう膜炎の種類によって病気の特徴, 経過, 治療法などが 異なります。
    出典 :��T���R�C�h�[�V�X����搶�u��
  • 原因

  • 原因ウイルスとして、水痘(すいとう)・帯状(たいじょう)ヘルペスウイルス、あるいは単純ヘルペスウイルスが確認されています。これらのウイルスは成人ではほとんどがすでに感染し、体内に潜んでいる(潜伏(せんぷく)感染)と考えられていますが、多くの場合、生涯にわたりとくに問題なく経過します。
    出典 :桐沢型ぶどう膜炎(急性網膜壊死) - goo ヘルスケア
     

    感染が原因なのですね

  • 症状

  • 視力低下、まぶしさ、充血、目の痛み、目のかすみ、黒目の周囲の充血など。
    症状がひどくなると白内障や続発性緑内障、網膜剥離を合併する可能性があります。
    出典 :ぶどう膜炎(症状/診断/治療)
     

    合併症を引き起こしてしまうのですね

  • 症状

     

    この病気は、突然の眼痛と視力低下で発症します
    進行は急速で、抗ウイルス薬の投与がなければ
    発症から1週間前後には網膜病変が全周に及ぶそうです
    30〜80%は両眼性ですが
    発症の時期に差のあることがあるので注意したいですね
    画像も参考にしてみてくださいね

  • 1.眼のかすみ,視力低下:
    2.黒いすす,虫,蚊,よごれのようなものが見える(飛蚊症 ひぶんしょう):
    出典 :��T���R�C�h�[�V�X����搶�u��
  • 3.しろめの充血:
    虹彩や毛様体の炎症が強いときに見られます。
    4.眼の痛み:
    虹彩や毛様体の炎症が強いときや,
    眼圧が急上昇したときに起こります。
    出典 :��T���R�C�h�[�V�X����搶�u��
  • 5.見ようとするところが見えない,視野の中心が見えない:
    視野の中心の像がうつる黄斑に炎症や障害が起こったときの症状です。
    6.物がゆがんで見える,小さく見える,色調が変わって見える:
    黄斑付近の網膜に浮腫(はれること) や網膜剥離 (網膜と脈絡膜の間に水がたまる) があるときに起こる症状です。
    出典 :��T���R�C�h�[�V�X����搶�u��
  • 治療法

  • 散瞳点眼薬、副腎皮質ステロイド薬、抗炎症薬などの点眼などが使用されます。
    重症の場合は内服薬を使用することがあります。
    出典 :ぶどう膜炎(症状/診断/治療)
  • 抗ウイルス薬(ゾビラックス)の点滴投与が必要で、できるだけ早期に大量の投与が望ましく、補助的にステロイド薬、抗血小板薬の投与が行われます。
    出典 :桐沢型ぶどう膜炎(急性網膜壊死) - goo ヘルスケア