【妊娠中に魚卵】美味しい魚卵!ですが、妊婦さんが食べても大丈夫?

【妊娠中に魚卵】について!とっても美味しい『魚卵』なんですが、妊娠中に食べちゃっても良いものなのでしょうか??『胎児に影響はないのか?』など、いろいろと気になっている事を簡単にまとめてみましたので、ご覧ください!

view28506

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中に魚卵って食べて良いの?

  • ■胎児に悪影響はないのか?

     

    白いごはんにピッタリな魚卵!
    とても美味しいですよね!
    ですが『妊娠中に食べても大丈夫?』

  • しょっぱいものや味の濃いものは気をつけてくださいね。アトピーは遺伝的要素が少なからずあると思います。
    出典 :胎児への影響は? | 妊娠のQ&A【OKWave】
     

    やっぱり血圧とかも関係してくるし、体のためには塩分などには気を付けるという事ですよね。

  • 胎児は母親が妊娠前まで食べて、体内(体脂肪)に蓄積した化学物質や、この時期食べた食べ物に含まれる化学物質、周囲の化学物質の影響を受けつつ発育します。おそらく、胎児期初期に受けたこれらの化学物質の影響によって、免疫力が低下し、アレルギー反応をコントロールできず過剰な反応を起こすような体質が出来上がってしまいます
    出典 :アレルギーの予防-妊娠前・妊娠中・出産後の食事・生活
     

    お母さんが食べた食事のせいので、お腹の赤ちゃんにアレルギー反応などが出て来てしまうとショックですし、とても悲しいですよね。

  • 【バントテン酸】
    免疫の過剰や炎症を抑える働きをする。

    <不足しがちな人>
    ・アルコールを良く飲む
    ・コーヒーを良く飲む
    ・抗生物質を常用している
    ・妊婦、授乳中

    <多く含まれる食事>
    納豆・にじます・子持ちカレイ・うなぎ・モロヘイヤ・サケ・いくら・マカジキ
     

    妊娠中は食べ物の制限がとっても多くなったり、苦手なものでも無理して摂取するなどして、楽しい食事の時間すらストレスになりやすいですよね。

  • 物件は空振りだったけど、今日は美味しいものを食べたので幸せだった。吉祥寺で回転寿司食べるならダンゼンまぐろ人がおすすめよ。妊婦中は生魚我慢してるからたまに食べると幸せ度が違う。
     

    やはり妊婦さんは『生もの』や『魚卵』が大好きだったとしても、我慢しているお母さんもとても多いみたいですね。いろいろと頑張っていますね。

  • 妊娠中に『魚卵』を食べると赤ちゃんがアトピーに?

  • ■アレルギーやアトピーになる?!

     

    妊婦さんの食べた物の影響によっては
    お腹の赤ちゃんがアトピーやアレルギー症状のある子になって生まれてしまう?

  • 子供のアレルギー防止として、母親に卵や牛乳や魚卵などを避けるよう指導している。
    出典 :母親の食事が子に影響 成育医療センター調査 - アトピー性皮膚炎の髙山家
     

    アレルギーを防止するためには、お母さん自身の食事に気を配ることが大事で、家族みんなで気を付けていけるようにならなければいけないのですね。

  • 妊娠8ヶ月頃から卵・卵製品、牛乳・乳製品、鶏肉・牛肉・魚などを控えめにする(または除去する)ことが望ましいようです。
    出典 :おでびびはうすへようこそ! 食物アレルギー・アトピー 妊娠中・授乳中の食事影響
     

    マタニティー期は『食べたいものが食べたい時にすぐに食べることが出来ない。』
    お母さん達もとっても大変ですよね・・・

  • 問題は塩分の摂りすぎです。これは妊娠全期を通して注意したほうがいいでしょう。
    出典 :刺激物と塩分過多による影響について。現在14週の妊婦です。元々辛いものや塩が... - Yahoo!知恵袋
     

    魚卵は『いくら』『タラコ』『明太子』などは塩漬けして加工してあるので塩分がとっても多く含まれていますね。これは、アトピーに限らず体のために注意が必要ですね!!

  • RT @biishikiup: プラセンタとは胎盤のこと。母親から胎児への栄養源補給器官で、栄養価が高く古くから食べる習慣があるそうよ。人のプラセンタは薬だけど、豚や馬のプラセンタはサプリメントやスキンケアによく使われていて美肌成分になるの。他にもアトピーなどのアレルギーや代謝…
     

    なるほど。こういった知識は勉強になりますね。

  • 先日の講演会で、妊娠中のストレスは胎児のアトピー発症率をあげるって言ってたなぁ。
    義母よ、お願いだからちょくちょくストレスのもとを運んでくるのをやめて欲しい。ただでさえリスク高めなんですから…。
     

    妊娠中のストレスもよくない!お母さんの体の影響でお腹の赤ちゃんのアトピ-発症率をあげるんですね。

  • 妊娠中に花粉を吸入しないことは、母親の花粉症症状の軽減だけでなく、胎児へのアレルギー体質の重症度にも影響されるといわれています。じゃあ、わたしが妊娠中は宇宙旅行でもいこうかしら、30万円位で行けると嬉しい。
     

    『胎児のアレルギー発症率』などは食べ物だけのせいではなく、花粉なども妊娠中から防いであげないといけないのですね。

  • 赤ちゃんのアレルギーの種類とは?

  • ■赤ちゃんのアレルギーについて

     

    今、アレルギー体質を持って産まれてくる子は
    決して少なくありませんよね。
    では、『赤ちゃんのアレルギー』は
    主にどういったのものがあるのか調べる事にしました。

  • ■食物アレルギー

     

    最も赤ちゃんに多いのが『卵』や
    『乳製品』のアレルギーみたいです。

    乳製品のアレルギーがあると、
    たくさんのモノが大人になってからも
    食べられないですよね・・・
    そんなかわいそうな事にはしたくないですし、
    妊娠中から食事には気を付けていかなくては!!

  • ■ペットのアレルギー

     

    ペットに対して『アレルギー反応』
    を起こす幼児もいます。
    あまりにアレルギー反応が酷いようであれば、
    ペットについても飼い方などを考えなければいけないですね。

  • ■ハウスダストのアレルギー

     

    ハウスダストのアレルギーはとくに注意が必要です!
    出産をして赤ちゃんを連れ退院してくる時には
    しっかりと『家が綺麗な状態』に整えてから
    迎えてあげだいですからね。

    将来『子供』がアレルギー体質にならない様に
    お母さんや周りの家族が気を付けなければいけないですね!!

  • 妊娠中は産まれてくる子供の未来を考え、お母さんが初めて子供の為にしてあげられるお世話ですよね。
    10ヶ月間は長い様で短い時間ではありますが、『ママが気を付けてあげられる事』は辛いことや、ストレスに感じる事もありがちです。でも、赤ちゃんの体や未来のために我慢して乗り切りましょうね!! アレルギー体質などをお腹の赤ちゃんが持って産まれない様に、今してあげられる食事や環境などを気にしてあげたいものですね。