知っておけば防げる?肘の痛みの原因は?!

肘の痛みを感じることはありませんか?肘の痛みの原因を知っておけば、肘を痛めることを防げるかもしれません。

肘は腕を動かす上で重要な箇所なので、痛める原因を知って予防していきましょう。

view153

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肘を痛める人とは?

  •  

    肘といえば、腕を動かす上で、肩と同じくらい重要な場所ではないでしょうか?

    肘を痛めると腕を上手く動かすことが難しくなってきますよね。

    肘を痛める人とはどのような人なのでしょうか?

  •  

    肘を痛める人で多いのは、まず高齢者の方ですね。

    年齢を重ねることによって痛めやすくなるようです。

    また、スポーツで頻繁に肘を使う人、仕事で腕を酷使する職業などの人に多いようです。

  • 肘を痛める原因は?

  • 肘が使えないと日常生活にも支障が出てきますから、肘の痛みの原因をしっかりとチェックしていきましょう!

  • よくある肘の痛みの原因は肘の酷使と思われがちですが、実際は肘を使いすぎというよりも手首や指を使いすぎていることが原因です。手首や指を動かすときに使う筋肉は、肘まで伸びています。手を握る動きや手首を折り曲げる動きをするときに、肘辺りの筋肉が盛り上がることからそれが分かります。このように肘の痛みの原因は物を持ったり掴んだりするときに、肘や手首に負担がかかりすぎて、肘関節に繋がる筋肉や靭帯を痛めて神経を刺激してしまうことにあります。
    出典 :【肘痛.com】肘の痛みの原因や症状と治療
  •  

    肘を痛めるのは肘の酷使と思われがちですが、腕や手などを使いすぎることによっても肘を痛めることもあるという衝撃の事実ですね!

    腕の酷使にも注意が必要です。

  •  

    そして肘を痛める原因として、スポーツが原因になる場合もあります。

    最初に紹介するのがテニスによって引き起こされるテニス肘です。

  • テニス肘は別名、上腕骨外(内)上顆炎といい、肘における前腕伸筋(屈筋)腱付着部の炎症(いわゆる腱鞘炎と同じ)で、テニス(ラケットスポーツ)で最も発生率が高く、それ以外ではゴルフ、バドミントン、剣道、卓球などでよくみられます。スポーツ競技者だけでなく、配管工、コック、大工などの手首を使う職業や、重いものを持つ職種に発生します。
    出典 :テニス肘 | ザムスト(ZAMST)
  •  

    また、このテニス肘はゴルフでも引き起こされ、ゴルフで起きる肘の痛みはゴルフ肘と言われています。

  • 続いて、スポーツではなく、病気が原因の肘の痛みです。

  •  

    最初に紹介するのが痛風です。

    痛風はいろんな所が痛くなり、辛い病気ですよね。

  • 痛風による痛みは膝・肘・肩などの関節で起こることもありますが、この痛みというのは痛風発作が進行している証拠となりますので、再発までの感覚が短くなったり良い状態ではありません。
    出典 :痛風(膝・肘・肩)の痛みと痛風合併症
  •  

    続いて関節リウマチによって肘が痛む場合です。

  • リウマチの関節は、触れると熱感があることもあります。
    リウマチは肘や膝の関節にも痛みと腫れがみられます。
    出典 :リウマチ(関節リウマチ)の症状
     

    このように、リウマチによって肘に痛みを感じる場合があるんです。

  • また感染性の関節炎でも肘が痛む場合があります。

  • 黄色ブドウ球菌などが何らかの原因により、関節内に侵入し、細菌感染を起こして急性の関節炎を発症しま

          す。放置しますと関節を破壊し、重大な機能障害を起こす疾患です。発症部位は膝関節が最も多く、股・肩・

          手・足・肘の各関節部に至っております。
    出典 :化膿性関節炎の痛み|化膿性関節炎の痛みと症状/急激な痛み・痛み増強・関節内圧上昇疼痛・悪寒・戦慄・高熱|痛みと病気
  • スポーツでの肘の痛みについては、休養を取るなどの対策法がありますが、痛風、リウマチ、感染性関節炎については中々対策が出来ないため、その症状を疑った場合は、早めに病院へ行きましょう。