橋下流『問題児隔離』に対する、子供や子育て世代の本音とは

橋下徹市長率いる大阪市の掲げる問題児隔離と言われる更生プログラムが波紋を呼んでいるとのことですが、どういった内容のプログラムなのか、これについて当の子供たちや子育て世代はどういった反応を示しているのかなどについてまとめます

view265

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 問題児更生プログラムとは

  • 大阪市教育委員会がまとめた教育指導案

     

    一定レベルを超える悪質な問題行動を繰り返す児童・生徒を在籍する市立学校から隔離し、1カ所に集めて指導する「特別教室」を新たに設けるという案

  • 対象となる行為は、校内暴力、非行、著しい授業妨害などを想定。具体的には、市教委が昨年9月に策定した問題行動の5段階の分類のうち、「レベル4」(激しい暴力など)と「レベル5」(極めて激しい暴力など)に該当する場合、特別教室で指導する。
    出典 :問題児童らを隔離、「特別教室」で指導へ 大阪市教委案:朝日新聞デジタル
     

    問題のある子どもの安易な「排除」につながるとの批判も予想されるとのことですが、上の表のレベル2以上の問題行動であれば何らかの特別措置は必要だと思います
    こういった対応への経験が豊富であったり、心理学などの専門知識のある教職員を配置する予定とのことなので、知らんふりをして隠ぺいしたり、警察へ横流しするような教育姿勢より余程人間的だと思うのですが・・・

  • 個別指導教室に関心を持った在京テレビ局のスタッフから否定的な質問を受けた橋下市長は語気を強めた。“教室送り”のレッテルが貼られることへの懸念に対しては「子供たちには『そんなことを気にするなよ。ちゃんと順法意識や規範意識を備え、真面目になるほうが重要だよ』と言いたいです」と熱っぽく語っていた。
    出典 :「問題児」は“特別教室送り”…橋下流「更生プログラム」で波紋 (産経新聞) - Yahoo!ニュース
     

    学校時代さえ無事に乗り切ればいいという教育姿勢より、子供時代に問題を更生する教育のほうが本来の教育だと思うので、問題生徒にとっても、その他の生徒にとってもいいのではないでしょうか

  • 問題児更生プログラムに至った背景

  • 平成23年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」

     

    都道府県別暴力行為の発生件数(国公私立小・中・高等学校)

    大阪府が断トツで1位です
    大阪市教委によると、学校現場では暴力行為に加え、授業離脱、授業妨害などの問題行動が後を絶たないのだそうです

  • 出席した中学校校長は「誰かに暴力行為を仕掛けてる者を止めたときに、肩に触れただけで、『あっ、暴力やな』と。『これ、教育委員会に言って、お前をクビにしたる』とか。(生徒指導の先生から)悩みというか、苦しみみたいなものの、訴えみたいなものが、実際にありまして」と話した。
    出典 :www.fnn-news.com: 大阪市、問題児を学校...
     

    相次いだ体罰問題などで、教師と生徒との関わり方が変わり、厳しい指導を行いにくくなったなどの背景があるそうです

  • 加害児童・生徒数は中学校の各学年において増加(全国)

     

    加害児童生徒のうち小学校では1.5%、中学校では2.6%、高等学校では90.8%の児童生徒が出席停止等の措置を受けており、その内訳をみると小学校・中学校では「訓告」が最も多くなっているそうです

  • 「昔みたいに言うことを聞かなかったら殴ったり、ケツを蹴り上げたりする時代ではない。先生に手をあげるなというなら、やっぱりルールに従わない子は別のところで個別指導する」。橋下市長はこう述べており、教員の負担を軽くすると同時に、体罰撲滅のためにも同教室が必要というスタンスだ。
    出典 :「問題児」は“特別教室送り”…橋下流「更生プログラム」で波紋(産経新聞) - goo ニュース
     

    中学校教員の約6割が指導に委縮しているというデータもあるそうです
    個別指導のほうがいいだろうという問題行動の領域を確定し、明確なルール作りを求めていくとのことです

  • 大阪府はかつて、学力テストの結果が極めて悪かったが、当時の橋下徹知事は「教育非常事態」を宣言し、13年度に各教科の全国平均を上回る目標を掲げたことがある。府下の各学校が学力向上につとめた結果かもしれないが、今回の調査では小学校では全国平均に近い結果を示した。ただし、中学校の国語はAもBもよくない。
    出典 :滋賀 長浜 新聞 滋賀夕刊
     

    何かと批判も多い橋下市長ですが、市を良くしようという姿勢は多くの市区町村の代表よりも感じられる気がするので、教育環境を整えたいという願いが基となっているのは間違いないのではないかtと思うのですが・・・

  • 問題児隔離に対する専門家の考え

  • 愛情不足から人間不信に陥っている子どもが多い中で、現場の先生は本当に支持するのか。従来対応してきた児童相談所や少年院には専門のカリキュラムがある。それらの機関の職員を増やしたり、荒れた学校への力量豊かな先生の配置を増やす方が大事ではないか。
    出典 :東京新聞:問題生徒を隔離指導 橋下大阪市長が了承方針:社会(TOKYO Web)
     

    教育評論家の尾木直樹法政大教授(臨床教育学)は、暴力行為がひどい児童や生徒を緊急避難的に隔離せざるを得ないケースはあるが、一部の教育関係者だけでうまく管理できるというのは甘い考えだと指摘されています
    また、素行の悪い生徒同士の横のつながりを作ってしまうきっかけにもなるという懸念もされています

  • 問題児更生プログラムに対する子供世代の本音

  • この問題を子どもたちに質問したところ「隔離されるのは嫌だし、クラスの人が隔離されるのも嫌だ」と答えました。そこで、「君がいつもその生徒にいじめられていたらどう」と聞き直すと「離れられるとうれしい」。「君が隔離されたらどう」には「キレちゃうかも」と答えがありました。
    出典 :大阪市「問題児童隔離」は正しい決断か? | JIJICO [ジジコ] | 専門家による時事ネタコラム
     

    親にとっても子どもたちにとっても、自分の置かれた立場で答えが180度変わるようです

  • ドラマみたいにいかない。だから、問題児は放置。だってそういう体制にだし、っていう開き直りさえ感じる。 だから、制度を新たに作るしか無いのかも。問題児が放置されず向きあう体制ができれば、更正のチャンス有るし。結果犯罪や事件から遠ざけられるのでは?
    出典 :問題行動の生徒、「個別指導教室」を設け、“隔離”へ レベル1~5に分類 大阪市教委、来年度の導入目指す | ガールズちゃんねる - Girls Channel -
     

    校内暴力のひどかった学校や荒れた学校に通学中、通学していた人は賛成の意見が多いようです
    いまの教育現場での指導には限界があるとの意見も多く、またそんなレベルの問題行動の生徒を指導できる教師がいるのかという意見も多数です

  • 隔離って…ドラマでよくあるごくせんのような問題児クラス作るってことだよね?
    馬鹿じゃないの?? 生徒に問題あるのは親に問題あるんだよ  まず親の指導しろよ
    出典 :問題行動の生徒、「個別指導教室」を設け、“隔離”へ レベル1~5に分類 大阪市教委、来年度の導入目指す | ガールズちゃんねる - Girls Channel -
     

    ごくせんのヤンクミのような本気でぶつかってきてくれる教師が必要だとの意見も多数
    確かに教師側に力量がなく、ただの隔離教室になるのなら、悪化する危険が高いとは思います
    家庭に問題があるとしても、学校の先生でもいいので本気で自分のことを考えてくれる大人が必要だと思います
    問題生徒に対して本気で向き合える教師がいればいい案だと思うのですが

  • いじめに逢いたくないという理由で授業中に問題児生徒と話をしてしまう、教師に対して反抗的な態度を装ってしまう子供もいます。そんな子供が一番願っているのはこういう事じゃないでしょうか。
    出典 :大阪市が問題児ばかりを集めて校外教室に隔離するそうです。 主にレベル4(激... - Yahoo!知恵袋
     

    これはどういった世代の方の意見なのかは不明なのですが、こういう考えの子供も多いと私も思います。

  • 問題児更生プログラムに対しての子育て世代の本音

  • 問題児童生徒を「隔離」「排除」するという意識にはやはり賛成する気にはなれません。
    問題行動を起こす子どもの多くは何かに傷ついたり適切な環境になかったりする場合が多いのではないかと思います。悲しみは寂しさは怒りに繋がりやすいものです。
    出典 :橋下市長「問題児隔離」提案の続きと、中学時代の話。 - ADHD、愛着障害のある娘。~産んだ覚えはございませんが。
     

    この方は、ただでさえ屈折してる子供は「隔離」と呼ばれる措置に耐えられないという考えだとのことです

  • いいと思う。いじめで被害者が自殺しても、加害者は法で裁けないから安心しきってる子が多いだろし、悪い事をしたらこうなるという前提がある事でま少しは踏みとどまったり制御に繋がればいい
    出典 :問題行動生徒隔離 来春から 大阪|mama★sta ママ★スタジアム
     

    いじめ加害者にはぜひ徹底してこのプログラムを適用してほしいと私も思います
    隔離されたくないから踏みとどまるというのは根本的解決にはならないと思いますが、問題行動を起こす原因を究明し、更生させていくというのが理想だと思います
    人によっては腐ったミカンを排除するだけの制度というふうに捉えているようです
    ただ、疑問の声が上がっているように、そこまで指導できる教育者がいるのかというのももっともな意見だと思います