認知症は予防できる?ボケないために今からできる予防法。

若いときから行うことのできる予防法をレポートさせていただきます。

view344

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 認知症はお年寄りだけがなる病気だと思っていませんか?

  •  

    実は、若い方でも発症する可能性はあるのです。

  • 「若年性認知症」といって、働き盛りの40代ごろに発症する方も少なくありません。

  • 今からでも遅くありません!認知症の予防をしておきましょう。

  •  

    でも、認知症の予防ってどうすればいいのでしょうか?

  • 認知症の予防
    認知症は現在の医学では残念ながら完治が見込めません。代表的な認知症であるアルツハイマー病は一旦発症してしまうと病状は進行してしまいます。

    ただ、最新の医療では完治できないまでも進行の度合いを大幅に遅らせることができるようになって来ました。しかも発見が早ければ早いほど認知症の進行を遅らせる可能性は高くなります。

    そこで最も良いのは認知症を予防してしまうことではないかという考え方が多くなって来ました。
    出典 :認知症予防・今日からできる方法
     

    予防する以外に対策はないかもしれませんね。

  • まず、食生活を見直してみましょう。和食を中心にしているでしょうか?

  • 和食が良い理由

    認知症予防に良いと言われている食物はなぜ和食に多いと言われるのでしょうか?

    それは血液中のコレステロール濃度を低くして動脈硬化のリスクを下げてくれるDHA、EPAなどの不飽和脂肪酸が魚や、野菜に多く含まれるからです。

    魚DHAがイワシやサバなど青い背の魚、またマグロやブリ、うなぎ、鮭、すじこなどに多く含まれます。

    大豆製品 レシチンが多く含まれる。レシチンには血中コレステロールや中性脂肪を低下させる働きがあるとされています。

    納豆 ナットウキナーゼが血栓の主成分フィブリンを溶かす働き

    しいたけ 成分のエリタデニンがコレステロール値を下げる働きがある(エリタデニンは水に溶けやすいため戻し汁に多く含まれる) 
    出典 :認知症予防 食事
     

    DHAって認知症にも効果的なんですね。

  • 食生活を見直すだけでいいのなら、今日からやってみるべきですよね!

  • また、特に効果的なのは、夜に納豆を食べることです。

  • 特におすすめは夜ご飯の時に納豆を食べることです。テレビでも脳梗塞や動脈硬化の予防に良い食事としてよく取り上げられるのでご存じの方も多いと思います。特にあのネバネバがよいそうで出来れば100回くらいかき混ぜたほうが良いそうです。

    私も咀嚼の回数をいつも意識しながらと夜納豆を実践しています。そのおかげかどうか?年一回の健康診断でも中性脂肪、HDLコレステロールが正常値を示しています。
    出典 :認知症予防 食事
     

    以外な効果があるものですね。

  • また、周囲の方が優しく接するだけで、認知症の発症をおさえることができるのです。

  • スリーAでは「優しさをシャワーのように」とか「優しさのシャワー」とか、「優しさ」の方法を口が酸っぱくなるほど教えられます。惜しみないやさしさを、シャワーのように浴びた人は、ご自身が隣人に優しくかかわるように変わられるのです。グレーゾーンの方だけではありません。教室に携わる職員も、優しさがホンモノになっていきます。
    出典 :認知症予防 初期の認知症は優しさのシャワーを浴びれば戻ります
     

    イライラしていたら、他の病気にもなってしまいそうですよね。

  •  

    笑顔でふれあうことで、心からの健康を取り戻しましょう!

  • ボケないための環境づくりをみんなでやっていきましょう!