アルツハイマー予防のために今日からできる4つの対策

アルツハイマー予防のために、今日からできる4つの予防策を紹介します。

view506

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アルツハイマー予防の食生活

  • 体内でインスリンが増えすぎるとアルツハイマーになる確率が高まるそうです。

  • インスリンが増える大きな原因は炭水化物にあります。
    炭水化物の重ね食いや、高脂肪な食生活は改めましょう。
    また、和食がいい洋食がいいというわけではなく、あくまでも炭水化物が問題ですので、白米とうどんといった炭水化物の組み合わせは良くありません。
    出典 :ためしてガッテンで紹介 アルツハイマー病の原因と効果的な予防方法
  • 炭水化物を控えめにする

     

    代わりに野菜や魚といったおかずを増やせば、空腹感も満たせます。

  • アルツハイマー予防のための食事の準備

  • 料理を作る際は献立や必要な食材を考え、調理中にもあれこれと頭を使います。
    そのため、脳を活性化させる効果がありアルツハイマー病の予防に効果的です。
    出典 :ためしてガッテンで紹介 アルツハイマー病の原因と効果的な予防方法
  • 自分で作る(自炊する)

     

    調理は準備をする・手順を考えてその通りに進行するなど、頭を動かす要素がとても多いので、アルツハイマー予防に非常に効果的だそうです。
    慣れてくると違うメニューを試してみたり、アレンジを加えてオリジナルメニューを作る楽しさもありますよ。

  • アルツハイマー予防の運動

  • 体が丈夫でないとアルツハイマー予防もできません。

  • 日ごろから歩くように心がけ、寝たきりにならないようにすることが必要である。歩行の際は、正しい姿勢で転倒しないように焦らず歩くようにするのが良い。歩くことに限らず、運動は頭に適度な刺激を与え、血管の動脈硬化を予防する効果もあるので、手をよく使うなど、歩行以外にも適度な全身運動が普段から行うことが重要である。
    出典 :アルツハイマー予防の10ヶ条
  • 歩く・体を動かす

     

    ウォーキングが体にも負担が少なく、アルツハイマー予防にも効果的でベストだと言われてますが、足が痛いなど症状がある人は無理せず手先を動かすだけでも予防になるそうです。

  • アルツハイマー予防の心がまえ

  • 記憶するときは、まず脳に情報の登録が行われる。この際、注意が散漫になっていると、新しいことを見聞きしても情報が神経細胞に正確に入らなくなり判断も適切に行われないため、脳の老化が進んでしまう。逆に、興味や好奇心には前向きで積極的な注意の持続が必要なので、興味と好奇心をもつことは脳の老化防止につながり、アルツハイマーの予防効果がある。
    出典 :アルツハイマー予防の 10ヶ条
  • 好奇心を持ち続ける

     

    趣味や習い事に没頭するのもいいですし、洋服やインテリアなどに凝ってみるのもいいかも知れません。

  • 「もうトシだから」「最近のことにはついていけない」と言わず、マイペースで新しいものを楽しんでいけばいいと思います。