足の親指のしびれについて

足の親指の、しびれの度合い・使ってはいけない物・選ぶ病院など。

  • S 更新日:2014/02/20

view262

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 通常の「しびれ」と、深刻な「しびれ」があります。
    どちらなのかにより、対処法も変われば症状も異なります。

  • 大したことないしびれ

  • 正座や無理な姿勢を長時間続けると、足の指に負担がかかります。
    ただ「しびれただけ」と思いがちであり、確かになんともないケースが殆どです。

  •  

    正座自体は悪いことではないですが。。。

  • 大したことある(病気が考えられる)しびれ

  • 「しびれ」が長時間続いて全く回復されない場合。
    何日も続くなら、病気の可能性があります。

  •  

    指はどれも大事ですが、「親指」なだけあって、その指が一番重要な役割があります。

  • 以下、危険要素!

  • 幅が狭い靴

  • 幅の狭い靴を履くと、親指は付け根から人差し指側に向かって、大きく曲がってしまいます。
    もちろん「しびれ」だけでなく、痛み・麻痺も伴います。

  •  

    パーティー等でやむなく履く必要ある場合を除いては、極力避けるのが無難。

  • 履いたあとの状態確認も大事!

  • ヒール履いた後はチェック!

  • やむなく先が尖っているハイヒール・パンプス、幅狭い靴を履いた場合。
    帰宅したらすぐに足の親指の状態をチェックしましょう。

  •  

    変形していたら病院へ!

  • 親指の巻き爪かな?パンプス履いて定期的に傷むとこがめっちゃ痛いのにいつも忘れて朝ヒールのあるパンプス履いちゃう
     

    履き続けても痛いだけなので、慣れる前にやめた方が良いです!

  • 病院行くなら整形外科

  • 痛風や腰椎ヘルニアなども考えられます。
    気になるほどの痛み・しびれがあるなら、整形外科で受診しましょう。