にきび跡を正しく治しましょう!

にきび跡って残るとショックですよね。
どうしてニキビ跡はできるのでしょうか。その原因を探ってみましょう。
そして残ってしまったニキビ跡を治す方法もご紹介します。

view174

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • にきび跡ってどんなもの?

  • <1>赤みがポツンと残るタイプ
    <2>色素沈着が残るタイプ
    <3>凸凹のクレーターが残るタイプ
    出典 :3つのニキビ跡の種類
     

    ニキビのタイプは大まかにいうと、この3つタイプがあります。

  • 1.赤みがポツンと残るタイプ

     

    この様な跡がずっと残るのは絶対に嫌ですよね。
    基本的には、肌のターンオーバーで解決するレベルです。
    しかし、この状態で放置してはいけません。正しいスキンケアを行い、清潔な状態を意識しましょう。

  • 肌の内部に炎症が残っていて赤くなっているパターンと、炎症によってうっ血して赤くなっているパターンがあります。
    基本的には肌のターンオーバー(表皮の新陳代謝)が行われることによって解決するレベルです。
    出典 :3つのニキビ跡の種類
     

    基本的な生活習慣を見直すことで肌トラブルが改善するパターンであれば、気が楽ですね。

  • 2色素沈着が残るタイプには2種類あるようです。

  • 色素沈着タイプのニキビ跡は2種類あるのです。

    それぞれの原因が異なるため、自分の色素沈着がどのタイプにあたるのか
    しっかり確認しましょう。
    出典 :3つのニキビ跡の種類
     

    色素沈着タイプのニキビには2種類あって・・・編集中。

  • 自分の肌にあったニキビケアをしましょう。

  • ニキビの基本ケアというと、洗顔、そして保湿です。
    洗顔でお肌をクリーンな状態に導き、クリーンになったお肌に美肌成分、美容成分をたっぷり、そして水分をしっかり与えることが健康的なお肌にするための基礎ケアとなります。
    出典 :ニキビが出来た時の対処法|ニキビ跡対策スクール
     

    基本は洗顔と保湿で、常にきれいな状態を保つことが大切なのですね。

  • 大人ニキビの場合には、同じ場所に繰り返してニキビを作ってしまう傾向があります。これが大人ニキビがニキビ跡になりやすいという原因です。早めに対策をして何度も同じ場所でニキビを繰り返さないということが、とても大切だということがいえます。
    出典 :ニキビ跡はなぜできるのか
     

    大人のニキビは正しい知識を持ちニキビが出来やすい場所を把握し、早めの対処が大切なのですね。

  • にきびが出来てしまったら・・・

  • ニキビを無理につぶすことで、皮膚の再生が間に合わず、ニキビ痕となって残ってしまいます。
    絶対にやってはいけないと知っていて、つぶさずにきちんとケアしていても、ニキビ跡が残ってしまうなんて経験ありますよね?

    出来てしまったニキビ跡の悪化させないために気を付ける事。

    ニキビ跡を治す方法をまとめました。

  • 出来てしまったにきび跡

  • ニキビ跡

     

    ニキビ跡ができてしまうと、外を歩くのも億劫になりますよね。

  • ニキビ跡を治すには、ターンオーバーを促進させる必要がある為に身体を動かしましょう。

  • ターンオーバー

  • 適度な運動

     

    軽いウォーキングやランニングなど、自分にあった軽い運動を毎日無理なくやると良いでしょう。

  • 皮膚に塗布したとき、皮膚の皮脂にバリアされてしまい、肌への九州はほとんど期待できないといわれています。
    出典 :ニキビが出来た時の対処法|ニキビ跡対策スクール
     

    九州?吸収だと思いますが、そこは気にしないようにしましょう。

    ビタミンCを皮膚に直接塗布したとしてもほとんど吸収されません。

    ですから、口から栄養を摂るか、病院で注射をしてもらう

  • 大人ニキビでは、思春期にできるニキビと比較してニキビ跡になりやすいといわれています。
    思春期のニキビにしろ大人ニキビにしろ、ニキビ跡にはならずに元の肌にもどる場合と、ニキビ跡になってしまう場合とがあります。
    出典 :ニキビ跡はなぜできるのか
     

    元の肌に戻ってくれればいいのですが、ニキビ跡になると、ショックですよね。