頬の赤みやかゆみの治し方!アトピー肌や乾燥肌、敏感肌の方は肌トラブルを治しましょう

頬の赤みやかゆみの治し方をまとめました。アトピー性皮膚炎の方、敏感肌、乾燥肌の方は少しの刺激でも肌が痛みがち。一度赤みやかゆみが出るとなかなか改善しにくいため、正しいスキンケアの方法を実践してみましょう。

view103

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 頬の赤みやかゆみ

  • 頬の赤みやかゆみってどうしてできるの?肌が弱い人が合わないスキンケアをしていたり、過剰なケアで肌を痛めがちなんです。きちんと正しいお手入れを心掛けたいですね。

  • アトピー肌の赤みやかゆみ

  • アトピー性皮膚炎の肌

     

    アトピー性皮膚炎の方の肌は、元々刺激に弱くなっています。セラミドが少なく外界からの刺激物が進入しやすく、それにより肌荒れやかゆみ、乾燥などが起こり、掻き壊すことで更に症状が悪化します。
    バリア機能が弱っているため、刺激が少ないスキンケアを心掛ける必要があります。また、一度かぶれが生じると炎症が治まりにくいため、病院で処方された塗り薬で治すのもひつの方法になります。

  • 敏感肌の肌の状態

  • 肌が刺激に弱くなっている状態

     

    敏感肌の方もアトピー性皮膚炎まで症状はひどくないものの、同じようにセラミドが少ないなど肌の乾燥がすすみ、痒みや赤みが出やすい状態です。重症化するまえに優しいスキンケアに切り替え、肌のコンディションを改善させましょう。
    また、過剰なスキンケアによって皮膚が薄くなっているのも原因のひとつとなります。

  • 乾燥肌の人も同じように肌のバリア機能が落ちています。保湿力が落ちると外界からの刺激を受けやすく、酷くなるとかゆみや赤みに発展します。肌の水分量が不足しやすい秋や冬、夏でのエアコンの環境で乾燥しやすい方は保湿力を高めることが重要です。

  • 肌の炎症は繰り返しなりやすい

  • 肌の炎症は一度なると繰り返し起こりがち

     

    肌が炎症を起こす仕組みは、皮膚が薄くなりバリア機能が弱っているからです。すると免疫力が過剰に働き、自分の皮膚まで攻撃してしまうため炎症が繰り返し起こるのです。肌が薄い状態を改善できなければ、この悪循環は続くため注意しましょう。
    一度この炎症をリセットする必要があります。皮膚が薄くなっている原因を避け、角質を元に戻すことからはじめましょう。

  • まずは洗顔料の見直し

  • 肌が過敏な方は水洗顔のみで

     

    肌が赤くなっていたり痒みを伴うなら、既に肌は外界からの刺激に弱くなっています。洗顔フォームなどは避け、水だけで洗うようにしましょう。これらの人は元々肌の油分も少ないため、石鹸で洗わなくても問題ありません。
    メイクをする必要がある場合は、夜だけ優しい洗い心地のクレンジングを利用すると良いでしょう。オイルクレンジングより、ミルクタイプのほうが肌には優しくなっています。

  • 洗顔の際に石鹸を付けたいなら、固形石鹸のみでOKです。洗顔フォームよりシンプルな石鹸のほうが合成界面活性剤が少なく、洗い上がりも潤いが残りやすくなります。選び方は無添加の固形石鹸を選ぶことです。

  • スキンケアはセラミドがおすすめ

     

    スキンケア商品は刺激の少ないもので、セラミドが配合されている商品にしましょう。
    セラミドは肌に元々ある成分で、肌の内側に水分を保水する働きをしてくれます。アトピー肌や敏感肌の人は元々この成分が少なく、炎症によって更に水分が蒸発しやすくなります。スキンケアでセラミドを補うと、外界からのバリア機能を少しずつ高めることができます。

  • 大人の肌はアレルギーを起こしやすい

  • ストレスに注意

     

    大人の女性はストレスや過労などで肌が敏感になりがちです。これらの原因を取り除くことも重要ですが、急に肌の体質が変わってきたと思ったら、スキンケア方法の見直しの時期です。
    いつも使っていたスキンケアが合わなくなることもあるため、低刺激タイプに変えましょう。徹底的にアレルゲンとなる物質を避け、更に免疫力を高めるために腸内環境を整えたり、十分な睡眠を心掛けてみてください。