健康管理に役立つ!「いびきの原因」を知っておこう!

いびきの原因を知っておこう!改善に役立つ事間違いなし!?いびきに悩む人が多いのです

view139

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • いびきには2種類ある

  • ●単純性いびき
    鼻づまりや疲労、飲酒、風邪などが原因の一時的ないびき。原因を取り除けばいびきは解消します。
    出典 :怖い病気が隠れていることも いびき | カラダの豆事典 | サワイ健康推進課
  • ●睡眠時無呼吸を伴ういびき
    常時いびきがあり、他人から指摘されるほどの騒音。放置しておくと睡眠時無呼吸は悪化し、様々な重病を合併し、交通事故を起こしやすくなります。生存率、つまり寿命にも関係するといわれています。
    出典 :怖い病気が隠れていることも いびき | カラダの豆事典 | サワイ健康推進課
     

    寿命に関係するのは怖いですね

  • いびきの原因

  • 肥満になると、体の外などの見える部分だけでなく、体の中にも当然、脂肪が付き、もちろん首周りや上気道の内側にも脂肪が付きますので、上気道が狭くなってしまい、その結果、呼吸をした時の空気抵抗が大きくなるために、のどの粘膜の振動が増し、いびきをかきやすくなってしまうのです。
    出典 :いびきの原因 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!
     

    いびきをかきやすくなってしまうのですね・・・

  • いびきの大きな原因の一つ「口呼吸」。実際、イビキをかく人のほとんどが口呼吸をしている、または口をあけたまま寝ているといわれるほど、いびきと口呼吸は密接な関係があるのです。
    出典 :いびきの原因 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!
  • 仰向けで寝ると舌がのどに落ち込みやすくなったり、口の奥の粘膜の柔らかい部分が重力で下がってしまいますので、その結果、上気道が塞がったり、狭くなってしまい、呼吸をした時の空気抵抗が大きくなるために、のどの粘膜の振動が増し、いびきをかきやすくなってしまうのです。
    出典 :いびきの原因 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!
  • 横向きに寝ていると

     

    いびきは問題なくならないのです。最初に横向きで寝ていても仰向けになる場合がありますが、少しの軽減になると思います。ちょっとした知識として覚えておきたいですね

  • 状況も関係している

  • 普段はいびきをかかないのに、特別なときだけいびきをかくことがあります。肉体的あるいは精神的な疲れが溜まってくると、それを回復しようとして深い睡眠が多くなります。舌やのどの筋肉は、深い睡眠のときに最も緊張がなくなるので、舌がのどに落ち込んで気道が狭くなり、いびきをかきやすくなります。
    出典 :いびきの原因 [不眠・睡眠障害] All About
  • お酒を飲んだときにだけ、いびきが出る人もいます。二日酔いの日には顔がむくみやすいように、アルコールは体に水分を貯める働きがあります。酔って眠っているうちに、のどもむくんできて気道が狭くなるため、いびきをかいてしまうのです。また、旅行や出張でホテルに泊まったときだけ、いびきを指摘される人もいます。
    出典 :いびきの原因 [不眠・睡眠障害] All About
     

    こんな状況も関係がある場合も!

  • 若い女性にも多い!

  • 2001年に発表された「いびき白書」(エスエス製薬)では、15%にのぼることがわかりました。自分のいびきに気がついていない人もいるので、実際にはもっと多いでしょう。また、いびきは年配の女性に多いといわれてきましたが、20代~30代の若い女性たちにも多いことがわかっています。
    出典 :「いびき」の解消に取り組んでみませんか?
  • 睡眠時無呼吸症候群に注意

  • 睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome 以下SAS)とは、睡眠中に呼吸が停止する状態(無呼吸)や止まりかける状態(低呼吸)が何度も繰り返される病気です。一般に、無呼吸・低呼吸が1時間に5回以上認められます。呼吸が止まるたびに脳が短時間覚醒するため、眠りが浅くなってしまいます。
    出典 :怖い病気が隠れていることも いびき | カラダの豆事典 | サワイ健康推進課
  • 重症のSASは死亡率を約4倍に上昇させるというほど、寿命に関係します。まず、日中の強い眠気が、居眠り運転や労働災害につながります。2003年に起きた新幹線の運転士さんの居眠り運転による事故は、SASが原因であることがわかっています。さらに、SASと生活習慣病の関係が明らかになっています。
    出典 :怖い病気が隠れていることも いびき | カラダの豆事典 | サワイ健康推進課
     

    注意したいですね

  • お酒は

     

    お酒はのどの筋肉をゆるめ、気道の閉塞を起こしやすくします。また水分で舌も大きくなり鼻づまりもしやすくなります。寝酒は止めましょう。