撮影映えメイクで好感度をグッと上げてみませんか?

撮影映えメイクのテクニックをご紹介します。
カメラで撮影したときに、どう見えるかはとても重要なポイントになります。
特に就職写真では、その後の進路を決める重要度の高いものになるため、好感度のある写真でなければなりません。

view42

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • こんな経験ありませんか?

  • 証明写真を取ってみたら、顔がのっぺりしていた。

     

    証明写真を取ってみたら、出来あがりにがっかりすることはありませんか。

    こんな写真では、就職活動などにも悪影響がありそうと思うことはありませんか。

    鏡で確認したときは、メイクは完璧だったのに、どうしてカメラで撮影した後の写真は綺麗にとれないの?

  • できあがった写真は平面だからこそメイクは立体的に見せることが大切なのです。

     

    できあがった写真にがっかりすることは、誰でも体験することではないでしょうか。

    実物よりも顔の凹凸が少なく、のっぺりとした印象に見えてしまうことはありませんか。

    写真映えするメイクの方法は、とにかく立体的にメイクをすることにつきます。

  • 撮影映えメイク

  • 写真映えメイクのポイントとは

     

    立体的に見せるテクニックに使用するのは、コンシーラーです。

    写真は平面の世界であるため、できるだけフラッシュが当たった時に顔が立体的に見えるように計算しながらメイクをするとよいでしょう。
    コンシーラーを入れる位置は、あごや、目の下、口角、眉の間、頬骨、鼻の周りです。

  • 撮影映えメイクは、カメラ撮影をする前にしっかりとフラッシュの機能について調べておきましょう。

    夏場は化粧崩れしやすいので、撮影をする前に必ず化粧直しをしておくとよいでしょう。
    肌がテカっている場合、写真で写った姿もテカって見えます。

  • 写真映えするファンデーションの塗り方とは!?

  • 極意その①
    ファンデーションを塗る時はメリハリをつけるようにして塗ること

    白色のハイライトや茶系のチークで陰影をつけると、メリハリが生まれます。

    極意その②
    厚塗りにしないこと。

    厚塗りにすると、顔が平らに見えるため、写真写りに悪影響がでてしまう。

    極意その③
    ファンデーションは自分の肌より少し暗めの色を選ぶようにする

  • 撮影映えメイク☆眉の描き方

  • 薄めよりは濃いめがよい

     

    眉を描くときは、薄めよりは、濃いめにしっかり描くことが大切です。
    フラッシュが当たると光が反射するため、眉が写真にしっかり写らないことがあります。
    そこで、いつもの眉よりもはっきりめに描くのがポイントなのです。

  • 目元の描き方☆

     

    目はいつものメイクよりも濃いめに描くのがポイントです。
    アイラインを入れたり、まつげをビューラーでカールさせ、マスカラもしっかりと塗っておきましょう。

    下まぶた部分もラインを入れておくのを忘れずにしましょう。

  • リップメイクの仕方

     

    輪郭をしっかり描くと写真映えできます。
    リップライナーを用意し、輪郭部分をしっかり描いていきます。
    その後口紅を塗り、最後にグロスを塗って完成です。

  • チークは少し濃いめに塗るのがポイントです。

     

    普段のメイクではチークは薄めにつけている方もいることでしょう。
    しかし写真写りをよくするには、チークは少し濃いめに塗るのがポイントです。

    また写真を撮る前に化粧直しをするのであれば、チークをさらに重ねると綺麗に撮影することができますよ。

  •  

    写真撮影が映えるメイクテクニックは、プライベートでも応用することが出来ます。

    就職活動をするために、必要な証明写真を撮る以外にも、旅行先でのスナップ写真撮影にも応用ができますよ。

    写真を撮る前に、少しだけポイントメイクをしっかり描きたすだけで、陰影のある顔を作ることができるので、出来あがった写真を見て満足すること間違いなしです。