肌悩み別ベースメイク!コントロールカラーで赤み・ニキビ跡を消して綺麗な肌に

赤ら顔の人や、ニキビ跡が目立つ人はベースメイクが難しいですよね。でも、コントロールカラーで赤みを消すことができます。
自分にあうコントロールカラーを選んでベースメイクを綺麗に仕上げましょう(*^^*)

  • ssay 更新日:2014/11/15

view141

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • あなたの肌の悩みは・・・?

     

    赤ら顔、ニキビ跡が目立つ、クマがひどいなど、肌の悩みは沢山。
    でも、なんとか綺麗な肌に見せたい!と思ってファンデーションを厚塗りしても逆効果です。
    そんな悩みを解消してくれるのが、コントロールカラーなんです。

  • コントロールカラーって何?

  •  

    コントロールカラーは、化粧下地の一つで、ファンデーションを塗る前に顔の気になる「色」を補正するためのアイテムです。

  • コントロールカラーは肌をより綺麗に見せてくれます。

     

    ファンデーションは、肌の悩み(毛穴の凹凸、シミなど)をカバーしてくれますよね。
    隠すのが主体のファンデーションで、コントロールカラーは、色の組み合わせで色調を補正していくという方法です。なので、ファンデーションを厚塗りするよりもナチュラルな仕上がりになります☆

  • コントロールカラーで赤みを消す方法。

  • グリーン系

     

    赤ら顔な人、小鼻のまわりの赤みが目立つ人、ニキビ跡が赤くなっている人にはグリーン系のコントロールカラーがおススメです。

    赤みのある部分にグリーンを塗ると、肌が白く見えます☆
    でも顔全体に塗り過ぎると白くなりすぎてしまうので、気になるところだけに部分使いしましょう。

  •  

    キスミー トーンアップベース クリアグリーン  ¥600

    透明感のある肌に仕上げてくれるベース。くすみもカバーしてくれます。

  • その他、肌の悩み別!コントロールカラーの選び方★

  • 肌の色に対するお悩み別のコントロールカラーを紹介します。

  • クマ・そばかす・くすみ

  • イエロー系

     

    クマが目立つ人、シミやそばかすが気になる人、くすみがちの人はイエロー系のコントロールカラーを選びましょう。肌の色を健康的に見せてくれます。

  •  

    フリープラスフリーソフトニュアンサー  ¥2500
    柔らかいテクスチャーで、乾燥しやすい冬にぴったり。

  • 顔色が悪い

  • ピンク系

     

    顔色が悪い人は、ピンク系のコントロールカラー選びましょう。
    ピンク系は、血色のいい明るい肌に見せてくれます。

  •  

    フューチャーサイエンス ニュアンスコントロール ベース  ¥3200
    ピンクパールで自然に顔色を良く見せてくれるベース。
    美容液のような付け心地で伸びもよく、乾燥しにくいタイプです。

  • 肌に透明感がない、くすんでいる

  • パープル系

     

    パープル系は、ぱっと明るい透明感のある肌に見せてくれます。
    地黒の人にもおすすめです。付け過ぎには要注意です!少量を薄くのばして使いましょう。

  •  

    エルシア コントロールベース  ¥749
    肌の色をワントーン明るく見せてくれます。

  • コントロールカラーの使い方について。

  • まずはしっかりと保湿

     

    乾燥しやすい今からの時期はとくに丁寧な保湿を。
    化粧水をコットンに染み込ませてコットンパックを一分ほどするだけでも化粧のノリが違いますよ♪

  • コントロールカラー(下地)はパール一粒分くらい

     

    付け過ぎると白浮きするので、コントロールカラーの意味がありません。
    パール一粒分の量で充分です。
    目元などの部分使いの場合は、この半分の量で。

    コントロールカラーは顔色を調整するものです。
    顔全体にたくさん塗る必要はないので、少量をムラなくぬることが大切です。
    特に、目の下や口周りは、化粧品くずれしやすい場所なので、薄く塗るようにしましょう。

  •  

    肌の悩み別に合うコントロールカラーを使い分けると、ベースメイクがより綺麗に仕上がり、美肌に見せてくれます☆肌の悩みやトラブルは体調によって変化するので、何種類か持っておくと便利です。
    自分に合う色や、使うべき色を判断できない時は美容部員さんに相談してみて下さい。