突然発作が発症する「パニック障害」

女性に多い病気「パニック障害」
どのような症状がでるのでしょうか!?

view246

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • パニック障害

  • パニック障害とは

     

    突然パニック発作が発症する状態で、20代から30代の女性に多いです
    パニック発作は、交感神経が異常に興奮して、ノルアドレナリンが過剰分泌されることで発症します

  • パニック発作といわれる、急性の強い不安の発作を繰り返す症状を特徴とする病気です。
    出典 :パニック障害 - goo ヘルスケア
  • パニック障害とは、・胸がドキドキして息ができない ・・・・このまま死ぬんじゃないか・・・・気が変になりそう・・・ という強い不安になり、突然激しい発作におそわれる症状のことを言います。
    出典 :パニック障害の原因・症状と治療法
  • 原因

  • パニック障害を引き起こす原因にはストレスや過労といった生活環境や遺伝、性格なども影響していると考えられていますが、発作は前触れなく突然起こります。
    出典 :パニック障害(症状/検査/治療)
     

    前触れがないのですね

  • 実験的な研究から、パニック障害の患者さんは、乳酸、炭酸ガス、カフェインなどに過敏で、発作が誘発されやすいことがわかっています。過労、睡眠不足、かぜなどの身体的な悪条件や、日常生活上のストレスなど、非特異的な要因も、発症や発作の誘因(引き金、きっかけ)になることが知られています。
    出典 :パニック障害 - goo ヘルスケア
     

    カフェインにも過敏になるのですね

  • 症状

  • 症状

     

    発作は短時間で終わりますが、症状には激しい不安症状、動悸、胸痛、窒息感、めまい、ふるえ、発汗、吐き気などがあります。パニック発作は突然起こり、以前起こった状況や場所では再度発作がおきやすくなるようです
    パニック発作で死亡することはありませんが、日常生活に生活をきたす可能性があります!

  • 突然の激しい動悸(どうき)、胸苦しさ、息苦しさ、めまいなどを伴う強い不安と、死ぬかと思うほどの恐怖に襲われ、多くの患者さんは心臓発作などを疑って救急車で病院へかけつけます。
    出典 :パニック障害 - goo ヘルスケア
  • 1,動悸 ・ 心悸亢進 ・ または心拍数の増加2,発汗3,身震い ・ またはふるえ
    4,息切れ感 ・ または息苦しさ5,窒息感
    出典 :パニック障害の原因・症状と治療法
  • 6,胸痛 ・ または胸部不快感7,嘔気 ・ または腹部の不快感8,めまい感 ・ ふらつく感じ ・ 頭が軽くなる感じ ・ または気が遠くなる感じ9,現実感消失(現実でない感じ) ・ または離人症状(自分自身から離れている)
    出典 :パニック障害の原因・症状と治療法
  • 10,コントロールを失うことに対する、または気が狂うことに対する恐怖
    11,死ぬことに対する恐怖12,異常感覚(感覚麻痺またはうずき感)13,冷感または熱感
    出典 :パニック障害の原因・症状と治療法
  • 治療法

  • 薬物療法では抗うつ薬や抗不安薬、β遮断薬などを用いて発作を抑え、心の不安を軽減します。
    精神療法の1つには認知療法があります。認知療法はパニック障害を引き起こすストレスなどの原因に対して、認識を改めていきます。
    出典 :パニック障害(症状/検査/治療)
  • 抗不安薬(ベンゾジアゼピン誘導体:ソラナックスなど)や抗うつ薬(SSRI〔パキシル、ジェイゾロフト〕など)、その他を使ってパニック発作が起こらないようにする治療を行います。
    出典 :パニック障害 - goo ヘルスケア