呼吸すると背中痛みがあるのはなぜ?肋間神経痛の原因について

呼吸すると背中痛みがあるのは、病気による影響かも知れません。
こんな症状がある人は病院へ行きましょう。

view112

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • こんな症状に注意!

  • •胸に発作的に痛み(激痛)がある
    特に呼吸に合わせて痛むことが多い。物を持ち上げる時にも傷みやすい。発作はきわめて短期間。
    •息を吸ったり、深呼吸をしたときに背中が痛む
    出典 :背中の痛みの原因 〜 『肋間神経痛』
     

    このような症状を感じている人は病院へ行きましょう。

  • 「肋間神経痛」とは、肋骨(あばら骨)の間を帯状に走り、広範囲に分布する知覚神経である「肋間神経」が、骨に触れたり、神経が圧迫・刺激されたりして痛みが起こるものです。
    出典 :背中の痛みの原因 〜 『肋間神経痛』
     

    呼吸すると背中痛みがあるのは、肋間神経痛という症状です。

  • 肋間神経痛の主な症状としては、片側に激しい痛みが起こることが多く、 背中の痛みが呼吸で強くなったり、咳で痛みが強くなり、 症状がひどくなると痛みで会話が出来なくなるほどです。
    出典 :背中 痛み 呼吸 | 背中 痛いナビ
     

    症状を放置していると、次第に悪化していきます。

  • 呼吸すると背中痛みを感じるのはストレスが原因?

  • 原発性 肋間神経痛の原因は、よくあるのが筋肉の使いすぎ・疲労・ストレスや、不自然な姿勢を長時間とったために神経が筋肉・骨に挟まれたり締め付けられたりして、痛みが起こるというものです。
    出典 :原発性肋間神経痛について-肋間神経痛.net
     

    このようなことが原因の場合、体を休める・ストレス発散などが治療法となります。

  •  

    ストレスや疲れは、背中や胸の痛みを引き起こしてしまうのです。

  • 呼吸で背中痛みを感じるのは外傷が原因?

  • 外傷が原因の場合は、肋骨の骨折やヒビ、感染、外部からの圧迫、 寒冷などによる神経炎などです。
    出典 :背中 痛み 呼吸 | 背中 痛いナビ
  • 肋骨骨折が原因で肋間神経痛となっている可能性が考えられる場合は、自分で肋骨を指で触ってみましょう。もし肋骨が骨折している場合には、骨折している部位触ると痛みがあるはずです。
    出典 :肋骨骨折が原因の肋間神経痛
     

    骨折が疑われる場合は、まずセルフチェックをしてみましょう。

  • 呼吸すると背中痛みを感じるのは病気が原因?

  • 肋間神経痛が病気の初期症状として現れる場合は、結核、梅毒、腫瘍、 梅毒性脊髄膜炎、脊髄腫瘍、大動脈瘤、胸膜炎などの病気が原因として考えられます。
    出典 :背中 痛み 呼吸 | 背中 痛いナビ
  •  

    このように重大な病気であることも考えられるため、速やかに病院へ行きましょう。

  • また、肋間神経痛は水疱・帯状疱疹ウイルスで引き起こされる 帯状疱疹が原因になる場合もあります。
    出典 :背中 痛み 呼吸 | 背中 痛いナビ
  • 帯状疱疹ウイルスが原因の肋間神経痛の症状の特徴としては、
    ・持続性の痛み
    ・赤い発疹や水ぶくれが現れる
    などがあります。
    出典 :帯状疱疹ウイルスが原因の肋間神経痛
     

    背中の痛み以外の症状をチェックしてみて下さい。