TV「金スマ」で話題の『ふくらはぎ健康法』で高血圧対策を!

TV「金スマ」で話題の『ふくらはぎ健康法』で高血圧対策を!

高血圧に悩んでる女性って以外と多いの、知ってました?
あ、あなたももしかして・・・そうなんじゃ?
でも、食事制限や運動なんてちょっと…面倒ですよね。
そんなあなたにオススメなのが、
「ふくらはぎ健康法」!
ふくらはぎを揉むだけなのです!

view1148

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ふくらはぎは「第二の心臓」

  •  

    実はふくらはぎは、「第二の心臓」と呼ばれるほど、全身の血流を左右する急所として知られています。 血液は、主に心臓のポンプ作用によって動脈を通って全身に送られた後、静脈を通って心臓に戻ってきます。 しかし、心臓から最も遠い足の静脈では、心臓のポンプ作用はほとんど役に立ちません。 しかも足先の血液は重力の影響を強く受けるため、心臓に戻りにくくなっています。 そんな足の静脈血の流れを促しているのが、ふくらはぎの筋肉によるポンプ作用です。

    引用)http://kajiro.org/kouketsuatsushoutaisaku/undou/undou02.html

  • 立ったり座ったり、あるいは歩いたりすると、ふくらはぎの筋肉が収縮と弛緩を繰り返し、 周囲の血管を刺激して血流を促します。こうしたふくらはぎのポンプ作用によって、 下半身の血液が上半身に押し上げられるのです。 ふくらはぎのポンプ作用の仕組みは、まるで牛の乳絞りのように見えることから「ミルキング・アクション」とも呼ばれています。 ふくらはぎのポンプ作用が衰えると、足の静脈血の流れが悪化して、ひいては全身の血流も滞ってしまうのです。 実際、高血圧の人はふくらはぎの筋肉が固くなっている例が指摘されています。
    出典 :高血圧対策の運動「ふくらはぎ強化」
     

    乳搾りにも見えるんですね!あなたのふくらはぎ、固くなっていませんか?

  • 血管の「アンチエイジング」になるのです!

  • ふくらはぎをケアすることの意義

     

    ふくらはぎは、全身の血液循環を促進するだけでなく、「血管の老化」を防ぐとも言われています。ふくらはぎをケアし「ミルキングアクション」を促すことは、全身の血行改善や健康維持にも役立ちます。

    引用)http://fukurahagi-tao.com/about/fukurahagi.html

  • どんな風に揉めば良いの?

  • ①ふくらはぎの内側

    ・ひざを横に倒す
    ・内くるぶしの骨の際から膝の下にむかって指で押す
    ・指で押すときは右手と左手の親指を重ねて、下の親指を上の親指で体重をかけながら押すようにする。押すときは息を吐きながらおこなう。
    ・息を吐き切ったら、息を吸い、3cmから4cmの間隔でひざ下までを押していく。自分の呼吸に合わせて行なう。
    ・これを2回繰り返す。
    出典 :ふくらはぎもみの効果と槙孝子さん流のもみ方!血圧にも効果的
     

    以外とカンタン!もみもみしちゃおう!

  • ②ふくらはぎの中央:アキレス腱からひざ下までを同じように息を吐きながら押す。軽く痛いくらいの力で押す。これも2回行なう。

    ③ふくらはぎの外側もくるぶしの横から息を吐きながら同じように押す。これもひざ下まで2回繰り返す。
    出典 :ふくらはぎもみの効果と槙孝子さん流のもみ方!血圧にも効果的
     

    ちょっと痛いぐらいが丁度良いのです♪

  • 長生きするための「ふくらはぎマッサージ術」

     

    ①椅子に座る
    ②左の膝に右のふくらはぎを軽く乗せる
    ③そのまま右足を上下に動かし、ふくらはぎの中央をマッサージ
    ④ふくらはぎの位置を外側、内側とずらし膝でもんでマッサージ
    ⑤慣れてきたら足首回転運動も加える
    ⑥左のふくらはぎも同様に行う。マッサージは各30秒ずつ

    引用)http://kantandaieto.info/1114.html

  • 足首ストレッチ

    1. あおむけの姿勢になって足首を動かします。
    2. あおむけに寝て、つま先をピンと伸ばします。
    3. 次に足首を曲げてつま先を出来る限り起こします。
    4. このストレッチ運動を繰り返し行います。
    出典 :ストレッチには高血圧の改善効果が!?その手順とは?
     

    足首ストレッチをすることでも「ふくらはぎ」を刺激!効果があるそうですよ♪

  • 血管を広げるホルモンが多く出る

  • ふくらはぎマッサージを行うと、その場で血圧が下がります。これはどうしてなのでしょう。 私たちの体内を巡る血液は、その70%が、下半身に集まっています。 足に運ばれた血液は、ふくらはぎの筋肉の「ポンプ作用」のおかげで、重力に逆らって心臓に送り戻されます。 しかし、ふくらはぎの筋肉が硬い人、筋肉量が少ない人、足に冷えがある人などは、ポンプ作用が弱いので、 静脈の血流が悪くなりがちです。そこで、ふくらはぎを揉んで、ポンプの働きを助けてあげます。 すると、スムーズに上半身に血液が戻るようになり、全身の血行が良くなるのです。 また、心臓へ戻る血液の量が増えると、「心房性ナトリウム利尿ペプチド」という、 心房(心臓の上側の器官)から出るホルモンが、多く分泌されるようになります。 これは利尿をもたらすホルモンですが、血管を拡張する作用もあります。 当然血流はよくなりますから、このホルモンの分泌は血液の調整にも重要というわけです。
    出典 :高血圧対策に「ふくらはぎマッサージ」
     

    血流が良くなって利尿作用も?体にたまった不要物も排出されてキレイになれそう!

  • 高血圧だけじゃない!色んな健康効果があったのです!

     

    ふくらはぎ健康法で期待できる効果は、血圧改善による心臓や腎臓の負担軽減、酸素や栄養が全身に行き渡ることによるデトックス効果、基礎代謝が高まってのダイエット効果、細胞が若返る美容・アンチエイジング効果、免疫力が高まることでがんや感染、アトピーや花粉症などの病気予防など広範囲に及ぶ、という事です。

    引用)http://kantandaieto.info/1114.html