大人だって感染!ロンブー敦も患ったアデノウイルスとは?

大人だって感染!ロンブー敦も患ったアデノウイルスとは?

プール熱の原因でもあり、
子供が感染するウイルスというイメージが強かった「アデノウイルス」
実は、大人も例外なく感染し、
その感染力も強いそうです。

そんなアデノウイルスの症状、対策についてまとめてみました!

view2014

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アデノウイルスって?

  •  

    アデノウイルスは、大きさが直径75nm~80nm。DNA遺伝子をもち、カプシド(正20面体)構造体をもっている小さな球形粒子状のウイルスです。アデノウイルスはライノウイルス等とともに「風邪症候群」を引き起こす原因となる比較的多く見られるウイルスの一種です。アデノウイルス細胞の表面には12本のアンテナ様の突起が見られ、たんぱく質でできた殻状のカプシドに包まれており、たんぱく質と脂質で構成されるエンベロープは保持しておりません。

    引用)http://www.senpukukikan-navi.com/expression/adeno-virus.html

  • インフルエンザウイルスはあまりにも有名であるため、知らない人はいませんが、このアデノウイルスはインフルエンザウイルスの次に人の体から検出される頻度が高いのです。インフルエンザは、ご存知のように圧倒的に冬場に多く、症状も高熱、関節痛、全身倦怠感などが特徴的です。これに対して、アデノウイルス感染症は特に季節性がなく、その症状も軽いカゼ程度から重症の扁桃腺炎や肺炎、さらには結膜炎や嘔吐下痢症などバラエティに富んでいます。また、扁桃腺炎や結膜炎などはその症状が非常に強くて、細菌感染によるものと見分けがつかないことが度々あります。細菌性のものでは通常、抗生剤が効くのですが、アデノウイルスによるものであると抗生剤が効かないため、外来で治療していても一向に熱が下がらないことがよくあります。幸い多くの場合、時間さえ経てば自然に治るのですが、その間、治療する方もされる方も不安な気持ちになるものです。
    出典 :アデノウイルス感染症
     

    症状も色々なんですね~・・・抗生剤が効かずに熱が下がりにくい・・・やっかいですね。

  • プール熱の原因もアデノウイルス

     

    アデノウイルス(Ⅲ型が多い)の感染によって起こる、発熱・咽頭炎・結膜炎を特徴とする急性熱性疾患。夏風邪の1種。夏から秋にかけて学童に発生しやすい。プールなどで流行的に感染しやすいので別名プール熱とも言われる。感染した人のつばや目やにを通して伝染すると考えられている(飛まつ感染・接触感染)。病原体(ウィルス)の進入部位は主として結膜である。学校伝染病に指定されている。幼児や小学生がかかりやすい病気ですが、非常に感染力が強いので、上の子がかかると赤ちゃんにも感染することがあります。

    引用)http://www5a.biglobe.ne.jp/~imagawa/hoken/byouki/purunetu.htm

  • プール熱もアデノウイルスが原因のものだったんですね~。

  • 【アデノウイルスの代表的な3つの症状】

  • ☆咽頭炎(のどの腫れ・痛み)
    ☆結膜炎(目ヤニ・目の充血)
    ☆高熱(38度~40度近い高熱)
    出典 :アデノウイルス3大症状・感染経路・治療期間の目安【潜伏期間ナビ】
  • アデノウイルス感染症の治療方法

  •  

    細菌の混合感染を防ぐという事から抗生剤を用いる事や、熱や脱水症状に対しての対症療法しかないのが現状です。とはいえ、一部の重症な状態を除けば、時間が経つことで自然に治っていくであろうという予測が立てられるようになりました。一部の重症例や難治例などに、ステロイドやガンマグロブリン(ヒト免疫グロブリン)が効果がある事があるときもあります。しかしながら、その多くは体内でウイルスに対する抗体が出来るまで待つしかないとも言われています。高熱で痛みのある時などであれば、解熱鎮痛剤の内服や坐薬などを使います。他の症状の眼の痛み、目の充血が強い時、眼脂が多い時といったような場合においては、細菌などによる2次感染を予防する抗生剤や、炎症を抑える目的として抗炎症剤の目薬を使います。

    引用)http://health.selfisher.com/adeno/

  • 熱が下がるまで大変ですが、対症療法が基本になるんですね。

  • 予防法

  • アデノウイルス感染症の予防対策としては、家族間において、タオルや食器などの共有をできるだけ避けるようにし、それぞれ個別に使うようにしましょう。アデノウイルスは唾液や、鼻水、涙などによっても感染してしまいますので、同じ鍋や大皿を皆でつついたりして食べるというのも控えるのも予防対策の1つになります。また、これ以外にも残り物を食べるといった事や、同じコップを使うのも避けましょう。アデノウイルスは55℃、30分で失活する特徴を持ちますので、キッチンハイターへ2時間浸け置く事で、消毒も可能です。
    出典 :アデノウイルス感染症/子供や幼児・大人のアデノウイルス症状と治療
     

    他の人にうつさないように、注意が必要です。

  • 手洗いを忘れずに!

     

    手指を介しての接触感染が主になりますので、十分な手洗い・手指消毒が最重要な予防法となります。

    引用)http://cleanhand.jp/basis/office/detail