日本古来のダイエットで健康的に痩せよう!

現代には様々なダイエット法がありますが、改めて日本古来のダイエットに注目が集まっています。
特に、日本古来の食べ物は優れたダイエット効果が期待されています。
ダイエットをするなら、日本古来の食品を積極的に食べましょう。

view97

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 日本古来のダイエットは食事から

  •  

    日本では年々食生活の欧米化が進んでいます。
    魚や野菜よりも肉を、米よりもパンを、味噌汁よりもスープを好んで食べる人が増えているのです。
    このような食生活の欧米化によって、メタボリックシンドロームが心配されています。
    そのため、ダイエットをするならばまずは食生活を見直さなければなりません。
    そこで今注目されているのがマクロビオテックです。
    マクロビオテックとは、昔ながらの食材を中心とした食事を摂ることで、日本古来のダイエットとも呼ばれています。
    日本古来のダイエットの最大のメリットは、日本人に適したダイエットができるということです。
    そのため、健康的に美しく痩せることができるのです。

  • ・穀物や根菜、海藻などヘルシーな食材を取り入れる
    出典 :体脂肪を減らす食事法 - 痩せる栄養学
     

    主食は白米ではなく玄米や雑穀米がダイエットに適しています。
    玄米や雑穀米はたっぷりと栄養素を含んでおり、噛み応えがあるため少量でも満腹感が得られます。
    また、主菜は肉類や魚類を極力避け、野菜をたっぷりと食べましょう。
    特に根菜類には体を温める効果があるため、積極的に食べて代謝をアップさせたいですね。
    しかし、根菜類の中でも芋類は糖分が高いため、食べ過ぎには注意が必要です。
    マクロビオテックでは、基本的に野菜は皮も根も丸ごと食べます。
    皮や根にはたくさんの栄養が含まれているため、体が健康的になることは間違いないでしょう。

  • ・土地柄と季節に合った食べ物を食べる
    出典 :体脂肪を減らす食事法 - 痩せる栄養学
     

    季節ごとに、旬の野菜は違います。
    例えば、春であれば新玉ねぎや春キャベツ、夏ならキュウリやトマト、ナスなどがあります。
    秋はきのこ類やサツマイモ、里芋などの芋類、冬はほうれん草や大根、白菜があります。
    その季節の旬な野菜はとても栄養価が高いと言われているのです。
    そのため、なるべく季節ごとの旬の食材を口にするようにしましょう。
    現在では、旬に関係なくどの野菜も1年中手に入りますよね。
    しかし、このような旬を意識することで、より健康的な日本古来のダイエットができるのです。

  • やはり日本人に最も適しているのは和食です。
    このような日本古来のダイエット法には、ダイエット以外にも様々な効果が期待されています。
    特に注目したいのが、体質改善の効果です。
    冷え体質やむくみ体質の人は、マクロビオテックで改善することができるでしょう。
    また、質の高い睡眠にも繋がるため、生活習慣の改善もできますね。
    日本古来の食事には、代謝をアップさせ老廃物を排出する効果があるので、肌荒れや便秘が改善され美肌になります。

  • 器を使った日本古来のダイエット

  •  

    これらは、豆皿と呼ばれる日本古来の食器です。
    この食器もダイエットに効果的と言われているのです。
    ダイエットをする際の食事は、一品一品の量は少なく、全体的に品数を多く食べることが良いとされています。
    豆皿は器自体が小さいため、おかずの量は必然的に少量になります。
    これが、ダイエット効果に繋がるのです。

  • ひとつひとつ絵柄や形が違うので、それが食卓にあるだけで目からの情報量は増え、ひいては、脳への満足感をもたらします。
    出典 :脳を「騙して」痩せる、日本古来の上手なダイエット法 ~キレイを作る美しい食卓とは?~ | ANGIE(アンジー)
     

    人間は、物を主に視覚で判断すると言われています。
    このように柄が入った豆皿を使うことで、たくさんの食事を食べたという満足感が得られるそうです。
    このような効果から、ダイエット中の食べ過ぎを防ぐことができます。
    ダイエットをする際には、無理な食事制限をしてしまう人も多いかと思います。
    しかし、健康的に痩せたいのであれば、食材に気を使ったりお皿を工夫してみると良いでしょう。
    ぜひ、日本古来のダイエットを参考にしたいですね。