妊娠前にしておくこと、できること

将来子供が欲しい、と思っている人はたくさんいると思いますが、日頃の生活習慣や行動で妊娠ができるかが変わってきてしまいます。さて、妊娠前にどんな事をしておけばいいでしょうか?

view421

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠前の生活が妊娠するかしないかに関わっている

  • 先日、ベテラン助産師で日本助産師会の副会長でもある岡本喜代子先生にお話をお聞きする機会がありました。そのインタビューの席で岡本先生は「妊娠前にどんな生活をしていたかが、妊娠するかしないかに関わっており、妊娠中にどんな生活をしていたかがお産に関わり、どのようなお産をしたかということが、その後の母乳育児に関係してくる」というお話をなさっていました。いのちを育む流れは、それぞれが点として存在しているのではなく、線でつながっているということを改めて教えていただきました。

    妊娠を望んでいる方であればなおさらのこと、妊娠中を健康的に過ごすための体の準備は、「妊娠してからスタートする」のではなく、妊娠前から整えておくことが大切です。
    出典 :妊娠前にしておくこと、できること [妊娠準備] All About
  • 体の冷えに気づいていない女性が多い

  • 最近の女性の生活の仕方について心配しているのが「冷え」の問題だそうです。「体を冷やす生活」が日常的になってしまっているため、一般の女性たちが思っている以上に、体は冷えており、冷えのケアについて意識が足りないとのこと。
    出典 :2/4 妊娠前にしておくこと、できること [妊娠準備] All About
     

    たとえば、食後にコーヒーを飲む習慣。食後に限らず、1日に何杯もコーヒーを飲んでいる方は多いと思います。一杯飲んだだけでは気が付かないかもしれませんが、コーヒーは体を冷やす飲み物です。コーヒーなどの南国で採れるものは、暑い地域で暮らす人たちの体を冷ます効果があるからです。

  • コーヒーに限らず、さとうきび、パパイヤ、パイナップルなど南国特産のフルーツ、スイカやキュウリなどの夏が旬の作物は、体を冷やしてしまいます。

  • 運動すること、そして行動することが大切!

  • リズミカルな運動は血液循環を良くしてくれますし、運動によって「セロトニン」という、自己肯定して安心できる神経伝達物質が増えてきますので、心の状態も安定します。妊娠中も適度な運動をすることによって、血行を良くして筋力をつけていくことによって、体もゆるんできて、安産につながります。
    出典 :3/4 妊娠前にしておくこと、できること [妊娠準備] All About
     

    妊娠を望んでいるのになかなか授からないという方の中には、「こんなに悩んでいるのに」「真面目に考えているのになぜ」、という思いの方もいらっしゃいますが、思い悩むよりも、まず行動するということの方が大事な面もあるのです。「いずれ授かりたい。今は運動不足にならないように、ふた駅分は歩こう」と決めて行動する。運動によって生命力がアップしていくのです。

  • 「行動科学」「口ぐせ理論」でポジティブに!

  • 「あれこれ考えているうちに行動できないよりも、まずは行動して、後から考える」といったようなことです。実際に動き始めると、考えも成熟してくるというわけです。

    また「口ぐせ理論」というものもあり、マイナスの言葉ではなく前向きな言葉を口にすることで、自分自身を「明るい配線」に変えてしまえば、状況も結果的に明るくなるという理論です。
    出典 :4/4 妊娠前にしておくこと、できること [妊娠準備] All About
     

    さらに筑波大学教授である宗像恒次博士が開発した「SAT法(Structured Association Technique:構造化連想法)」というカウンセリングも有効だと思います。これは、左脳の分析的な面と右脳のひらめきや連想、直感、つまり非分析的な面の両方を併用した方法で、問題解決のための気づきや行動変容を導き出すためのサポートをするカウンセリング法です。

  • もし、妊娠出産を将来的には望んでいるけど、今の時点で前向きな行動を取ることができずにあれこれ悩んでしまっているという方は、上記のようなものも試してみて、ぜひ具体的な行動につなげてみては?

  • 妊娠前の準備 『葉酸』摂取の必要性

  • 葉酸とは…

    葉酸とは、ビタミンの一種で、水溶性のビタミンB群の一種です。
    最初に抽出されたのは「ほうれん草」からで、ラテン語で葉を意味する「フォリウム」から
    名づけられたもの。その名の通り、葉物の植物に多く含まれています。


    葉酸は、胎児の発育に大切なビタミンで、赤ちゃんの脳や脊椎の元となる神経管が
    正常にできない「神経管閉鎖障害」と関係が深いことが分かっています。
    葉酸のサプリメントを摂取すると障害の発症率が30~70%下がったという結果が報告されています。

    出典 :妊娠前の準備 『葉酸』摂取の必要性
     

    また、近年では、心筋梗塞や脳卒中といった循環器系の病気にも効果があると見られています。
    さらに、認知症予防にも効果があるのではないかと、研究が進められています。

  • 葉酸を摂取するタイミング

    大切なのが、葉酸を摂取するタイミングです!
    多くの方が、妊娠に気が付いてから葉酸の摂取を心掛けるようにしていますが、
    胎児の中枢神経の障害は妊娠初期に起こります。
    妊娠初期とは、4週~12週です。ほとんどの場合が妊娠に気が付く前なのです。
    出典 :妊娠前の準備 『葉酸』摂取の必要性
     

    このことから、葉酸を摂取するタイミングは妊娠に気が付いてからでは遅く、
    妊娠前から摂取しておいた方が良いのです。