若い年齢層が危険!「骨肉腫」とはどんなもの?

若い年齢層に増えている骨肉腫と言うものが有るそうなのです!一体どんなもの?

view158

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 骨肉腫とは

  • 骨肉腫は、悪性骨腫瘍(あくせいこつしゅよう)(骨のがん)のなかでは、もっとも発生数の多い腫瘍です。少し専門的になりますが、この腫瘍の細胞は、幼弱な骨の組織をつくる能力をもっています。
    出典 :骨肉腫 とは - コトバンク
     

    このような腫瘍の事を指すのですね。

  • この骨肉腫は

     

    昔では不治の病と言われていましたが現在の医学では何とか出来るようになったそうなのです。ありがたいですよね。この発生部位は主に膝に集中しているのが特徴らしいのです!

  • 頻度として

  • 日本整形外科学会では、全国の骨腫瘍の患者さんの登録を行なっていますが、毎年、百数十例の骨肉腫の患者さんが登録されています。
    出典 :骨肉腫 とは - コトバンク
  • この数が、すべてのがん発生数の何%にあたるのか明らかではありませんが、全悪性骨腫瘍の発生率は、10万人に対して0.8人といわれています。また、骨肉腫は、悪性骨腫瘍全体の40%ちかくを占めています。
    出典 :骨肉腫 とは - コトバンク
     

    胃がんや肺がんに比べると少ないようです。

  • 10~20歳の成長期の若い世代に発症するケースが大半で、約75%の患者が20歳未満です。まれに60代でも発症します。男女比は男2:女1と、男性に多くみられます。
    出典 :骨肉腫とは・骨肉腫の基礎知識を解説!
  • 症状としては

  • 骨肉腫患者のほとんどが骨の痛みが症状として現れます。骨の痛みといっても強い痛みではなく、運動中や運動後になんとなくかすかに痛む程度の軽いものです
    出典 :骨肉腫とは・骨肉腫の基礎知識を解説!
  • 程度進行してくると、ズキズキと痛むようになり、患部が腫れたり熱を持ったりすることもあります。レントゲン写真をとれば、骨が破壊されており一部張り出しているような感じに映るので、診断自体は比較的簡単です。
    出典 :骨肉腫とは・骨肉腫の基礎知識を解説!
  • 治療方法として

  • 骨肉腫に対しては,1980年代以降から化学療法は必須の治療となっています.化学療法により生存率の劇的な改善が得られました.特に他の癌種と違って,手術前から化学療法を行うことを特徴としています.
    出典 :骨肉腫 | がんプロ.com
  • できるだけ小さい切開で組織の一部を採取して病理組織診断をします。診断が確定したらできるだけ早く化学療法(抗がん薬)を開始します。痛みや血液検査、画像検査によって化学療法の効果を判定し、それに合わせて手術を行います。
    出典 :骨肉腫 - goo ヘルスケア
  • 手術では、腫瘍を正常の組織で包まれたまま切除します。できる限り手や足を残せるように手術を計画します。ただし、手や足を残すことが困難だと考えられた場合には、切断術が選択されます。手術後、傷が治るのを待って再び化学療法を行います。
    出典 :骨肉腫 - goo ヘルスケア
  • 化学療法は白血球などの血液細胞の量を減らすので、1〜3週間の間隔をあけ、その回復を待って効果のある化学療法を半年〜1年程度、繰り返し続けます。化学療法終了後も、最低5年間はしっかりとした経過観察が必要です。
    出典 :骨肉腫 - goo ヘルスケア
  • 骨肉腫に気づいたら

     

    何処に行ったらよいのかわからないかも知れません。その場合は骨軟部腫瘍専門の病院と言うのを探すのが良いでしょう。もし探すのが難しい病院は大きな病院で一度相談してみるのも良いかもしれませんね。