知られたくない「性器ヘルペスの検査」は自宅で出来る?

性器ヘルペスの検査は自宅で出来るのでしょうか?人には悟られたくないですよね

view143

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 性器ヘルペスの検査は

  • 検査方法はたくさんあるのですが、保険がきかない高額な検査も多いです。また、保険の適用される検査でも日数がかかったり、精度に問題があったりするため、検査自体が行われることが少ないです。このため、性器ヘルペスの診断では、お医者さんが目で見て確認する視診が一般的です。大体はこの視診で性器ヘルペスかどうか判断がつきます。
    出典 :性器ヘルペスの検査と治療、薬 | アポロくん、性病検査を語る
  • 視察
    顕微鏡検査
    血液採取検査
    お薬を用いた検査
    遺伝子検査
    出典 :性器ヘルペスの症状・感染・検査と治療 | 性病検査キットのディーリー
     

    これらの検査が行われるのです

  • 血液検査

  • 血液検査は

     

    採血するだけなので、そこまで大がかりな事にはなりません。しかし、この血液検査では基本的に調べる項目が増えれば増える程値段が高くなる傾向があるので注意しましょう

  • 普通に行われているヘルペスの血液検査では、口唇(こうしん)ヘルペスと性器ヘルペスを区別することができません。このため、子供のころに口唇ヘルペスに感染していることが多い日本人では、性器ヘルペスかどうかを判断するのに、血液検査はあまり役にたちません。
    出典 :性器ヘルペスの検査と治療、薬 | アポロくん、性病検査を語る
     

    あまり行われない検査ですね

  • 検査はパートナーにも

  • お二人でGH(性器ヘルペス)に適切に対処していくためには、パートナーにも検査を受けてもらったほうがよいでしょう。ただし、GHは症状が出ていないときには正確に診断するのが難しい疾患です。
    出典 :GHの検査・治療について|お悩み相談|GH(性器ヘルペス)
  • 血液中に型特異的な抗体があるかどうか調べることにより、症状がないときにも再発のGHの主な原因ウイルスである単純ヘルペスウイルス2型に感染しているかどうか知ることが可能ですが、この検査には健康保険が適用されず、検査費用が別途かかります。パートナーとよく話し合った上で、医師に相談されてはいかがでしょう。
    出典 :GHの検査・治療について|お悩み相談|GH(性器ヘルペス)
     

    しっかり相談してくださいね

  • 初感染の場合は

  • 初感染では性器の疼痛はかなり強く排尿や歩行が困難となり入院して治療することもあります。多くの場合鼠径リンパ節の腫脹と疼痛が見られます。全身症状として発熱、頭痛、倦怠感などが生じることがあります。
    出典 :ヘルペスの検査、診断と治療
     

    結構つらい状態になります

  • 伏感染していたHSVが再活性化し繰り返し病状が出現することがHSV感染症の特徴です。症状は比較的軽く1~2週以内で治癒します。病変は陰茎や外陰部の毎回同じ部位に、赤みがかった小水疱が出現します。
    出典 :ヘルペスの検査、診断と治療
     

    基本的には再発するたびに症状が緩和していきます

  • 治療をする場合は

  • ヘルペスの治療には「抗ウィルス剤」を使います。内服薬とぬり薬があり、両方を併用することが基本です。1週間前後薬を使用すると症状はおさまります。 ※病院に行く時間がない、あるいは病院に行くことに抵抗がある、病名の記録が残る健康保険を使いたくないなどの事情があるときは、薬を個人輸入で入手することもできます。
    出典 :性器ヘルペスの症状・感染・検査と治療 | 性病検査キットのディーリー
  • 検査をする時に

     

    気になるのが恥ずかしいとか、知られたくないかもしれませんね。今では便利なアイテムで自宅で検査ができ、すぐに結果がわかるアイテムもあるので使ってみるのも良いでしょう