野球肩の人必見★ 野球肩を治すトレーニングの方法とは!?

野球肩で悩んでいる人も多いと思います・・・・。
慢性化してしまうと大変な野球肩。
そんな厄介の野球肩を治すトレーニングをしよう★

view160

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • ▼そもそも野球肩って!?

  • 野球肩って名前はよく聞くけど・・・・
    実際は、どんな症状なの!?

  • 野球肩とは、スポーツ障害のうち野球の動作によって起きるもののことです。 使いすぎ症候群という別名もあるとおり、スポーツをすることで身体の一部に負荷がかかり続けることにより起こります。
    出典 :野球肩とストレッチ|知れば知るほど「得」をする究極のストレッチ法
     

    練習のし過ぎで肩を痛める方も多い・・・。

  • 重症の野球肩とは治るまでに3ヶ月以上かかる野球肩のことを言います。なかには手術をしても痛みが取れなかったり、手術をしても以前のようなボールが投げられなくなるようなものもあります。
    出典 :野球肩 | 症状、治療、病院など 〜みんなのために〜
     

    野球肩の重傷化は、選手生命を脅かすので、恐ろしいですね・・・・。
    しっかり治療したいところ★

  • 野球の投球動作で生じる肩の痛みです。関節包(かんせつほう)や肩関節に付着する腱(けん)や筋(きん)の損傷によるもので、損傷の部位によって、肩の前方、または後方が痛みます。
    出典 :野球肩 とは - コトバンク
     

    野球肩の痛みは、辛いんです・・・。痛みを感じたら、絶対に無理は禁物・・・。

  • 野球肩は、とても痛い・・・・。

     

    肩は、アスリートにとって大事な場所!!
    しっかりケアしてあげよう!

  • ▼野球肩を治すトレーニングの方法★

  • 野球肩の治療に最適なのは、「インチャクトレーニング」でインナーマッスルを鍛える事なんです!!

  • インナーマッスルを鍛える方法は様々ありますが、痛みもなく身体が気持ちよくなるローテーター・カフ強化の方法として、今注目を集めているのが「インチャクトレーニング」です。ヌンチャクならぬインチャクを使用してトレーニングすると筋肉の奥が伸びるのが実感できて、今まで味わったことがない快感が得られます。インナーマッスルを鍛えるのにこれ以上のトレーニング法はないのではと思います。
    出典 :野球肩を治す肩甲骨トレーニング法
     

    インナーマッスルを鍛えるのにおすすめな「インチャクトレーニング」が注目を浴びているんです!!!

  • 普段から肩甲骨周りのインナーマッスルを鍛えることはケガの予防になるだけでなく、プレーの質を向上させるために必要なことです。肩甲骨周りの筋肉を無理なく鍛えるには、インチャクトレーニングが最適なのです。
    出典 :肩甲骨を鍛えるインチャクトレーニング
     

    インチャクトレーニングは、肩甲骨周りの筋肉を無理なく鍛えるのにおすすめなんです★

  • こちらがインチャクです★

     

    縄跳びのようにも見えますが、こちらのインチャクが野球肩防止に役立つ!!

  • ▼野球肩の予防には、ストレッチも大切!!

  • 肩の筋肉が硬いと野球肩を発症しやすくなります。肩のストレッチを毎日行って柔軟な肩を作りましょう。また、野球肩を発症した方は肩の筋肉が硬くなり可動域が狭くなっていることが多くあります。ストレッチで正常な可動域を取り戻しましょう。ストレッチは痛みが出ない範囲でゆっくりと大きく行いましょう。
    出典 :野球肩の予防のためのストレッチ
     

    ストレッチで無理は禁物!!
    痛みのない程度で自分なりにゆっくりと★

  • 10回程度×2セット
    出典 :野球肩の予防のためのストレッチ
     

    10回×2を目安にやってみて下さい★

  • 肩に肘をつけたまま大きく回す!

     

    気軽に出来るストレッチ!!

  • 腕を交差させて肩を伸ばします。伸ばす腕は肩の高さまで上げて、肘は真っ直ぐになるようにしましょう。両方の腕を20秒程度ずつ行って下さい。
    出典 :野球肩の予防のためのストレッチ
     

    ゆっくりストレッチしよう!!

  • 筋肉が伸びている事をしっかり意識して★

     

    準備体操でもおなじみのストレッチ!!

  • ▼自分の投球フォームを見直す事も大事!?

  • フォームが悪くて怪我をしているものを、フォームを直さずに治療だけしていてもまた野球をすれば同じように怪我をすることになります。
    出典 :ケガをしない投球フォームについて
     

    肩に負担をかけすぎない投球を心掛けよう★

  • 投球フォームを見直してみよう★

     

    肩に負担のかからない投球フォームを習得しよう!!

  • 肘が下がり、胸が張れずに投げると肘の内側、肩の前方、上肩に違和感や痛みが出てくる事があります。
    このような投球フォームは、怪我の発生率が最も高いので、肘、肩に不安がある人は肘が下がった投球フォームをしていないかをチェックしましょう。
    出典 :ENEOS Baseball クリニック | JX-ENEOS FAN | JX-ENEOS野球部
     

    ケガのしやすい投球フォームは、改善!!