コレステロールを下げる野菜の力

メタボ気になってる人はコレステロールのとりすぎに気を付けたほうがいいかもしれません。
高コレステロールはメタボだけではなく様々な病気の要因ともなります
食品にはコレステロールを下げてくれるものがあります
その効果は特に野菜が大きいようです

view235

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • コレステロールとは血液中に含まれる脂肪分であり、細胞膜やホルモンの生成などの重要な働きをしています。コレステロールには善玉と悪玉、中性脂肪などがあり、特に悪玉コレステロールや中性脂肪が増加することが健康被害へと繋がるのです。
    出典 :厄介なコレステロールを下げるにはアブラナ科の野菜に頼るべし | 健康生活 – 元気の秘訣を毎日お届け
  • 一日に野菜はどれだけ必要?

  • コレステロールを下げるには、毎日食べる野菜の量を増やすことが必要です。1日450g、1日3食として1食あたり150gだと生野菜なら両手に山盛り、おひたしなら片手に山1程度が目安になります。
    出典 :コレステロールを下げるには緑黄色野菜がgood!
     

    これを多いな~、と感じたあなたは慢性的な野菜不足かもしれません

  • 野菜をとるというと、野菜サラダや野菜を生で食べることをイメージしがちですが、必ずしも生でなければならないという訳ではありません。例えば、おひたしなどのように煮る、ゆでるなどして加熱するとボリュームが減って食べやすくなるものです。
    出典 :コレステロールを下げるには緑黄色野菜がgood!
  • 緑黄色野菜には良質の植物性タンパク質が豊富

     

    緑黄色野菜には良質の植物性タンパク質が豊富ですし、動脈硬化の進行を防ぐすぐれた抗酸化物質であるビタミン類も多く含んでいます。

  • 一般に根菜類や緑黄色野菜に多いとされる水溶性の食物繊維は、腸内のコレステロールを排出してくれます。また、緑黄色野菜には良質の植物性タンパク質が豊富ですし、動脈硬化の進行を防ぐすぐれた抗酸化物質であるビタミン類も多く含んでいます。
    出典 :コレステロールを下げるには緑黄色野菜がgood!
  • そんなビタミン類としてよく知られているβ-カロチンは、細胞の「サビ」を防ぐ強い抗酸化作用があり、コレステロールが高い人は注目したい成分です。ちなみに、にんじんはこのβ-カロチンを効率的にとれる緑黄色野菜の代表格です。
    出典 :コレステロールを下げるには緑黄色野菜がgood!
     

    コレステロール対策には人参が有効なのです

  • 工夫した食生活

  • 一般に、肥満ぎみでコレステロールが高い人は、朝と昼の食事が少なく、夜に食べすぎる傾向があります。このような人は朝と昼に野菜を食べてみてはどうでしょうか?カボチャやじゃがいも等の腹持ちの良い野菜を食べれば満腹感が持続し、結果的に夜の食べすぎを防ぐことができます。
    出典 :コレステロールを下げるには緑黄色野菜がgood!
     

    たとえば朝食にパンとコーヒーをと食べているなら、そこに野菜料理を一品加えるだけでよいのです

  • 中には仕事で昼間は外食が多く、なかなか野菜はとれない人もいるでしょう。そこで利用したいのが、スーパーやコンビニで売られているお惣菜です。最近ではメニューも豊富で、ほうれんそうやインゲンの胡麻あえ、ポテトサラダや煮物など、種類も豊富です。
    出典 :コレステロールを下げるには緑黄色野菜がgood!
  • 野菜ジュースやトマトジュースも、時間がないときには重宝します。さらに夕食でも、ふだんは肉が中心の人なら、多めに緑黄色野菜を食べれば満腹感も得られ、全体のカロリー摂取も抑えられるのでコレステロールが気になる方は緑黄色野菜をくわえてみてはいかがでしょうか?
    出典 :コレステロールを下げるには緑黄色野菜がgood!
  • コレステロールの7割は体内で合成されている

  • ちょっと意外なことかもしれませんが、体内にあるコレステロールの7割前後は、体内で合成されています。だから、食事からコレステロールをまったくとらなくても、血中には少なめですがコレステロールがあります。
    出典 :脂質異常症を防ぐ食事|厚生労働省
  • 食事からコレステロールをとり過ぎても、健康な人なら一定量以上は吸収されません。食事からたくさん入ってきたときには合成が減り、それでも多すぎる場合は肝臓などにためるはたらきがあって、血中コレステロールは一定に保たれているんです。
    出典 :脂質異常症を防ぐ食事|厚生労働省
     

    本来人間の体はコレステロールを摂りすぎから守る機能が備わっているのです

  • だからといって、高コレステロールの人が「食事の影響が少ないならコレステロールを多く含む食品を食べても大丈夫」と考えるのはまちがい! 高コレステロールの人はこのシステムに乱れが生じて、コレステロールを蓄積しやすくなっていているからです。
    出典 :脂質異常症を防ぐ食事|厚生労働省
  • コレステロールを上げる食品、下げる食品

  • メタボでコレステロールが高い場合、食事からのコレステロール摂取量に気をつける必要があります。一般的には1日の食事のコレステロール量を0.3g以下に抑えることが推奨されます。これは結構、厳しい量で、例えばコレステロールが多いものの代表である卵の場合、1個に約0.2g入っていますので、これでもう1日の制限量の2/3に達してしまいます。
    出典 :メタボ保健指導: 食品中のコレステロール
  • 卵以外には魚介類(えび、いか、いくら、たらこ、しらす、ししゃもetc)、レバーなどに多いとされています。
    出典 :メタボ保健指導: 食品中のコレステロール
  • コレステロール値を「上げる食品」「あまり変えない食品」「下げる食品」

     

    コレステロール値を「上げる食品」「あまり変えない食品」「下げる食品」を覚えておきましょう。
    「下げる食品」を摂ることが一番効果的ですが、継続的に食べ続けることは難しいため、「上げる食品」を「あまり変えない食品」に代替することも大切です。