妊娠中の過食嘔吐はお腹の中の赤ちゃんにどんな影響を与えるの?

妊娠中の過食嘔吐は、お腹の中の赤ちゃんに様々な悪影響を与えてしまいます。
過食嘔吐による妊娠中のリスクをまとめました。

view108

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠しても過食嘔吐がやめられない

  • 妊娠が発覚した後も過食嘔吐に悩まされる妊婦さんがいらっしゃるかもしれません。
    そしてそんな妊婦さんたちが心配するのは、赤ちゃんへの影響ではないでしょうか。
    出典 :妊娠中の妊婦は過食嘔吐による出産や胎児への影響がある - 過食嘔吐の治し方
     

    赤ちゃんのために過食嘔吐をやめたい、でもやめられない。
    過食嘔吐は、妊娠してもなかなか克服することが難しいと言われています。

  • 実際に過食嘔吐にも関わらず、妊娠して出産して、無事に子育てをしている人もいますが、基本的に胎児や生まれた赤ちゃんは、母体から栄養を貰います。
    出典 :妊娠中の過食嘔吐
  • ですから、母親がしっかりと栄養補給していないと、お腹の中の胎児や母乳から栄養を摂取する赤ちゃんに栄養が回らなくなってしまいます。
    出典 :妊娠中の過食嘔吐
     

    赤ちゃんに栄養が回らないということは、赤ちゃんが順調に成長することができない危険な状態なのです。

  •  

    妊娠中の過食嘔吐が原因で、お腹の中の赤ちゃんが苦しんでしまうことは分かりますよね。
    では、妊娠中の過食嘔吐には具体的にどんなリスクがあるのでしょうか?

  • 妊娠中の過食嘔吐は妊娠中毒症になりやすい

  • 妊娠中の過食や過食嘔吐は妊娠中毒症を引き起こすこともあります。
    過食による大幅な体重増加や、体の疲れ、精神的な疲れにより引き起こされやすいです。
    出典 :妊娠・出産と過食 -摂食障害のHP-
     

    過食嘔吐をしていると、精神不安定な状態が続いてしまいます。
    当然、この状態は赤ちゃんに悪影響を与えてしまいます。

  • 重症になると母子共に危険な状態になり、帝王切開になることもあります。
    妊娠中毒症にかかると妊娠糖尿病にもなりやすく、高血圧になると毛細血管の抵抗性が高くなり、糖尿病を悪化させます。
    出典 :妊娠・出産と過食 -摂食障害のHP-
  • 妊娠中の過食嘔吐は早産・流産の原因

  • 嘔吐による切迫せっぱく早産、切迫流産。早産。流産。
    妊娠中に腹部を圧迫したり、ダメージを与えると切迫流産、切迫早産の原因になります。
    出典 :妊娠・出産と過食 -摂食障害のHP-
     

    大切な我が子が命の危険にさらされてしまいます。
    このようなことから、妊娠中の過食嘔吐は控えることを心がけなければなりません。

  • 吐く事がどうしても我慢できない場合でも、自身や胎児の事を思って、栄養摂取のためにも食べた物を胃の中に少しでも置いておく時間を作る事は大切です。
    出典 :妊娠中の過食嘔吐
     

    妊娠したら、過食嘔吐をやめる努力をしてみてください。

  • 妊娠中の過食嘔吐は産後も影響する

  • 摂食障害のお母さんから生まれてくる子どもについては、在胎37週未満で生まれてくる早産の子ども、2500g未満の出生体重の少ない子どもや、発達に遅れや問題のある子どもの報告があります。
    出典 :妊娠と摂食障害 | 摂食障害・過食症無料相談
     

    過食嘔吐をしているママからは、健康な赤ちゃんが産まれてくることができません。

  • 「過食症ではなければ、こんな事態にはならなかったかも知れない。」
    そんな後悔をする前に、摂食障害をもちながら妊娠・出産することの危険性を十分知り、結婚や妊娠をする前にまずはあなたの摂食障害を回復させることが必要です。
    出典 :妊娠・出産と過食 -摂食障害のHP-
     

    妊娠・出産してから後悔しても遅いのです。
    妊娠を望むなら、自分の病気と向き合ってください。