重症度によって異なる、再生不良性貧血の治療法

  • tomo7 更新日:2014/04/10

view354

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 再生不良性貧血の治療方法は、その重症度によって、また骨髄移植をするためのドナーの有無によって変わってきます。

  • 再生不良性貧血とは

  •  
     

    赤血球による動悸息切れなどの症状だけでなく、白血球減少による感染症への抵抗力の低下、血小板の減少による出血・皮下紫斑など、たくさんの症状があらわれてしまいます。

  •  
  •  
     

    再生不良性貧血は、赤血球だけでなく白血球や血小板も減少してしまう病気です。

  • 再生不良性貧血の治療法

  •  
  •  
     

    血液細胞の数によって重症度が決定され、それによって治療内容が変わります。

  •  
     

    HLAは白血球の血液型のようなものですが、その組み合わせは何万通りもあるといわれ、一致するドナーを血縁者以外から見つけることは簡単ではありません。

  •  
     

    骨髄移植のドナーが見つからなければ、治療法は免疫抑制治療のみになってしまいます。

  •  
  •  
  •  
  •  
     

    兄弟姉妹でも4分の1ですので、骨髄移植のドナーが見つかることはとても希なことだといえます。

  • ATGとは

  •  
  •  
  •  
     

    ATG療法で改善しても35%は再発してしまいます。しかし再投与での有効性が確認されています。ただし、再投与はアナフィラキシーを起こすといわれており、十分な注意が必要になります。

  • 再生つばさの会

  •  
     

    同じ病気で悩む人のために、講演会や個別相談会が行われています。

  •  
     

    難病と闘うためには、同じ悩みを分かち合える人たちの交流もとても重要です。