妊娠中の食事、これだけは気をつけて!! 「食べた方がいいもの、避けた方がいいもの」

妊娠中の食事には何かを気を使いますよね。
食べ物によっては積極的に食べたいもの、なるべく避けたいものがあります。

view221

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【妊娠中の食事】積極的に食べたいもの

  • 十分な水分

     

    お腹が大きくなると、頻尿などが気になりますが、十分な水分補給は妊婦さんにとって重要です。

  • 水分をとることは脱水症を防ぐだけでなく、血液の流れをよくする、便をやわらかくする、体内の老廃物を流して新陳代謝を促し疲れにくくする、尿量をふやして膀胱内や尿道の細菌を洗い流すなど、さまざまな体の不調を予防することにもつながります。
    出典 :水分はなぜ大事? 水分補給にまつわるQ&A - gooベビー
  • 血液もほとんどが水分で構成されています。水分が足りないと、ちょっとドロドロした状態になります。妊娠中は血液が赤ちゃんへ栄養や酸素を運ぶので、必然的に赤ちゃんによいものが運べなくなります。
    出典 :妊婦の水分補給のコツ
  • ママが食べたもの、飲んだものの栄養分は、ママのからだを通じて赤ちゃんに届きます。毎日の水分補給には、カフェインなどの不純物のないお水を飲むようにしましょう。できるだけ温かい飲み物にして、どうしても冷たい水を飲みたいときは、口の中でころがすように飲み込むとからだの負担も少なくできます。
    出典 :ママにやさしい情報
     

    水分補給するなら水や麦茶がおすすめです。
    ジュースや清涼飲料水、カフェインの入ったコーヒ・紅茶は避けておきましょう

  • 妊娠中もっとも危険なのが、「清涼飲料水」である。白砂糖や果糖ブドウ糖液が入っているので、人間が飲む水分の中ではもっとも重く、血糖値を上げすぎてしまうのだ。重ければなかなか体外に排出されなくなってしまうし、血糖値を上げすぎてしまうと、糖尿病になってしまうのだ。妊娠中は、清涼飲料水は絶対に禁止である。
    出典 :妊娠中に食べると「赤ちゃんが健康になるもの」トップ10 - It Mama
     

    また、清涼飲料水に含まれている「リン」がカルシウムや鉄分の吸収を阻害してしまうんですって。

  • ブロッコリー、ほうれん草、ケールなどの野菜

     

    鉄分が多く含まれているので妊婦さんにとっては欠かせない食材です。

    しっかり食べるようにしましょう

  • 豆類

     

    豆類は低カロリーで高タンパク。
    手軽に扱えるものもあるのでぜひ積極的に食べましょう

  • 納豆やお豆腐などの大豆製品に代表される豆類は、お肉よりも低カロリーなたんぱく源です。
    大豆のほかにもひよこ豆や小豆、レンズ豆など扱いやすい豆類はわりと多いものです。
    出典 :妊婦の食事から!妊娠中に食べるといいものベスト10!魔法の言葉で覚えよう | 恋する日本の備忘録
  • ヨーグルト

     

    良質なタンパク質であることはもちろんですが、カルシウムの摂取にも役立ちます。

    成長する胎児にはカルシウムは不可欠。
    必要なカルシウムが不足すると胎児は母体のカルシウムを消費しなくてはなりません。
    赤ちゃんだけでなく、ママも元気で出産するためにもヨーグルトを役立てましょう

  • おやつに最適 クルミ

  • 妊婦さんがくるみを極端に食べ過ぎると赤ちゃんにアレルギーが心配されるとも言われますが、くるみは便秘に効果がある食べ物なので、適度に食べるのでしたら問題ないでしょう。
    出典 :妊娠さん むくみで指輪が外れなくなる?
     

    何事も「過ぎたるは及ばざるがごとし」ですね

  • くるみは妊娠中に食べ過ぎると赤ちゃんにアレルギーが心配される
    便が硬く出ずらい便秘に効くため適度に食べるのがおススメ
    食物繊維、ミネラル、良質のたんぱく質、ビタミンなどが豊富
    高カロリーなので便秘に効くからと食べ過ぎに要注意
    出典 :お腹に優しい果物 |妊婦ママ食事ガイド
     

    体にいいから、と食べすぎはしないこと。
    でも、適度に食べることでプラスの効果が得られます

  • 妊娠中、積極的に食べたいものはたくさんあります。
    でも、食べすぎはよくありません。
    体に良い食べ物、と聞くとついついそればかり食べてしまいたくなりますが、食べ過ぎてしまうのには要注意。
    重要なのは、”バランス良く食べる”ことです。

    赤ちゃんのために頑張りましょう。

  • 【妊娠中の食事】避けたい食べ物

  • 生の魚介類

     

    美味しいのはわかりますが、生の魚介類に付着しているウィルスが気になります

  • 妊娠期間中は免疫力が低下している為、生ものに付着しているウイルスによって食中毒に陥りやすい状況にあります。ウイルスやバイ菌類は、加熱すると死滅するので妊娠中はしっかりと加熱されているものを口にするようにしましょう。
    出典 :妊娠中に控えた方がいい食べ物-赤ちゃんの部屋
  • 生肉

     

    生肉では「О-157」や「トキソプラズマ」が心配です

  • 「O-157」「トキソプラズマ」ともに、加熱処理をしっかりと行えば死滅するので、妊娠中はしっかりと加熱処理が行われたものを口にするようにしましょう。
    出典 :妊娠中に控えた方がいい食べ物-赤ちゃんの部屋
  • マグロ

     

    DHAなどの栄養豊富なマグロには「メチル水銀」が微量に含まれていると言われています。
    とはいえ、体内に蓄積されていくのでなるべく摂取しないようにしたいところです。

  • 「メチル水銀」は、便と一緒に少しずつ体外へ排出される仕組みになっており、普通の食生活の範囲内であれば健康被害が起こることもないと言われています。
    出典 :妊娠中に控えた方がいい食べ物-赤ちゃんの部屋
  • 感染症の原因になるウィルスが心配です。
    魚・肉類を食べるときは必ず加熱調理をしてから、というのを原則にしておきたいですね。