人体の防御反応とも言われる【咳】原因はなに?

防御反応として咳をするようなのですが
原因はどのようなものなのでしょうか
まとめてみました

view248

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 咳の出る原因はなに?

  • 咳の多くは風邪であるといえます。気道異物で出る咳はそのときだけですので、心配はありません。風邪が原因の咳は、総合感冒薬や咳止めの薬を飲んだりすれば楽になります
    出典 :【咳の原因】 - 咳ドクター
  • 体が布団に入ることによって温まると出る咳であれば、喘息かもしれません(喘息に関しては別項参照)。そうではない場合、布団のチリや埃、ダニが原因で咳が出る場合もあります。多くはこれにあてはまるでしょう
    出典 :【咳の原因】 - 咳ドクター
     

    清潔を保たなくてはいけませんね・・・

  • 血圧降下剤にはいくつか種類があり、それぞれに副作用がみられます。異常な暗い歯茎の腫れるもの、頭痛や赤面、グレープフルーツジュースと一緒に飲むと命の危険にさらされるものまであります。その中で、咳の出る副作用を持つ血圧降下剤があります。
    出典 :【咳の原因】 - 咳ドクター
     

    血圧降下剤によっても咳は引き起こされるようです

  • 咳は防御反応とも言われる

  • 肺や気管などの呼吸器を守るために、外から入ってきたほこり、煙、風邪のウイルスなどの異物を気道から取り除こうとする生体防御反応が咳(咳嗽=がいそう)です。異物が入り込むと、まず咽頭や気管、気管支など気道の粘膜表面にあるセンサー(咳受容体)が感じ取ります。その刺激が脳にある咳中枢に伝わると、横隔膜や肋間膜などの呼吸筋(呼吸をおこなう筋肉)に指令が送られ、咳(せき)が起こります。この反射運動を「咳反射」といいます。
    出典 :咳(せき)の原因|からだの症状|くすりと健康の情報局
  • 画像はクリックして拡大してくださいね

     

    咳(せき)にはまた、気道にたまった痰を外に排出する役割もあります。気道粘膜には細かい毛(繊毛)と、その表面を覆う粘液があり、粘膜の表面を潤して保護しています。この粘液がウイルスや細菌などの病原体やほこりなどの異物をからめ取ったものが痰です。気道に炎症があると痰が増え、粘り気が強くなります。痰は、外にむかって異物を追い出そうとする繊毛の運動と、咳反射によって外に出されます。

  • 「風邪で病院にかかり、薬をもらって1週間飲んでいたら、ほとんど良くなったけど、咳だけが残った」とか、「風邪をひいて、市販薬を一週間くらい飲んでいるけど、咳だけ治らない」なんて場合は、「別の何か」の治療が必要ということ
    出典 :「風邪が治っても、咳だけ残る」のはなぜ?(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース(1/2)
     

    これは知らなかった・・・!

  • 咳を発生させる病気は沢山ある

  • アトピー性咳嗽(がいそう)

    アレルギー性鼻炎である人が風邪をきっかけに、回復後もアレルギー性の炎症だけが残り、咳の原因であるヒスタミンが放出され、咳が続く状態です。

    喉頭アレルギー

    長期に渡る咳とイガイガ感、かゆみ、チクチク感といった咽喉頭の異常が諸症状です。喉が真っ赤に腫れるといった咽頭炎の所見がなく、咳止めに反応しないのが特徴です。

    風邪

    100種類以上の細菌やウィルスが感染して発症します。風邪から別の病気を発症することもあります。風邪が喉に出やすい人は体調が良くなっても、咳だけが続くことがあります。

    咳喘息

    喘息と同様に気管支を収縮させる物質に過敏な状態なのですが、「ゼェゼェ」する特徴的な喘息とは違い、咳の発作から始まる喘息です。喘息の初期症状とも考えられています。

    百日咳

    百日咳菌が気管支や気道の粘膜に感染して発症します。従来は乳幼児限定の病気でしたが、社会人も感染することがあります。

    大人がかかると鼻風邪のような症状が続き、軽い咳がなかなか治りません。それ以上は悪化しないものの、ツラく体力が奪われていきます。特に免疫抗体がない乳幼児に感染すると、重症化する恐れがあります。

    マイコプラズマ肺炎

    早朝や深夜に発作的に強い咳が出る病気で、飛沫による感染力が非常に強いです。そのため、感染しやすい子供がマイコプラズマ肺炎にかかると、大抵は家族に広がります。

    季節は夏の終わりから冬に流行します。潜伏期間は2~3週間で、治療までには1~2週間が必要です。

    慢性咳嗽(がいそう)

    風邪が治っても喉の咳を発生させる部位が過敏になり、少しの刺激で咳の原因であるタキキニンを放出してしまう症状です。麦門冬湯(ばくもんどうとう)という漢方薬が効くことがあります
    出典 :咳が止まらない病気一覧 | 健康診断結果の見方
     

    これだけあるとナイーブ・・・

  • 染症による咳(急性の咳(3週間以内)) ◦インフルエンザ
    ◦マイコプラズマ
    ◦百日咳
    ◦結核

    •非感染症の咳(慢性の咳(8週間以上)) ◦喘息
    ◦COPD
    ◦副鼻腔気管支症候群
    ◦胃食道逆流症

    出典 :咳の原因と症状
     

    これらも原因になっています
    COPDは煙草が原因の気道炎症です

  • 咳に対して効果ありな方法

  • 生姜には咳や痰、のどの痛みを鎮める作用、強力な発汗作用、胃腸の働きを良くする作用があるからです。

    作り方は簡単で生姜10gをおろし金でおろすか、生姜チューブを用意して、ガーゼに包んで汁を搾り、そこに熱湯を加えます。甘さを出すために砂糖や蜂蜜を加えてできあがりです。

    さらにレンコンにも「咳に効果がある」と昔から言われており、生姜湯にレンコンを加える一層、喉の痛みを和らげます。

    また、咳や喉の痛みがひどいときは「畑の肉」と言われる大豆が活躍します。中でも黒豆を似て煮汁を飲むと、咳、声がれや気管支炎、喘息、風邪の熱に効果的で、利尿作用も期待できます。

    他にも漢方の生薬の1つになっている「杏仁」も有名です。実は杏仁はビワの種であり、ビワを食べたあとにその種を10個ほど400mlの水で煎じると、咳や痰を止めるビワ茶ができます。
    出典 :咳が止まらない病気一覧 | 健康診断結果の見方
  • ①こまめにうがいをする
    ②マスクの着用
    ③水分を補給し、部屋を加湿する
    ④こまめに掃除する
    ⑤刺激物の摂取を避け、カラオケの歌いすぎに注意
    ⑥たばこを吸わない
    出典 :咳(せき)の予防|からだの症状|くすりと健康の情報局
     

    効果的な予防策です!

  •  

    たかが風邪、されど風邪。
    「長引く風邪」というのも、「咳だけが残る風邪」というのも、基本的にはなく、別の不調や病気が始まっていることが考えられるそうなので、早めの受診をオススメします。