妊娠中のダイエット 間違った方法だと大変なことに・・・

妊婦検診でお医者さんに「ちょっと体重増えすぎかな~」との一言。
ショックとともに、ダイエットしなきゃ!と。
そんな方へのまとめです

view8493

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • こんなダイエットはダメ!
    妊婦さんに危険なダイエット

  • ①運動ダイエット

     

    これは、妊娠初期、及び妊娠後期いずれかに該当する人にとっては、絶対的にリスクが高いので止めましょう。流産になる可能性が高くなりますので、運動ダイエットを行うのなら、妊娠3~5ヶ月程度と安定した時期になってから、ウォーキング程度の軽い運動のみを行うことをおすすめします。

    引用)
    http://ninpun.sa-kon.net/category15/

  • ②骨盤ダイエット

     

    骨盤ダイエットとは、主に骨盤ベルトを使用したダイエットのことを指しますが、これは事前に医師に見てもらう必要があります。

    体質や体型、姿勢によって、骨盤ベルトを使用することで、お腹の中の胎児を圧迫させてしまう危険性があるからです。個人の判断で使用してしまったときは、吐き気や圧迫感、頭痛などの症状が出た場合は、直ちに中止して医師に診てもらってください。

    引用)
    http://ninpun.sa-kon.net/category15/

  • ③短期間で急激に変化する、無理なダイエット

     

    胎児の栄養も考えず、夕食をまったく口にしなかったり、週末に断食ダイエットをするなどして、短期間で急激に体重減少することは非常に危険となります。

    妊娠中毒症や分娩遷延、または流産、糖尿病、などの危険性が出てくる可能性が高くなるからです。

    安定期(妊娠5ヶ月(16~19週))に入るまでは、急激な体重増加・体重減少は特にリスクが伴いますので、日頃からの体重コントロールが大切となります。

    引用)
    http://ninpun.sa-kon.net/category15/

  • 妊婦ダイエットをするにあたって
    気をつけるポイント

  • ストレスがかからない

    妊娠中は女性ホルモンの分泌量などが関係し、ストレスは異常なほど溜まりやすい傾向にあります。このストレスは、胎児に直接的な影響はありませんが、ストレスが溜まることで血流が悪くなり、胎児に酸素や栄養を送る量が減ってしまうことが最大の危険要因となります。特に、今までに考えられなかった体重増加で痩せたい気持ちが強くなってしまった人は注意が必要です。
    出典 :1番理想な肥満妊婦ダイエットは?
  • 低カロリーで実践できる

    高カロリーの食事は、太りやすいだけでなく、妊娠中毒症という妊婦特有の症状も発症しやすくなってしまいます。体重増加も妊娠中は12キロまでが許容範囲。高カロリーの食生活ばかりを続けていると、この許容範囲の体重増加も簡単に超えてしまいますので注意が必要です。
    出典 :1番理想な肥満妊婦ダイエットは?
  • 胎児にしっかりと栄養を行き届かせることができる

    脂質・高カロリーな食事は避けながらも、しっかりと胎児に栄養を行き届かせることができる食生活を意識することはとても重要なこと。カロリーが少なく、尚且つ栄養を補給できる妊婦用栄養ドリンクなどを利用するのもおすすめです。
    出典 :1番理想な肥満妊婦ダイエットは?
  • オススメな妊婦ダイエットの方法は?

  • ①超音波ダイエット

     

    超音波・EMSダイエットと呼ばれるダイエット器具を使用したダイエットのことです。
    メリットは、EMSダイエット器具なので、気になる二の腕や太ももなどに部位に、その器具を当てるだけというストレスフリーなところにあります。
    妊娠中はストレスがたまりやすく、胎児にも影響します。ダイエット中にストレスを溜めないことは、非常に重要なことですので、このEMSダイエットもおすすめのひとつです。

    ただし、超音波・EMSなので絶対にお腹には絶対に当てないこと!(胎児に悪影響のため)二の腕や太ももの部分ダイエットのみにしか適していません。

    引用)
    http://ninpun.sa-kon.net/category15/

  • ②マタニティーヨガ

     

    肥満妊婦用に組み込まれたヨガのメニューのことを言います。
    激しい動き・動作を無くし、妊婦でも安心して行えるところがメリット。
    適度に体を動かすのはストレスの解消にもなるので、おすすめのダイエットのひとつです。

    しかし、やはり妊婦用に考慮された軽いヨガだけでは、日頃の運動量が一般人より極端に少ない肥満妊婦には不足気味。
    軽い動作しか行えないマタニティヨガだけでは不足気味になる可能性が高いです。

    引用)
    http://ninpun.sa-kon.net/category15/

  • 酵素ダイエット

     

    酵素はそもそも、ヒトの生命活動に最も関係する栄養成分になります。
    脂肪が燃焼されるときも、この体内酵素の量によって個人個人で差が異なります。
    また、酵素は栄養価が高く、カロリーが低いというところも最大のポイント。
    胎児にしっかりと栄養を行き届かせることができ、更には、低カロリーなので、妊娠中の急激な体重増加を防止することもできるからです。
    酵素を飲むだけですので、ストレスフリーでダイエットができるところも良いですよね!
    数あるダイエットの中で、この酵素ダイエットが最も妊婦ダイエットには適しているでしょう。

    引用)
    http://ninpun.sa-kon.net/category15/

  • 妊婦ダイエットについての口コミも調べました!

  • 3食、バランス良く食べる
    早食いをしない
    良く噛む
    間食をしない
    妊娠経過が良ければ、良く動く

    こんな感じでしょうか。

    私の一人目の時は仕事の掛け持ちと家事にて、最終+6kgでした。
    ものすごく動き回ってた記憶があります。

    1ヶ月に1kgくらいのペースで徐々に増やしていくのが良いみたいで、主さんの場合は初期からハイペースに増えてしまったので注意されたのだと思います。
    BMI値によって体重増加のペースの目安が違うので、是非主さんも計算してグラフを調べてみてください。(母子手帳やネットに載ってます)

    (主婦:30歳)
    出典 :妊娠中の体重管理…どんな食事をすれば減る? すべての広場 - 不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』
  • ごはん(軽めに一杯)を中心に魚や肉などのタンパク質、野菜、汁物とした方がバランスとれますよ。野菜は生より温野菜の方が量がとりやすいです。からだも温まりますよ。
    妊婦用の料理本や雑誌にも献立やレシピのっています。
    甘いものおやつ時はともかく、食事前と寝る前は避けた方がいいですよね。
    私も甘いの好きなのですが控えめにしてます。
    あと、早食いしてませんか?ゆっくり噛んでいただくことで食べ過ぎを防げますよ。
    自分も実践してますが、料理はともかく良く噛まないくせがなかなか抜けません(>_<)
    それでも、体重の増加量は減りました。
    (会社員:35歳)
    出典 :妊娠中の体重管理…どんな食事をすれば減る? すべての広場 - 不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』
  • バランスよく摂るのがいいと思います。炭水化物も栄養ですのでカットではなく控えめにして、野菜とたんぱく質を摂るとか。
    私のところは体重のことは言わない先生ですが、『良質なたんぱく質を撮りなさい』とよく言われます。
    あと減塩と糖分を控えたりですかね。濃い目の味付けに慣れているなら、ダシや薬味の効いた薄味にするとか。これは後々、子どもの離乳食の時に役立つと思いますよ。

    とくに体調に問題がなければ、無理のない範囲の運動(ウォーキングとか)も入れたらどうでしょう。

    (主婦:30歳)
    出典 :妊娠中の体重管理…どんな食事をすれば減る? すべての広場 - 不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』