キレイの基本!洗顔料を形状別に比べてみよう

洗顔はスキンケアの基本といわれますが、気に入ったものと出会うのは結構大変…。
そこで今回は、形状別にわけて、自分の肌に合った洗顔料を見つけるのに参考になりそうな情報をまとめてみました。

view151

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ~はじめに~

     

    まずは「洗顔」の目的や効果について学んでゆきましょう!

  • 洗顔の目的とは

  • 私たちの肌には、知らない間に空気中のホコリや酸化した塵がたくさん付着し、汚れとなります。まず、洗顔石鹸(石けん)や洗顔フォームを利用して、この汚れを落とすことが主な目的です。また、肌の内部からの汚れである、老化した角質、溜まった脂分・汗、これらをスッキリと落とすことも洗顔の大事な目的です。
    出典 :洗顔の目的|洗顔石鹸(石けん)情報館
  • また、肌の内部からの汚れである、老化した角質、溜まった脂分・汗、これらをスッキリと落とすことも洗顔の大事な目的です。
    出典 :洗顔の目的|洗顔石鹸(石けん)情報館
  • 洗顔で期待できる効果とは

  • 保湿やお肌にハリを与える、ニキビを防ぐ、黒ずみを抑えるなどの効果が期待できるものもありますが、他の基礎化粧品でカバーできる効果と言えます。いろんな効果が期待できるものは、魅力的にきこえますが、洗顔料に期待する効果としては、洗浄力と角質の除去を最優先として、合うものを選ぶとよいと思います。
    出典 :「洗顔料」の効果と種類について | スキンケア大学
  • ~洗顔料を形状別にご紹介~

  • どんな洗顔を選べばいいんだろう?

     

    一口に洗顔といっても物凄い数の商品が溢れている中で、
    自分に合ったものを探すのは至難の業。
    そこで、タイプ別に洗顔の特徴や使用方法などをまとめてみました!

  • フォームタイプ

     

    チューブに入っている形状が主流で、市販されている洗顔料の多くがこのなタイプです。

  • メリット

  • フォームタイプのもっとも大きなメリットは、利便性です。 少量手に取って少しお湯となじませるだけで滑らかな泡が立つほか、 洗顔ネットを併用すればあっという間にモコモコとした泡が完成します。ドラッグストアなどで安く入手できるほか、 一度に使う量が非常に少ないため、コスト面でのメリットもあります。
    出典 :種類について|口コミやCMで話題のスカルプDで肌管理を見直そう
  • 注意点・アドバイス

  • 強力な泡立ちや洗い上がりは必要な油分まで落とし切ってしまうため、 肌の乾燥やダメージが懸念されるというデメリットがあります。ただし、最近では肌に優しい洗浄成分を採用しているものや、 石鹸と同じ成分でフォーム状にしたものなども販売されています。
    出典 :種類について|口コミやCMで話題のスカルプDで肌管理を見直そう
     

    フォームタイプの洗顔を選ぶときには、洗浄成分にも目を配らせるのがポイント!また、スクラブ入りなどの商品も人気ですが、肌を傷つけるような刺激の強いものはできるだけ避けるようにしましょうね。

  • 使い方は、利き手と逆の手のひらに1cm程度を出し、手のひらを器のようにくぼませて、少しずつ水やぬるま湯を加えながら卵を溶くように泡立てます。フンワリした泡ができたら顔にそっと乗せ、泡で汚れを落としましょう。すすぎ残しの多い髪の生え際やこめかみ、小鼻の脇、耳の前、耳の下からあごにかけては特に丁寧に洗い流しを。
    出典 :洗顔石鹸でフォームタイプ - 洗顔料の種類
  • ジェルタイプ

     

    肌にねっとりと粘りつくような感触が特徴的で、他の洗顔料と比べても洗浄力が高いタイプです。

  • メリット

  • 「ジェルタイプ」は、水分が多いため泡立ちやすく、洗いあがりもさっぱりしています。洗浄力は高めのものが多いので、脂性肌の方にオススメです。
    出典 :「洗顔料」の効果と種類について | スキンケア大学
  • 注意点・アドバイス

  • すすいだ後に肌がぬるぬるすることがありますが、これは「保湿感」ではなく、肌に洗浄成分が残っているだけです。しっかり洗い流しましょう。
    出典 :もう悩まない! 洗顔料の選び方 [スキンケア] All About
  • 泡タイプ

     

    一般的にポンプ式で、プッシュするだけで泡状の洗顔料が出てくるタイプです。

  • メリット

  • 押すだけで泡が出てくるこのタイプは、泡立てがどうしても苦手な人や時間がない時におすすめです。極めの細かいもっちりとしわ泡で、肌に負担なく洗うことができます。
    出典 :2/2 もう悩まない! 洗顔料の選び方 [スキンケア] All About
  • 注意点・アドバイス

  • 洗顔フォームや石鹸のようなしっかりとした泡ではないということが挙げられます。泡立てるための発泡剤が多く含まれていることがあるため、 肌に優しいとは言い切れません。また、商品数がそこまで多くはないため、 選択肢の少なさという点もデメリットとして考えられます。
    出典 :種類について|口コミやCMで話題のスカルプDで肌管理を見直そう
  • 手と肌の間に泡のクッションを置くイメージで汚れを吸着させ、洗顔後はしっかりと泡を隅々まで洗い流しましょう。
    出典 :洗顔石鹸で泡タイプ - 洗顔料の種類
  • パウダータイプ

     

    水に触れてはじめて活性する成分が入っている粉上タイプの洗顔料です。

  • 洗顔パウダーは他の洗顔料に比べて、肌への刺激が少ない、という利点があります。水分を含んでいない粉末にすることで、表示指定成分として必ず配合しなければならないパラベンなどの防腐剤を入れなくてすむ、もしくは量が少なくてすむ為、肌への刺激を少なく優しい製品となります。
    出典 :洗顔パウダー | 洗顔ランキング
  • 洗顔パウダーは粉状のため、扱いに注意が必要です。手のひらに出した時に、粉が飛び散りやすいので、注意が必要です。また、出しすぎてしまったからといって、戻すことも厳禁です。
    出典 :洗顔パウダー | 洗顔ランキング
  • 手のひらに適量を取り出し、少しずつぬるま湯を加えながら、泡立てていきます。利き手でない方を「くの字」にくぼませて、利き手の指の腹を使いながら手早く泡立てます。泡立てネットやスポンジをつけているメーカーさんもいます。このようなお助けアイテムを上手く活用して、ふんわりした泡を作りましょう。
    出典 :洗顔パウダー | 洗顔ランキング
  • 固形石鹸

     

    肌に優しい成分という観点から、石鹸ファンも多いですね。

    一般的に白い石鹸は洗浄力が高くさっぱり、透明の石鹸は保湿成分が多くしっとりした洗い上がりといわれています。

  • メリット

  • 洗顔石鹸の大きなメリットは天然の植物などから抽出されたものが主成分になっていることが多いということ。洗顔フォームに比べて汚れを落とす力は多少劣りますが、肌の乾燥を防いでくれたり、肌のトラブルも遠ざけてくれたりと、石鹸を使い続けることはお肌に優しいと言えそうです。
    出典 :モデルにも石鹸派多数!?石鹸洗顔で美肌になる4つのポイント| Life & Beauty Report(LBR)
  • 保存状態にもよりますがなかなか減らないため、 1個あたりのコストパフォーマンスが非常に優れているという大きなメリットがあります。
    出典 :種類について|口コミやCMで話題のスカルプDで肌管理を見直そう
  • 注意点・アドバイス

  • 石鹸単体ではまず泡立つことがないため、洗顔ネットが必須です。 石鹸の場合、洗顔ネットを使った泡立てには少々コツが必要なため、 朝の短い時間などに使う際、手間になることもあります。
    出典 :種類について|口コミやCMで話題のスカルプDで肌管理を見直そう
  • 洗顔透明感があるタイプとないタイプでおおよその特徴も異なります。どちらも手のひらで10~15回ぐらい転がして、きめ細かい泡を作りましょう。
    出典 :洗顔石鹸で石鹸タイプ - 洗顔料の種類
  • ~おわりに~

  • お肌には、お肌を美しく保つバリア機能が備わっていますが、汚れを落とすことは、お肌だけではできません。だからこそ洗顔はスキンケアの基本であり、絶対に手抜きのできないケアでもあるのです。
    出典 :「洗顔料」の効果と種類について | スキンケア大学