ダイエット成功者の共通点とは?

実は、ダイエットに成功する人の多くには、強い意志だけでなく同じような共通点があります。
しかも、意識していたわけではなく、偶然実践していたという人も少なくありません。
どれも難しいことではないので試してみる価値はあるはず。
あなたも真似して、理想の体重とボディラインを手に入れてみませんか?

view531

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ダイエット成功者の約9割が間食経験あり
    出典 :ダイエット成功者約9割の共通点とは? - モデルプレス
     

    テレビや雑誌等でも連日、多種多様なダイエット方法が特集されているが、ダイエットの経験について聞いたところ、73.8%がダイエットを経験していると回答。

    ダイエット経験者369名に対して、ダイエットの方法について聞いたところ、何かの食材を限定して食べる、または抜くなどの「食事制限系ダイエット」が66.7%、ランニングやバランスボール等の「運動系ダイエット」が26.2%となり、食事を制限するダイエット方法が主流であった。

    また、ダイエットが成功したかどうかについて聞いたところ87.0%が「成功した」と回答し、ダイエット中に我慢出来ず間食などをしてしまったことがあるか聞いたところ、88.1%が「間食した」と回答した。

  • 間食上位はチョコレート、おせんべい類、大豆食品など
    出典 :ダイエット成功者約9割の共通点とは? - モデルプレス
     

    絶食や特定の食材しか食べない、または特定の食材を抜くなどの食事制限が主流な中、間食の有無がダイエット成功経験に影響するか解析を行ったところ、間食をしていたがダイエットに成功した割合が87.7%、間食をせずダイエットに成功した割合が86.4%と、間食をしないダイエットよりも、間食をしたダイエットの方が、成功率が高い事がわかった。

    また、ダイエット中に間食したものについて聞いたところ、最も多かったのが、「チョコレート(43.4%)」で、以下「おせんべい類(28.0%)」、「大豆系食品(12.9%)」などが続いた。

  • 食事を楽しむ事が大事!!

     

    ダイエットは、食物を敵のように扱いますが、しかしそうではありません。

    こういったネガティブな 考えは、ダイエットをしている人が
    食物に向かったとき罪悪感と落ち込みを招くんです。

    特別な機会に脂肪の多いものを食べることは、
    それがあなたの一日の総カロリーと脂肪摂取量を上回らなければ、
    まったく問題ありません。

    「何がなんでもヘルシーな食事」とこだわらないことです。

  • エステで自分にリラックスを
    出典 :エステで自分自身にご褒美を
     

    エステサロンは、自分をキレイにしてくれる場所だけではなく、ストレス解消や体の悩みを解決するためにも役立ちます。確かにエステサロンは、痩身のために通ったり、また脱毛などに通うことも増えてはいますが、それでは目的を達成するために通う苦しい、辛い場所にもなりかねません。

    もちろん、目標を設定してエステに通う、例えばミスコンに出場したいとか、彼氏ができるようになんとかダイエットしたいとかで頑張る姿勢は素晴らしいと思います。でももしあなたがフルタイムの仕事を持っていて、毎日張りつめた生活をしていて、それプラスダイエットにもエステにも追われていたら、まったくリラックスする時間がなくなってしまうのではありませんか。

    海外のスパ施設などは、普段の生活を忘れてストレスリリーフ、つまり心地よく癒されることを目的としてマッサージや施術を行なっています。もちろんそれらの施術は美容目的ではあるのですが、それだけではなく、自分をリラックスさせ、心のご褒美をあげる、ということも大事にされています。

    せわしない生活の中、エステの時間を自分のご褒美の場所にされてみてはいかがでしょうか。それによって、また明日への活力も沸いてきて、充実した毎日が過ごせることでしょう。

  • 体重測定は週一回、同じ時間、同じ体重計で

     

    体重は、常に変動します。一日の中でも、常に量りの示す数値は変動しています。
    トイレに行っただけで変わります。

    毎日体重を計ることは、あまり意味がありません。
    目標は、週単位で体重を減らしていくことです。
    あくまでも目安にして気にしないのがベストです。

    仮に月曜日に55kgで翌月曜日に54.5kgだったら
    ダイエットは順調ですが途中の水曜日、木曜 日あたりに55.5kgや56kg
    になることは良くあります。(むくみや便秘など原因は様々です)

    もしそんな日に体重を計ったら、がっかりして
    ダイエットをやめてしまいやけ食い、
    ドカ食いをしてしまう原因になるでしょう。

    また、エクササイズを行うことで筋肉の重さが、
    増えることもよくあります。

    お薦めなのは体重よりも体脂肪を計ることです。
    出来ればキャリパー(つまんで皮下脂肪の厚みを計る器具)がお薦めです。

    市販の体脂肪測定器は意外と誤差が大きいのです。

  • ミネラルウォーターを一日2リットル飲む!

  • 皆様ご存じの事とお思いでしょうが、
    体が脱水状態になると空腹と勘違いすることがあります。
    スーパーモデルが何時もミネラルウォーターを欠かさないのはこのためです。
    また、水を飲むことで体内の老廃物が体の外に出し身体がクリーンな状態になります。
    一日最低2リットルは飲むといいでしょう。

  • 食べ物について学習する

  • 食品の裏についているラベルを読むようにしましょう。
    どの食品が脂肪を多く含んでいるか、
    またどの食品に油や砂糖が潜んでいるか探しましょう。

    貴方が知らなかったカロリーの高い食品、低い食品があるはずです。
    最近では、カロリーカット、ノンオイルなどの
    ダイエット食品が日本でも多く見かけるようになりました。

    大いに活用することです。

  • 食事を抜かない

  • 食事を抜くと他の食事で食べ過ぎてしまいます。
    一度に食べ過ぎればたとえ一日の総カロリーを守っていても、
    脂肪の蓄積につながります。

    食事を抜いて、お腹のすいたあなたの
    カラダはまさにエネルギー蓄えモードに入っています。

    そこに、普段よりも多めの食事をすると
    もうカラダはどんどん吸収、エネルギーしっかりカラダに蓄えられます。

    そして朝食を抜く人は夕食をたくさんとる傾向にあります。
    夜は新陳代謝が低下し、カロリーが脂肪として蓄積されやすくなります。
    よるのどか食いはまさに、脂肪蓄積の絶好の餌食です。

  • カロリーをあとのために取っておかない

  • 良くある習慣として、夜レストランでリッチな食事をするために
    一日の早い時間のカロリーを控えることがあります。

    おいしい食事は、カロリーが高く、脂肪や砂糖も多く含まれているので、
    脂肪として蓄積されや すいものです。

    さらに、体が飢えた状態の時、またはカロリー制限が続いた場合、
    身体は脂肪蓄積モードに入 り、脂肪として蓄えられてしまいます。

  • ジュースではなくフルーツを食べる

     

    「それほどカロリーは取っていないのに」と言う人の中にはジュースをよく飲む人がいます。

    一日に5杯のジュース、缶コーヒーなどを飲む人はそれだけで一日の目標カロリーの1/4から1/3 を取っていることになります。

    ジュースよりもフルーツを食べることです。そのほうがゆっくり消化吸収されるのと量が少なくてすみます。

  • やっぱりなんといっても運動する!

  • 運動は、体重を保つ鍵です。運動には大きく分けて二種類あります。
    一つはウエイトトレーニングなどの無酸素運動とウォーキング、
    サイクリング、エアロビクスダンスなどの有酸素運動です。

    ダイエットには両方の運動が必要です。
    ウエートトレーニング(無酸素運動)では、身体を引き締め、
    筋肉をグレードアップし脂肪の燃えやすい身体をつくり、
    有酸素運動で効率的に無理なく脂肪を燃やします。

    運動中はもちろん、大量にカロリーを消費しますが、
    運動後もカロリー消費は続きます。

    運動をすることで基礎代謝を上げ新陳代謝を活発にし、脂肪のつきづらい
    寝ながらにしてエネルギーがどんどん消費される身体に変化させます。