なりたくない乳腺炎 母乳育児を成功させる3つの方法とは

いた~い乳腺炎 母乳育児をしている方の3割が経験されると言われています。どうすれば乳腺炎にならずに母乳育児ができるかについてまとめてみました。

  • green 更新日:2014/04/03

view184

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ならないようにしたい乳腺炎 母乳育児を成功させる方法

  • 乳腺炎は、赤ちゃんがまだ小さく、おっぱいをあまり飲まない状態のときに、母乳分泌が良すぎて起こるものです。母乳がたくさん出る方や、赤ちゃんの飲みが少ない方にでやすい傾向があります。

  • 乳腺炎の基礎知識

  • 【乳腺炎とは】
    乳腺が細菌感染して、激しい炎症を起こしたものをいいます。
    出典 :急性化膿性乳腺炎| 女性の病気と妊娠・出産 - Yahoo!ヘルスケア
  • 【症状】患側の乳腺は発赤、腫脹(しゅちょう)、激しい疼痛と局所の熱感を訴えます。明らかな腫瘤を形成することはありません。感染が進行すると乳腺内に膿瘍(のうよう)を形成し、38℃以上の高熱を発します。腋窩(えきか)リンパ節が痛みを伴って腫大することがあります。
    出典 :急性化膿性乳腺炎 - goo ヘルスケア
  •  

    では、乳腺炎にならずに母乳育児を成功させるためには、どうすればよいのでしょうか??

  • 1.頻回授乳をしよう

  • 乳腺炎になる場合、赤ちゃんが飲む量が少なく、母乳がたまってしまうことがほとんどです。母乳を溜めないようにするために、頻回授乳をすることが大切です。

  • 母乳の詰まりって、搾乳しても、なかなか取れません。でも、赤ちゃんが飲むと、「あれ?」っていうくらいに詰まりがとれて、しこりがみるみる小さくなっていく場合があります。
    出典 :乳腺炎の対処法:頻回授乳
  • 2.おっぱいマッサージを受けよう

  • 乳腺炎になると、おっぱいが岩のようにガチガチになってしまいます。そうなる前に、おっぱいマッサージを受けて、乳腺の通りを良くしておきましょう。

  • 乳腺炎になってしまった場合、乳房のなかには、悪い母乳が残っています。また、乳管がどこかで詰まってしまっている場合、その詰まりを取らなくてはいけません。 ですので、母乳外来でマッサージを受けることによって、その症状を改善するのです。
    出典 :乳腺炎の対処法:おっぱいマッサージを受ける
  •  

    3つめのポイントは、乳管を広げる効果が期待できる牛蒡子を利用することです。

  • 3.牛蒡子を煎じて飲もう

  • 牛蒡子は牛蒡の種子のことで、煎じて飲むことで、乳管を広げたり利尿作用や抗真菌作用が期待できます。

  • 牛蒡子は
    ・乳管を広げ、詰まりを取れやすくする
    ・乳腺炎による熱を発散させる
    という利用法で使います。
    出典 :乳腺炎の対処法:ゴボウシ(牛蒡