【マタママさん緊急速報】「脳性まひ」の原因に子宮破裂が!?

【マタママさん緊急速報】「脳性まひ」の原因に子宮破裂が!?

先日、赤ちゃんが脳性まひで生まれてきちゃう原因に、
子宮破裂が原因とのニュースがありました。
一体、どういうことなのでしょうか?
マタママさんも気になる関連性について、
まとめてみました。

view483

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳性まひ:子宮破裂が原因12件 医療機能機構が分析

  • 出産時の事故で脳性まひになった子供を援助する「産科医療補償制度」で、制度を運営する日本医療機能評価機構が昨年までに補償対象となった319事例を分析したところ、子宮破裂が原因で脳性まひを起こしたとみられる事例が、破裂の疑い例を含め12件あったことが分かった。うち5件は過去に帝王切開を経験した妊婦が自然分娩(ぶんべん)を試みて子宮破裂に至っていた。機構によると、子宮破裂は手術痕や陣痛促進剤の使用などが原因で起きる。発症率は、陣痛促進剤を使わない通常の自然分娩なら0.006%だが、帝王切開の経験者は約0.5〜1%とされる。日本産科婦人科学会のガイドラインは、帝王切開の経験のある妊婦が自然分娩を希望した場合、文書でリスクを伝えたうえで分娩方法の同意を得るよう医療機関に求めている。しかし今回の5件のうち2件は、口頭だけの説明だった。機構は「医療機関はリスクを十分説明し、経過を慎重に管理する必要がある」と指摘している。【桐野耕一】
    出典 :脳性まひ:子宮破裂が原因12件 医療機能機構が分析 - 毎日新聞
     

    帝王切開経験者はいきなり高い確率に・・・。

  • 「脳性まひ」とは

  • 「脳性まひ」は病気ではありません。何かの原因(未熟児とか仮死など)で出産前後に脳の一部に傷がついたための後遺症です。脳というのは、手足を動かすための命令を出したり(運動神経)、音を耳で聞いたり、光を目で見たり、皮膚で痛いとか冷たいとか感じたり(感覚神経)する働きがあります。それから、覚えたり、思い出したり悲しんだり、考えたりもします(高次神経)。だから傷がつく場所によって、できないことが色々違ってきます。例えば、歩くことができないが、よくおしゃべりができる子どもや、手はよく使えるが話せない子どももいます。しかし、出産前後で脳が傷つく場合の多くは脳の運動神経の部分に傷がつきますから、脳性まひの障害は主として運動発達(首が座る、這い這いする、手で握る、立つ、歩くなど)が遅れるかうまくいかないといったことです。手足がこわばって硬くなる子ども(痙直型:けいちょくがた)、手足が余分に動きすぎる子ども(アテトーゼ型)、バランスがとりにくい子ども(失調型)など運動まひの型はいろいろあります。
    出典 :脳性まひ,側弯,側彎について 保険医療機関 南大阪小児リハビリテーション病院|大阪発達総合療育センター
     

    病気ではなく、生まれてくる時に脳に傷が・・・ってことなんですね。そして、色んなタイプの障害がある。知らなかった。

  • 胎児がおなかのなかにいる時から出生直後(4週まで)の間に起きた、脳の何らかの障害による「運動の異常」を指します。年齢とともに進行する麻痺や一時的な麻痺、あるいは単に発達が遅れているだけのものは脳性麻痺とは呼びません。間違えやすいものに「小児麻痺」がありますが、これはポリオウイルス感染によって発生する麻痺(急性灰白髄炎(きゅうせいかいはくずいえん))のことを指し、脳性麻痺とはまったく異なります。
    出典 :脳性麻痺<子どもの病気> - goo ヘルスケア
     

    「小児麻痺」とも違うそうです。知らなかったことばかりで恥ずかしいです。

  • 予防には妊娠中の注意も重要

  • 脳性麻痺の予防のためには、妊娠したら、すみやかに医師を受診して定期的に検診を受けることです。規則正しい生活、バランスのとれた食事、適度な運動を心がけ、また医師の指示に従うことによって、妊娠高血圧症候群などの発症を予防することは重要です。また、持病があって薬を内服している人は、主治医と相談することと計画的な妊娠を考えることも重要です。妊娠中の喫煙(胎児の発育が悪くなります)や過度のアルコール(知的障害が起こることがあります)にも注意する必要があります。
    妊娠する前に、風疹の予防接種を受けたかどうか確認することも重要です。
    出典 :脳性麻痺|ベネッセウィメンズパーク
     

    見直しが必要な生活習慣、ありませんか?

  • 現在の医学では病気を完全に治す(まったく障害がない状態にする)ことはできません。

     

    したがって治療は、障害があっても姿勢・運動、摂食、発語などをうまくコントロールしていけるように治療、訓練を受けることが中心になります。医師の診察で麻痺のタイプと程度および発達の程度を評価して、それに合った治療と訓練の目標を決めます。

    引用)http://health.goo.ne.jp/medical/search/10120400.html

  • 子宮破裂とは?

  •  

    妊娠している子宮体部(たいぶ)に起こる裂傷を子宮破裂といいます。多くは分娩時に起こり、突発的で大量の腹腔内出血と腟からの出血を伴います。母子ともに死亡する可能性のある救急疾患であり、迅速な診断と適切な治療、とくに輸血を中心とする母体の全身管理と緊急手術が必要になります。全妊娠の0・1%程度に発生しています。

    引用)http://health.goo.ne.jp/medical/search/10390800.html

  • 帝王切開後の妊娠・・・子宮破裂しやすくなるの?

  •  

    帝王切開で出産すると、次の出産では子宮破裂のリスクが高まる、と言われていますよね。それは、帝王切開をすると子宮に傷がつきますよね。その傷口が裂ける可能性があるので、子宮破裂する可能性が高くなります。特に、帝王切開後の出産を自然分娩(VBAC)で行う場合に子宮破裂の可能性は高くなります。

    引用)http://diarytrend.info/510.html

  • 試験分娩の頻度が増加しているにもかかわらず、帝王切開の既往を持つ妊婦の分娩の18~44%は反復帝王切開となり、依然、帝王切開適応の第一位を占めている。その原因として、帝王切開による瘢痕子宮における子宮破裂の発生頻度は0.3~3.8%と高率で、創部の離開は約4%に観察されることがあげられる。妊娠前の子宮卵管造影や骨盤レントゲン撮影では、子宮破裂発症予知を行うことができず、分娩方法を選択できないが、妊娠後期の超音波を用いた瘢痕子宮の評価により、子宮下部の厚みが3.5mm以上であれば、ある程度安全に試験分娩が行えることが報告されている。
    出典 :日本医科大学多摩永山病院女性診療科・産科医局-情報-子宮破裂
     

    やっぱり確率は高くなるんですね。注意が必要です。

  • 脳性まひは完全に直らない。だからこそ、生まれてくる赤ちゃんのためにもマタママさんにはこういった危険性があるってこと、理解していないといけません。