冷え性は妊娠の大敵!冷え性対策で妊活

冷えが妊娠を遠ざけてしまうことも!冷えるとおなかが痛くなったり、月経痛がつらくなったり……。そんなとき、「おなかや腰をあたためるとラクになる」という人は多いものです。妊娠の大敵、冷え性対策をまとめています

view75

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 冷え性は妊娠の大敵

     

    冷えがひどくなると、卵巣や子宮がある内臓にも影響があります。
    卵巣への血流が悪くなって、卵がちゃんと育たなかったり、受精卵の着床に必要な子宮内膜が十分に厚くならないこともあります。

  • 冷え性に悩む女性は多いもの。ただ、それが妊娠を妨げる要因になることがあります。今すぐにできる体づくり、その代表が冷え対策です。
    出典 :冷え性対策
  • 冷え性と不妊の関係や、自宅で手軽にできる冷え性解消法を紹介します。
    出典 :冷え性改善
  • 体温が0.2~0.3度上昇すると確実に妊娠率が上がります。
    出典 :妊娠したいと思ったら始めること、妊娠率を高める方法
  • 冷え性CHECK!
    2つ以上チェックが入る場合は要注意
    □冷たい飲み物や食べ物をつい手にとってしまう
    □身体を締め付ける下着や服を身につけることが多い
    □手足は冷たいのに上半身がほてることがある
    □便秘がちであったり、むくみを感じたりすることが多い
    □肩こり・腰痛がある
    □平熱が36度以下である
    □バスタイムはほとんどシャワーですませている
    □定期的な運動はしていない
    出典 :冷え性対策
  • 3つの首をあたためて、全身ホカホカ、めぐる体に

  •  

    女性の体で最も冷えやすいのは、3つの首(首・手首・足首)。表面近くに大きな血管が通っているので、ここが冷えてしまうと冷たくなった血液が体中をめぐっでしまい、全身の冷えにつながるおそれが。

    逆にしっかりガードすれば、体が冷えにくくなります。あたためすぎて汗をかくとかえって冷えるので、簡単に着脱できるマフラーや手袋、レッグウオーマーなどをじょうずに活用してください。

  • 冷気を手つとり早く防ぐには、衣類でガードするのがいちばん。肌の露出は最小限に、首やひじ、ひざ、足首をおおうと効果的です。
    出典 :冷え性について - livedoor Blog(ブログ)
  • 冷えやすいのはここ

  • ①首

     

    かぜのひき始めを首すじから感じることも。マフラーやスカーフでガードしましょう。

  • ②手首

     

    長そででも油断大敵。そで囗から冷気が入らないものを選んで。冬の野外では手袋を。

  • ③腰

     

    カイロを当てると気持ちいい? それは冷えている証拠です。腰痛にもつながります。

  • ④おなか

     

    緊張すると冷えたりへさわるとひんやりしていて冷えに気づ<人も。
    腹巻でガードして。

  • ⑤足首

     

    レッグウオーマーが効果的。足先に冷えを感じたら、靴の中で足指を動かして。

  • 手で触るとひんやりと冷たいおなかや腰、内ももなどは脂肪の多い箇所。脂肪には血管が通っていないから冷えやすく、カイロや湯たんぽで温めると、じんわりいい気持ちに。効果的なのが腰の真ん中あたりのあっため。腰陽関というツボがあり、生理痛や足腰の冷えを軽減できます。
    出典 :冷え性対策と冷え性改善
  • さらに温める方法

  • 冷えを撃退するには「冷えやすい場所に熱を加える」十「その熱をのがさない」こと。毎日の工夫を徹底して、妊娠しやすい身体作りをめざしましょう。
    出典 :冷え性の原因
  • さするだけでも効果あり

     

    冷えているところを手のひらでやさしくさするだけ。気持ちいいと感じることが、あたたまってきたサインです。洋服の上からでも効果あり。

  • 「手当て」で 心までホットに

     

    おなかや首、肩など、冷えを感じる部分に洋服の上から手のひらを当てるだけでも、じわじわと体があたたまってきます。

  • 半身浴は38~40度のお湯で

     

    みぞおちから下をお湯につかる半身浴。ちよっとぬるめの38~40度くらいのお湯で、じっくり30分くらいつかると、体が芯まであたたまります。

  • 「ものぐさ運動」 もおすすめ

     

    あおむけに寝た姿勢で、全身の筋肉にグッと力を入れて15秒キープ。
    その後、全身の力を抜いて15秒リラックス。
    これを10セットでポカポカに。

  • 冷え性にいい食事のとり方

  • 冷えを解消する食べ物選びのポイント
    ・良質なタンパク質で代謝アップ
    ・体をあたためる食材を食ぺる
    ・血液をサラサラにする食材でめぐりよく
    ・ビタミンEで血流アップ
    出典 :冷えを解消する食べ物
  • 根菜類をとる

     

    土の中で育つ野菜(根菜)、特にごぼうやれんこんなど、冬が旬の根菜類には、体をあたためる働きが。積極的に食べましょう。

  • ごはんをしっかリ食べる

     

    ごはん(米飯)は大事なエネルギー源。ダイエットの敵と思われている炭水化物や脂肪は、体をあたためるのに必要な栄養素です。

  • しょうがをとる

     

    体をあたためる食材の代表選手。鍋やおみそ汁に入れたり、しょうが紅茶にして活用を。おなかが弱い人は、量を少なくしてください。

  • 白砂糖よりも黒糖

     

    砂糖のとりすぎは冷えを招きます。使うなら、精製している白砂糖より、ミネラル分が多く残っている黒砂糖を選びましょう。