下まぶたの痙攣は何が原因?単なるストレスと思っていたら病気だった!

下まぶたの痙攣は何が原因で起こるのでしょうか。普通はストレスが溜まっていると考えたり、目の疲労などと関係性があると思っている人が多いようです。しかし、まぶたが痙攣する病気もあるそうで、本当にストレスなのかをチェックしてみて下さいね。

view80

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 下まぶたの痙攣

  • 下まぶたの痙攣は誰でも1度や2度くらいは経験したことがあるものです。目を酷使する現代人にとっては、目の疲労が見られる人が多く、そのため痙攣しているのではないか?と考えられます。

  • まぶたの痙攣は目の疲労の一種

  • 目の痙攣の原因は疲労が蓄積しているかも?

     

    現代人は目を酷使しがちです。
    スマホ、パソコンなど日常的に目を使ったり、子どもでもゲームや携帯電話を持つ時代ですから目が疲れてしまいます。まぶたがぴくぴくと痙攣をしだしたら、目を酷使していると思いましょう!

  • 目を酷使している人は目を温める方法が一番効率が良く疲労を回復できます。
    ホットタオルを作り、それを目に当てるだけです。タオルを濡らし固く絞ってから、レンジでチンしましょう。それを目に当てて蒸気の力で目の周りの血流を改善させます。

  • 睡眠不足も目の疲れの原因に

     

    目を酷使しがちの現代人は、しっかりと睡眠を取り目を休ませることが必要です。
    7時間~8時間程度が適切で、ついつい夜中まで起きてパソコンやスマホなどをいじっている方は注意しましょう。寝る前に長時間強い光を浴び続けると、交換神経が刺激され睡眠に必要なホルモンが分泌しにくくなります。

  • 細胞の修復は寝ているときに行われています。
    特にゴールデンタイムと呼ばれる夜10時~翌2時までは成長ホルモンの分泌が多い時間帯です。この時間にグッスリと寝ることで、成長ホルモンの働きにより目の細胞の傷が修復されるのです。
    また、ビタミンやたんぱく質なども積極的に補給し、細胞の修復を促しましょう。

  • 意外にもまぶたの痙攣は目の病気かも?

  • 顔面ミオキミア

     

    顔面ミオキミア、あまり聞きなれない病気ですね。
    通常は目の酷使によって目の周りにある神経が損傷し、それにより筋肉が痙攣します。しかし、脳幹部の腫瘍や炎症、多発性硬化症、外傷などの原因でも起こりやすいため、単なる目の疲れではないかもしれません。

  • 片側顔面痙攣

     

    最初はまぶたの痙攣から始まることも多いようですが、次第に顔面の片側のみ異常な痙攣を起こします。顔の片側のみくずれたようになることから見た目にも影響します。顔面神経を圧迫していることが原因で、脳梗塞など脳の病気なども疑う必要があります。特に女性に起こりやすく、顔が変形していると感じる場合は早めに脳神経外科で詳しい検査をしてもらってください。

  • 眼瞼けいれん

     

    眼瞼けいれんは本人の意思とは関係なく、まぶたが閉じてしまいます。大脳基底核の機能異常などが原因だとされていますが、直接的な原因は不明な場合もあります。
    視野が狭くなったり、前が見えないなど問題が起こりますから、早め治療を行うと良いでしょう。脳梗塞が無いか調べたり、目の神経の異常が無いか詳しい検査を行うことです。

  • 最初はまぶたの痙攣だけと感じていても、徐々に症状がひどくなるようなら脳の問題や神経の異常なども考慮の上、詳しい検査をしてもらうことです。
    通常は目の酷使が原因のため、目を良く休ませたり血流を改善することで治ります。何度も症状が起こる場合は、目の疲労がかなり蓄積していると考えましょう。

  • 中年女性に多いまぶたの痙攣

     

    まぶたの痙攣が起こるのは、中年の女性に多いようです。
    病気となる痙攣の場合は、単なる目の疲れのみで済ませられないため、異常な症状がある場合は病気も疑ってみましょう。同時にストレスを取り除き、目の疲労を溜めないようにしてみて下さいね。