育児で気になる病気【突発性発疹】とは!?

急性のウイルス感染症であるこの発疹は
3歳までに感染するといわれています
知っておいて損はない病気をまとめてみました

view162

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • どのような病気か

  • 生後6カ月~1歳台の小児に好発する、ヒトヘルペスウイルス6あるいは7による急性ウイルス感染症です。

     ほとんどの子どもが3歳までに感染するといわれています。感染する時期はヒトヘルペスウイルス6のほうが7よりも早いことが多いため、1度目の突発性発疹は6、2度目は7による感染症のことが多いと考えられます。
    出典 :突発性発疹(小児バラ疹)| 感染症 - Yahoo!ヘルスケア
  •  

    それまで元気だった赤ちゃんが急に38~39度、ときには40度近い高熱を出します。高熱のわりには元気で、熱は3~4日続いたあと、ストンと平熱か37度台くらいまで下がります。それと同時か翌日くらいに、おなかや背中を中心に大小不規則な赤い発疹が出て、半日くらいで全身に広がります。

  • 症状はというと

  • 38~39℃台の発熱が3、4日続いたのち、解熱とともに全身に発疹が現れます。発疹は2、3日で消失します。発熱と発疹以外に比較的多くみられる症状として下痢があります。咳せきや鼻水を伴う場合もありますが、通常、呼吸器症状は少ないと考えられます。また、発熱の時期に熱性けいれんを合併することがあります。
    出典 :突発性発疹(小児バラ疹)| 感染症 - Yahoo!ヘルスケア
     

    予後は良好ですが・・・

  • 従来、予後良好な疾患といわれていますが、まれに脳炎や肝炎を併発することがあるので、発熱、発疹以外に普段と異なる症状を認めたり全身状態が悪い場合は、早めにかかりつけの小児科を受診することが必要です。
    出典 :突発性発疹(小児バラ疹)| 感染症 - Yahoo!ヘルスケア
  • 1歳までにかかるので

  • 90%は1才未満でかかり、特に生後6カ月から1才くらいまでにかかる赤ちゃんが多いようです。遅くても2才ぐらいまでにかかり、一度かかると再びかかることはほとんどありません。初めての発熱がこの病気という子も少なくありません。
    原因はヒトヘルぺスウイルス6型です。しかし、原因ウイルスが特定できたのはわりと最近のことで、まだわかっていない点も多い病気です。
    出典 :突発性発疹 - gooベビー
  • 熱の出始めに熱性けいれんを起こす赤ちゃんもいます。また、突発性発疹という確定診断ができるのは、熱が下がって発疹が出てから。この間はほかの病気の可能性も否定できないので、高熱=突発性発疹と思い込まず、熱が出た時点で一度受診すること。
    出典 :突発性発疹 - gooベビー
  • 稀にですが2回かかる事もある

  • 原因はウィルス感染で2回かかることも
     原因は、7~8割のケースであるヒトヘルペスウィルス6型というウィルスです。2回経験する子もいますが、これは6型の兄弟で、2回目は症状が軽いヒトヘルペスウィルス7型に感染したためだと考えられます。突然7型から感染する子は少ないようです。
    出典 :赤ちゃんの病気(突発性発疹)
     

    なかなかない事ですけどね

  • 風邪やはしかとまちがえやすい
     突然高熱で発症するため、かぜやはしかと間違えることがありますが、のどや鼻の症状はありません。口の中に永山斑という小さな赤い斑点があることが大きな違いですが、実際には医師でも見分けにくく、発疹が出ないと診断がつかなことがほとんどです。
    出典 :赤ちゃんの病気(突発性発疹)
     

    ここも注意しましょうね

  • 出来る事はしよう

  •  

    熱の時期は水分をまめに補給し、全身状態に変化がないかどうかもよく観察しましょう。特に生後2カ月未満の赤ちゃんの高熱には要注意。ほかの重い病気の可能性もあるので、必ず小児科を受診してください。また、以前に熱性けいれんを起こしたことがある子も、必ず診察を受けること。

  • 発熱でつらそうなときは受診
     熱が下がって発疹が出てから出ないと突発性発疹の診断はつきませんが、高熱で苦しそうにしている場合には、小児科でみてもらうといいでしょう。ただし、待合室で別の病気をもらう可能性もあるので、元気そうなら家で様子を見るのもひとつの手です。
    出典 :赤ちゃんの病気(突発性発疹)