カップに付かない!洗っても落ちない!口紅塗るより美しいリップのアートメイク

リップのアートメイクって知ってますか?コーヒーを飲んだ時、カップに口紅が付かず、クレンジングで洗い流しても、落ちることがありません。何よりリップ自体、口紅を塗るよりもきれいです。

しかし、タトゥーではありません。

こちらでは、革命的リップのアートメイクについてご紹介します。

view2453

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそもアートメイクって何?

  • 皮膚下部分に専用のニードル(針)を用いて染色し、化粧よりも自然で、かつ美しく仕上げる技術です。刺青(いれずみ)とは違い、痛みが少ないのが特徴で、数年で色が消えていきます。アートメイクは、はっきりと鮮やかに目立たせるのではなく、肌の状態や骨格、さまざまな顔の表情等を考慮して、より目立たなく自然な仕上がりを目指します。
    出典 :アートメイクとは
     

    アートメイクは、皮膚から数ミリ内側を染色して、ナチュラルビューティーに仕上げることが基本です。化粧の下地にもなります。

  • タトゥーとの違いは?

  • 刺青やタトゥーは、表皮より更に深く皮膚を彫る為、一生消えなくなりますが、アートメイクは1~2年で皮膚の新陳代謝によって薄くなります
    出典 :アートメイク フルリップの施術を受けました | キラキラるんるんのブログ - 楽天ブログ
     

    アートメイクは、数年経つと消えてしまいます。タトゥーは一度入れたら一生ものなので、やり直したり取り除くことが困難です。ここが両者最大の違いになります。

  • アートメイクのメリットって何?

  • アートメイクの一番の強みというのは、水に濡れても落ちないこと
    出典 :アートメイクのメリット・デメリット
     

    色素を入れるので、水に濡れても落ちないのです。
    お化粧直しができない時や、仕事や子育てでお化粧をする時間の無い方にとって、とても便利でしょう。

  • では、リップのアートメイクって、どんな効果があるのでしょうか。
    まずは、特徴を見ていきます。

  • リップのアートメイクの特徴

  • 唇に色を入れるもので、主に2つの方法があります。
    1つ目は、リップライン(唇の輪郭)のみ色を入れる。
    2つ目は、フルリップ(唇の全体)に色を入れる。
    出典 :リップ(唇) - 種類
     

    リップのアートメイクでは、リップライナーで唇に輪郭を入れるような施術と
    唇にリップを塗ったような施術の2パターンがあります。

  • リップのアートメイク 施術例

     

    輪郭をはっきりさせたり、補整したり、厚さを加減するような施術があります。

  • リップのアートメイク、どんな効果があるの?

  • 口元は、血色が良くてみずみずしく、ふっくらとしている方が健康的で若く見られがちです。また、年齢と共に唇の輪郭も不鮮明になってきますので、年配の方や唇の色が薄い人からの需要があるみたいです。輪郭をはっきりさせたり、色味を加えることではっきりとしたメリハリのある顔立ちに見せる事が出来ます。
    出典 :リップ(唇) - 種類
     

    美しい唇を作ることで、若々しく見えるのですね。

  • 飲み物を飲んでも、カップに口紅がつかない
    出典 :唇アートメイク1ヶ月後の経過報告【ユニクイーンアートメイク専門病院@ソウル】|ボラムの韓国留学日記&ソウル美容情報発信【皮膚科・アートメイク・韓医院・韓方ダイエット】
     

    口紅がとれないので、デート中の女性には、嬉しいことですよね。
    「ひと口ちょうだい」といって、気兼ねなくカップを共有できますし、必ずしもストローで飲まなくても良いわけです。
    結婚式や2次会など、長時間お化粧直しができない時にも便利です。

  • 実際にリップのアートメイクをした方を見てみましょう。

  • 輪郭がハッキリしました

     

    施術後、輪郭がハッキリしています。

  • 厚みが加わりました

     

    唇に厚みが加わり、セクシーになりました。
    素のままで、十分美しいですね。

    リップのアートメイク、恐るべし!!
    革命的な美しさです!

  • リップのアートメイク、どこで出来るの?

  • アートメイクをするなら、きちんとしたクリニックや医療機関、医師と提携している美容サロン、正式な資格をもっているアートメイク専門のエステサロンなど
    出典 :40代、50代からのアートメイク
     

    クリニックや医療機関とは、整形外科などがあります。病院の場合、施術後、抗生物質を処方できますので、病院で行う方が多いようです。