良いことだけではない?避妊の副作用って何があるの?

避妊は良いことばかりではありません! 避妊の副作用についてもきちんと知っておきましょう。

view207

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 避妊は万能ではない

  • コンドームは、性感染症を防ぐ有効な手段ではあっても、破損や脱落装着ミスによる失敗もあり、 確実な避妊法とは言えないので注意が必要です。
    出典 :コンドーム|避妊情報サイト あなたが選ぶ避妊スタイル|MSD
     

    ピルや殺精子剤などに比べても、正しく使えば男女共にほぼノーリスク。しかも手軽で性病予防にもなるコンドームでも、間違って使ったり適当に扱うと避妊に失敗してしまいます。

  • では、使用者が多く副作用もあると言われている、ピルの副作用を中心にお伝えします。

  • ピルの使用には医師の処方箋が必要

  • ピルはその辺の薬局やコンビニにぽんと置いてあるものではありません。医師の処方箋が必要な薬なのだということを分かっていれば、無茶はしなくなるでしょう。

  • 経口避妊薬は1960年にアメリカで初めて発売されました。当時はホルモン量の多い高用量ピルが使われていました。
    その後ホルモン量を減らした中用量、1970年以降は低用量ピル(OC)へと改良されました。
    出典 :OC(低用量経口避妊薬)|避妊情報サイト あなたが選ぶ避妊スタイル|MSD
     

    今現在日本で認可されているのは、最も危険性の低い低用量のピルがほとんどです。重篤な副作用に苦しんで一生を過ごす・・・なんてことはないので、ご安心ください。

  • ピルの副作用は?

  • 一般的な副作用として、気分不良、嘔吐、頭痛、不正性器出血など
    出典 :産婦人科の基礎知識/避妊
     

    しかし、これらの副作用は体がピルに慣れると収まります。

  • ・静脈血栓塞栓症(VTE)の増加
    出典 :産婦人科の基礎知識/避妊
     

    俗にいう血栓症にかかりやすくなる、と言われています。ただ、日本はピルの実証データが乏しく、確実にそうだと言い切ることはできません。それでも、心臓病など問題がある方にはピルを処方しないようにしています。

  • タバコを吸う習慣があると言った人がピルを飲んだ場合、年齢や喫煙量にもよりますが、心筋梗塞や血栓症になってしまうといった危険性がある
    出典 :リスクについて | ピルとの正しい付き合い方
     

    副作用というより注意事項ですが、ピルとたばこはすこぶる相性が悪いです。喫煙者であればピルの使用は控えましょう。

  • 緊急避妊薬の副作用

  • 4錠を一日以内に内服するので、かなりの頻度で吐き気や嘔吐があります。
    出典 :産婦人科の基礎知識/避妊
     

    緊急時の頼みの綱、緊急避妊薬ですが、さすがにこちらはノーリスクという訳にはいきません。大量に飲む分、副作用は強まります。ただ、緊急避妊薬を使う場合というのは医師が側にいますので、そう大きな問題にはならないでしょう。

  • 避妊はメリットしかないものではありません。自分の体調や体質に合わせて最適な避妊方法を選ぶ。そんな選択肢を持ちましょう。